Audible会員プラン登録で、12万以上の対象タイトルが聴き放題。

Audible会員プラン 30日間無料体験

会員は、12万以上の対象作品が聴き放題
オフライン再生可能
プロの声優や俳優の朗読で楽しめる
Audibleでしか聴けない本やポッドキャストも多数
無料体験終了後は月会費1,500円。いつでも退会できます。
¥ 4,000 で購入

¥ 4,000 で購入

下4桁がのクレジットカードで支払う
ボタンを押すと、Audibleの利用規約およびAmazonのプライバシー規約同意したものとみなされます。支払方法および返品等についてはこちら

あらすじ・解説

【2022年本屋大賞受賞!】

キノベス! 2022 第1位、2022年本屋大賞受賞、第166回直木賞候補作、第9回高校生直木賞候補作

テレビ、ラジオ、新聞、雑誌で続々紹介!

史上初、選考委員全員が5点満点をつけた、第11回アガサ・クリスティー賞大賞受賞作

 

アクションの緊度、迫力、構成のうまさは只事ではない。
 

とても新人の作品とは思えない完成度に感服。──北上次郎(書評家)

 

これは武勇伝ではない。
 

狙撃兵となった少女が何かを喪い、
 

何かを得る物語である。
 

──桐野夏生(作家)

 

復讐心に始まった物語は、隊員同士のシスターフッドも描きつつ壮大な展開を見せる。胸アツ。──鴻巣友季子(翻訳家)

 

多くの人に読んで欲しい! ではなく、
 

多くの人が目撃することになる
 

間違いなしの傑作!
 

──小島秀夫(ゲームクリエイター)

 

文句なしの5点満点、
 

アガサ・クリスティー賞の名にふさわしい傑作。──法月綸太郎(作家)

 

独ソ戦が激化する1942年、モスクワ近郊の農村に暮らす少女セラフィマの日常は、突如として奪われた。急襲したドイツ軍によって、母親のエカチェリーナほか村人たちが惨殺されたのだ。自らも射殺される寸前、セラフィマは赤軍の女性兵士イリーナに救われる。「戦いたいか、死にたいか」――そう問われた彼女は、イリーナが教官を務める訓練学校で一流の狙撃兵になることを決意する。母を撃ったドイツ人狙撃手と、母の遺体を焼き払ったイリーナに復讐するために。同じ境遇で家族を喪い、戦うことを選んだ女性狙撃兵たちとともに訓練を重ねたセラフィマは、やがて独ソ戦の決定的な転換点となるスターリングラードの前線へと向かう。おびただしい死の果てに、彼女が目にした“真の敵"とは?
 

©2021 Touma Aisaka (P)2022 Audible, Inc.

同志少女よ、敵を撃てに寄せられたリスナーの声

総合評価
  • 5 out of 5 stars
  • 星5つ
    1,188
  • 星4つ
    201
  • 星3つ
    34
  • 星2つ
    5
  • 星1つ
    2
ナレーション
  • 5 out of 5 stars
  • 星5つ
    1,075
  • 星4つ
    158
  • 星3つ
    25
  • 星2つ
    1
  • 星1つ
    0
ストーリー
  • 5 out of 5 stars
  • 星5つ
    1,020
  • 星4つ
    189
  • 星3つ
    37
  • 星2つ
    6
  • 星1つ
    4

カスタマーレビュー:以下のタブを選択することで、他のサイトのレビューをご覧になれます。

並べ替え:
絞り込み:
  • 総合評価
    5 out of 5 stars
  • ナレーション
    5 out of 5 stars
  • ストーリー
    5 out of 5 stars
  • 2022/04/04

3日間で聞き終えた

ベッドに入ってから聞いているので10日はかかると思っていたが、3日で終えた。
深夜2時頃まで夢中で聴いたのは、この作品が初めてだ。いや、この後、実は単行本まで買うことにしたのだ。
中身についてはあえて触れないが、本の面白さという点で、自信をもってお薦めできる。この作品との出会いに感謝。

  • 総合評価
    5 out of 5 stars
  • ナレーション
    5 out of 5 stars
  • ストーリー
    5 out of 5 stars
  • ゆずぽん
  • 2022/04/09

面白かったと言っていいのか

欲しかった物語に出会った印象だ。敵にも味方にもそれぞれの正義と悪がある。あまりにもタイミングが良すぎてこの本の評価を霞ませてしまう心配はあるが、現在進行中の軍事的悲劇に重なってしまう。
複層に折り重ねられた様々な登場人物の思いが自分にも色々問いかけられた思いだ。
無邪氣に面白かったと言える状況ではないが、多くの人に読んでほしい良作であると思う。

  • 総合評価
    5 out of 5 stars
  • ナレーション
    5 out of 5 stars
  • ストーリー
    5 out of 5 stars
  • 3匹のママのガラガラドン
  • 2022/04/12

出会いに感謝

とてもひと言では言い表せないけれど、出会えて良かった、と強く思います。戦争を知らない私が、戦地を擬似体験したような気持ち...言葉にすると軽くなってしまうけれど。
影響の輪の外の出来事、と切り捨てられない昨今の世界情勢ですが、
ニュースを見て子どもたちと感情を伝え合う、
希望を持てる事がらは深掘りする
平和提言を学ぶ、
少しでも渦中の人の内面を知ろうとする
出来ることをする
子どもと一緒に模索して行こうと思います。

  • 総合評価
    4 out of 5 stars
  • ナレーション
    4 out of 5 stars
  • ストーリー
    5 out of 5 stars
  • アマゾン太郎
  • 2022/04/12

戦争文学として読み応えあり

序盤はラノベ風のキャラ描写が若干苦手に感じられたが、すこし我慢して聞きすすめるとどんどん引き込まれる。
一部、ナレーターの落ち度ではないが、「フセヴオーブチ」なる固有名詞に、初出時に注釈も何も付いておらず、またナレーション上は「フセヴォーブチ」としか聞こえないためにググっても手がかりが見当たらず(本当にこの大文字小文字の違いのせいで検索に引っかかってこなかった)、快適なオーディオブック体験が乱された。なんなの。
たまたまnoteで第一章が(文字で)無料公開しているのを見つけたので謎が解けたが、オーディブル版ではしばらくあとになってようやく「フセヴオーブチ(一般軍事教練のこと)」みたいに種明かしがあったが、原書は初出時にそれやってるんだからオーディブル版でも、というか字面がわかりにくいオーディブル版でこそ初出時に教えてよ、という話よ。
あと「堅固」の読み方は「けんご」ですね。

  • 総合評価
    5 out of 5 stars
  • ナレーション
    5 out of 5 stars
  • ストーリー
    5 out of 5 stars
  • ロジャー
  • 2022/04/11

戦争の実態、女性の尊厳、命の重さ

戦争の話ではあるが、前半はことさらに悲劇的で残酷なストーリー展開というわけでもなく、少女が自分の力で立ち上がり、仲間との切磋琢磨の中で成長する、というような成長ストーリーのようにも感じた。
しかし、ついに戦争へ入っていくと、あまりにも簡単に人が亡くなり、殺人への抵抗も薄れていく、戦争の恐ろしさが次々と現れ、それがまた日常のように語られていくことに、更に恐怖を感じた。
無力な非武装の市民や、特に女性や子どもたちがなす術もなく、蹂躙されていく様が何度も描かれていますが、加害者側の軍人は、平和な世の中であれば善良な人だったのに、戦争の中に身を置いて、軍隊に所属して、軍のルール、自国の正義で、守られてしまうと人の理性や常識が簡単に変えられていってしまうのだと思い知らされました。
様々な登場人物が、戦争について、戦時下の人について、様々に考えさせてくれる。
主人公のセラフィマの変化と、段々とわかっていくイリーナの真意が、どうしようもない戦争から、将来の希望を夢見させてくれる。
消化不良にならない優しいストーリー展開と、純粋におもしろい内容により、どんどん読み進めます。
そして、最後はすごく優しい気持ちになれます。

  • 総合評価
    5 out of 5 stars
  • ナレーション
    5 out of 5 stars
  • ストーリー
    5 out of 5 stars
  • 2022/04/09

素晴らしいの一言

普段はミステリーしか読まないのですが第一次世界大戦中のソ連とドイツに焦点を当てつつ少女たちの生き様を描いた作品にラスト涙しました

史実に添いつつ狙撃兵という立ち位置、なかなか類を見ない作品で少年漫画の薄い友情ではなく本物の友情、思惑、裏切りなどどれも深いです

戦争の闇にも触れられており是非読んで欲しい



  • 総合評価
    5 out of 5 stars
  • ナレーション
    5 out of 5 stars
  • ストーリー
    5 out of 5 stars
  • シャンクサブ
  • 2022/04/08

今読む(聴く)べき本でした

信じられない程の克明さで戦争が描かれています。人間の愚かさは時を経てもなお繰り返されるのか!と悲しくなりました。フィクションでありながら、今聴くとノンフィクションのようです。

  • 総合評価
    5 out of 5 stars
  • ナレーション
    5 out of 5 stars
  • ストーリー
    5 out of 5 stars
  • Hide
  • 2022/04/07

近年まれに見る傑作

長時間の大作でありながら一気に読み聞かせるストーリーとそれを支える素晴らしい文体
久々の長編傑作
次回作を期待する

  • 総合評価
    5 out of 5 stars
  • ナレーション
    5 out of 5 stars
  • ストーリー
    5 out of 5 stars
  • 鈴木 結
  • 2022/04/07

戦場は女の顔もしていた

戦場での狙撃手の精神性と、相反するような年頃の女の子が当たり前のようにはしゃぐ人間性の描写が混然一体となっている不思議な読後感がありました。同じ人間が苦悩しながら戦っていたことや、その時代に確かにあった大戦の地続きの現在に「私達」は生きていることを思い出させる超良作でした。そして、女性の活躍する戦場作品を初めて読んだので、意外性に突き動かされて最後まで読み切ることが出来ました。そしてナレーションの声の使い分けにいちいち感動、本当に尊敬します。超大作の読み上げ、ありがとうございました。お疲れ様でした。次も青木さんの作品があったらご拝聴したいです。

  • 総合評価
    5 out of 5 stars
  • ナレーション
    5 out of 5 stars
  • ストーリー
    5 out of 5 stars
  • Aoi
  • 2022/05/20

物語もナレーションも秀逸

作品自体もとても面白く(内容的に面白いという言葉が適切とは言えないが)聴き入ったがナレーションの上手さが作品を聴きやすくさせていると思う。
人物の声や口調の演じ分け、説明文の内容も頭に入ってきやすくて見事だった。
正直Audibleを聴く作品選びのポイントにナレーションが大きいと思っているので。
肝心のストーリーも独ソ戦という内容故にある種の厳しさがあるものの、本屋大賞受賞作品に選ばれただけあって登場人物も魅力に溢れ、物語に一気に入り込ませる魅力があった