著者

伊坂 幸太郎

1971(昭和46)年千葉県生れ。 1995(平成7)年東北大学法学部卒業。2000年『オーデュボンの祈り』で、新潮ミステリー倶楽部賞を受賞し、デビュー。 2002年刊行の『ラッシュライフ』が各紙誌で絶賛され、好評を博す。2003年に発表した『重力ピエロ』は、ミステリファン以外の読者からも喝采をもって迎えられ、一気に読者層を広げた。また『重力ピエロ』で、1970年代生れとしては、初の直木賞の候補となる。 2004年『チルドレン』、2005年『グラスホッパー』、2006年『死神の精度』が直木賞候補に。2004年『アヒルと鴨のコインロッカー』で吉川英治文学新人賞受賞。洒脱なユーモアと緻密な構成で読む者を唸らせ、近年稀にみる資質の持ち主として注目を浴びている。 2008年『ゴールデンスランバー』で第5回本屋大賞と山本周五郎賞を受賞した。

続きを読む 一部を表示
Describe your image

ベストセラー

  • 価格: ¥ 3,500

  • 価格: ¥ 4,500

  • 価格: ¥ 3,500

  • 価格: ¥ 3,500

  • 価格: ¥ 3,600

作家さんですか?

この著者ページは、著者ご自身が「Amazon著者セントラル」から更新することができます。著者紹介文や写真の追加、作品一覧の更新など行っていただき、本著者ページの充実にご協力ください。