Audible会員プラン登録で、12万以上の対象タイトルが聴き放題。

Audible会員プラン 30日間無料体験

会員は、12万以上の対象作品が聴き放題
オフライン再生可能
プロの声優や俳優の朗読で楽しめる
Audibleでしか聴けない本やポッドキャストも多数
無料体験終了後は月会費1,500円。いつでも退会できます。
¥ 2,500 で購入

¥ 2,500 で購入

下4桁がのクレジットカードで支払う
ボタンを押すと、Audibleの利用規約およびAmazonのプライバシー規約同意したものとみなされます。支払方法および返品等についてはこちら

あらすじ・解説

【第164回芥川賞受賞作】

「推しが燃えた。ファンを殴ったらしい」

朝日、読売、毎日、共同通信、週刊文春、
ダ・ヴィンチ「プラチナ本」他、各紙誌激賞! !

三島由紀夫賞最年少受賞の21歳、第二作にして
第164回芥川賞受賞作

◎未来の考古学者に見つけてほしい
時代を見事に活写した傑作
――朝井リョウ

◎うわべでも理屈でもない命のようなものが、
言葉として表現されている力量に圧倒された
――島本理生

◎すごかった。ほんとに。
――高橋源一郎

◎一番新しくて古典的な、青春の物語
――尾崎真理子

◎ドストエフスキーが20代半ばで書いた
初期作品のハチャメチャさとも重なり合う。
――亀山郁夫

◎今を生きるすべての人にとって歪(いびつ)で、でも切実な自尊心の保ち方、を描いた物語
――町田康

◎すべての推す人たちにとっての救いの書であると同時に、絶望の書でもある本作を、わたしは強く強く推す。
――豊崎由美

逃避でも依存でもない、推しは私の背骨だ。アイドル上野真幸を“解釈“することに心血を注ぐあかり。ある日突然、推しが炎上し——。デビュー作『かか』は第56回文藝賞及び第33回三島賞を受賞(三島賞は史上最年少受賞)。21歳、圧巻の第二作。
©2020 Usami Rin, originally published by KAWADE SHOBO SHINSHA Ltd. Publishers (P)2021 Audible, Inc.

推し、燃ゆに寄せられたリスナーの声

総合評価
  • 4 out of 5 stars
  • 星5つ
    103
  • 星4つ
    93
  • 星3つ
    49
  • 星2つ
    33
  • 星1つ
    18
ナレーション
  • 4 out of 5 stars
  • 星5つ
    145
  • 星4つ
    61
  • 星3つ
    38
  • 星2つ
    10
  • 星1つ
    14
ストーリー
  • 3.5 out of 5 stars
  • 星5つ
    72
  • 星4つ
    86
  • 星3つ
    58
  • 星2つ
    34
  • 星1つ
    18

カスタマーレビュー:以下のタブを選択することで、他のサイトのレビューをご覧になれます。

並べ替え:
絞り込み:
  • 総合評価
    5 out of 5 stars
  • ナレーション
    5 out of 5 stars
  • ストーリー
    5 out of 5 stars
  • さくら
  • 2021/06/19

玉城ティナさんの朗読、これは傑作では!

玉城さんの落ち着いていて抑制のきいた声で、周囲からダメな子扱いされてしまう主人公の葛藤がすごくよく表現されていた。聞いているうちに私も一緒になって推しを推している気持ちになって、何度も味わいたく2回も聞いてしまった。世間から外れた女の物語、ちょっとコンビニ人間っぽかった。

  • 総合評価
    5 out of 5 stars
  • ナレーション
    5 out of 5 stars
  • ストーリー
    5 out of 5 stars
  • Amazon カスタマー
  • 2021/06/23

言葉の使い方と質量が半端ない

その場、その場の表現が重厚で、丁寧に描かれている。暇つぶしに読むには、疲れるかもしれないけど、あかりの心とそれを取り巻く環境が瞼の裏にこびりついてくる。儚さとどうしょうもなさが重なって、同情したくなるけど、それをさせようとしない、あかりの言い回しに、応援とは違った共感をさせられる。例え友人であったとしてもかける言葉が思い当たらない。
運転中に聞こうとしたが、家でじっくり聞く事にした。

  • 総合評価
    5 out of 5 stars
  • ナレーション
    5 out of 5 stars
  • ストーリー
    5 out of 5 stars
  • 2021/09/03

とても聞きやすい。

ナレーションの声が作品に合ってるし、淡々としてるので聞きやすい。大袈裟な一人演劇のような語りが苦手なので、とても良かったです。このナレーターさんの読んでいる作品を探したのですがこれだけのようですね。。

  • 総合評価
    5 out of 5 stars
  • ナレーション
    5 out of 5 stars
  • ストーリー
    5 out of 5 stars
  • Amazon カスタマー
  • 2021/07/23

世界観に引き込まれました

ナレーションの声がストーリーに合っていて、リアルと仮想世界での二面性をよく表現できていた。主人公の推し中心の生活という何かに依存するというのは、誰でも何かをきっかけになりうるのではないかと感じた。

  • 総合評価
    4 out of 5 stars
  • ナレーション
    5 out of 5 stars
  • ストーリー
    4 out of 5 stars
  • style
  • 2021/12/06

多層的な味わいの作品

(ネタバレを含みます)
今どきのアイドルファンの心理や活動、病名は明言はされていないけれど発達障害による生きづらさ、といった時代を象徴するテーマを、当事者として生きているであろう若い作家がリアルに描写した作品です。
ただ、そこだけを見るとストーリーがぼんやりしているように感じるとも思います。実際には芥川賞を受賞するだけの文学的テクニックも多く盛り込まれており、たとえば作品全体は普通の人たちのように世俗的に生きる「肉」と、ストイックに崇高に生きる「骨」との対立として描かれています。
最後のシーンで自身の背骨を象徴する綿棒をぶちまけ、骨を失った肉体として立っていられなくなり、自らの骨を拾って葬い、肉として泥臭く生きることを決意する表現は、文学の技法として意識してみるとセオリー通りで理解しやすいと思います。
言葉の使い方やテーマの提示のしかたは、文学作品としてはまだ少し隙があるようにも感じましたが、作者の年齢を考えるとそれも若さゆえの個性ともとれます。時代性を感じさせる言語化能力は十分に魅力的で、良い作品になっていると思います。

また、本作でオーディオブックの可能性に気づかされた人も多いのではないでしょうか。玉城ティナさんの抑えた声は、主人公の内省的で不安定な心情を書かれた文字以上に表現しています。

  • 総合評価
    5 out of 5 stars
  • ナレーション
    5 out of 5 stars
  • ストーリー
    4 out of 5 stars
  • 4s
  • 2021/07/31

良し、燃ゆ

ナレーターの玉城さんの読む声が素晴らしく、これからも他の本でも読んでほしい。
ストーリーは主人公の生きづらさが良く表現できていて共感できた部分が多々ありました。
救いのあるラストであれば尚良いと個人的には思った。
全体的にストーリーが分かりやすく、ナレーターも聴き易いのでおすすめしたい。

  • 総合評価
    5 out of 5 stars
  • ナレーション
    5 out of 5 stars
  • ストーリー
    5 out of 5 stars
  • きょろ
  • 2021/06/29

さすが芥川賞

全ての登場人物の心情や状況がリアルに感じられる作品だった。
素朴で、かつ文学的な描写がとても好みでした。

  • 総合評価
    5 out of 5 stars
  • ナレーション
    5 out of 5 stars
  • ストーリー
    4 out of 5 stars
  • 井上
  • 2021/09/17

世界観を肌で感じられる!

期待以上でした!
他の方も書いてるけど少し重いので疲れる部分があったり、コンビニ人間感もありますが
これだけ緻密に感情や感覚を感じる事ができるのは素晴らしい内容表現と主人公そのものといったナレーションの玉城さんによるものですね!
子育ての合間に聴きましたが、とても充実した気分転換になりました。
ながら聴きより時間を作りゆっくり楽しむのがオススメです!

  • 総合評価
    4 out of 5 stars
  • ナレーション
    5 out of 5 stars
  • ストーリー
    3 out of 5 stars
  • 斉木
  • 2021/07/24

朗読はよかった

玉城ティナの朗読が予想外によかった。内容は、うーん、発達障害語りも推し活語りももっと面白い本物をネットで読める気がする。

  • 総合評価
    5 out of 5 stars
  • ナレーション
    5 out of 5 stars
  • ストーリー
    4 out of 5 stars
  • ひよこ
  • 2021/06/24

声の心地よさに惹かれて

サンプルで 宮沢りえさんの声に似てると思った。若々しく嫌味がなくて聞きやすい声。言葉の音がどこかに流れちゃうのでなくてしっかりと留めようと脳が動くから飽きることがなかった。声の主は玉城ティナさんというのだなって。この作品は宇佐見りんさんというのだなって作者とナレーターに初めて興味湧きました。ストーリーはどうしようもなさの中で生きていくことの他にも何か推しに関して以外でも欲しくなりました。