8月28日、Audibleの会員特典は「オンデマンド制 (聴き放題)」から「コイン制」に変わります

カテゴリー

落語・寄席・演芸

検索結果:637件
並べ替え:
    • 師匠を語る 立川談四楼が語る五代目・立川談志

    • 著者: 立川談四楼, 塙 宏
    • ナレーター: 立川談四楼, 塙 宏
    • 再生時間: 29 分
    • オリジナル版
    • 総合評価
      4 out of 5 stars 2
    • ナレーション
      0 out of 5 stars 0
    • ストーリー
      0 out of 5 stars 0

    古典落語の本格派・創作落語のパイオニア“立川談四楼”が語る、入門のいきさつのエピソード等を交え、故立川談志への思いを生き生きと語っています。聞き手は元ニッポン放送演芸担当プロデューサー塙 宏。

    会員特典

    ・専用アプリでいつでもどこでも。
    ・20以上のジャンルが聴き放題 (8/27まで)。
    ・いつでも退会可能。

    • 師匠を語る 二代目・桂平治が語る十代目・桂文治

    • 著者: 二代目・桂平治, 塙 宏
    • ナレーター: 二代目・桂平治, 塙 宏
    • 再生時間: 36 分
    • オリジナル版
    • 総合評価
      0 out of 5 stars 0
    • ナレーション
      0 out of 5 stars 0
    • ストーリー
      0 out of 5 stars 0

    十代目桂文治、父は落語家「初代柳家蝠丸」1960年代、桂伸治の時代にテレビラジオに多数出演、売れっ子となる。1979年桂文治を襲名,桂派宗家となる。生粋の江戸前落語の語り手であった。語り手二代目平治は五番目の弟子、昭和61年に入門、平成24年9月に十一代目文治を襲名。修業時代の師匠の思い出を語ります。聞き手は元ニッポン放送演芸プロデューサー塙宏。

    会員特典

    ・専用アプリでいつでもどこでも。
    ・20以上のジャンルが聴き放題 (8/27まで)。
    ・いつでも退会可能。

    • 師匠を語る 六代目・古今亭志ん橋が語る兄弟子古今亭志ん五

    • 著者: 六代目・古今亭志ん橋, 塙 宏
    • ナレーター: 六代目・古今亭志ん橋, 塙 宏
    • 再生時間: 31 分
    • オリジナル版
    • 総合評価
      4 out of 5 stars 1
    • ナレーション
      0 out of 5 stars 0
    • ストーリー
      0 out of 5 stars 0

    古今亭志ん五は1966年(昭和41年)に入門、内弟子として日暮里の志ん生宅へ。以来大師匠志ん生が亡くなる1973年まで7年間にわたり大師匠の世話をし、その後は志ん朝の惣領弟子として活躍。しかし分裂騒動で昇進を断り、真打ちになったのは1982年である。語り手の六代目志ん橋とは兄弟弟子、日暮里の時代を一緒に過ごした仲である。大師匠とのやりとり、師匠志ん朝とのエピソードなど13篇にまとめました。古今亭志ん五、名人志ん生の最後の弟子そして志ん朝の惣領弟子。2010年9月61歳で他界。聞き手は志ん朝師とも親交の深い間柄であった元ニッポン放送演芸プロデューサー塙宏

    会員特典

    ・専用アプリでいつでもどこでも。
    ・20以上のジャンルが聴き放題 (8/27まで)。
    ・いつでも退会可能。

    • 師匠を語る 吉川潮が語る柳家三亀松

    • 著者: 吉川潮, 塙 宏
    • ナレーター: 吉川潮, 塙 宏
    • 再生時間: 38 分
    • オリジナル版
    • 総合評価
      0 out of 5 stars 0
    • ナレーション
      0 out of 5 stars 0
    • ストーリー
      0 out of 5 stars 0

    作家吉川潮、父親は長唄三味線の師匠、妻は音曲師 柳家小菊、本人も小唄の名取、芸人の心根が理解出来る作家である。それ故「江戸前の男ー春風亭柳朝一代記」「江戸っ子だってねえ-浪曲師広沢虎造一代」を書き、それに続く「浮かれ三亀松」と、芸人達への愛情がほとばしり出るような作品を描いてきた作者が、柳家三亀松他芸人達の魅力について語ります。そして近頃の芸人についても辛い一言!ご案内は、もとニッポン放送演芸プロデューサー塙宏

    会員特典

    ・専用アプリでいつでもどこでも。
    ・20以上のジャンルが聴き放題 (8/27まで)。
    ・いつでも退会可能。

    • 師匠を語る 三遊亭鳳楽が語る六代目・三遊亭圓生

    • 著者: 三遊亭 鳳楽, 塙 宏
    • ナレーター: 三遊亭 鳳楽, 塙 宏
    • 再生時間: 42 分
    • オリジナル版
    • 総合評価
      3.5 out of 5 stars 2
    • ナレーション
      4 out of 5 stars 1
    • ストーリー
      4 out of 5 stars 1

    三遊亭鳳楽が語る 六代目三遊亭圓生のお話。昭和40年五代目圓楽に入門、しかし師匠は忙しく大師匠の圓生のもとへ、怖い大師匠のはずが初の孫弟子として可愛がられ修行の日々。そこで出会った名人六代目圓生の生身の人間像、芸へのこだわり等14編にまとめました。聞き手はもとニッポン放送演芸プロデューサー塙宏。

    会員特典

    ・専用アプリでいつでもどこでも。
    ・20以上のジャンルが聴き放題 (8/27まで)。
    ・いつでも退会可能。

    • 師匠を語る 六代目・古今亭志ん橋が語る三代目・古今亭志ん朝

    • 著者: 六代目・古今亭 志ん橋, 塙 宏
    • ナレーター: 六代目・古今亭 志ん橋, 塙 宏
    • 再生時間: 43 分
    • オリジナル版
    • 総合評価
      5 out of 5 stars 3
    • ナレーション
      5 out of 5 stars 2
    • ストーリー
      5 out of 5 stars 2

    六代目・古今亭志ん橋が語る三代目・古今亭志ん朝のお話。24歳で遅い弟子入り、しかし志ん朝に弟子入りしたはずが大師匠志ん生宅での前座修行、のちに師匠は結婚を機に日暮里をあとにしたが弟子は居残り。弟弟子たちが次々と師匠のところで修行を始めるのを横目で見ながら、大師匠が亡くなるまで日暮里での修行。最初に稽古をつけてもらったのは五代目志ん生!名人の教える3べん稽古とは?志ん朝がこだわったものとは?63歳で他界するまでのエピソードを18篇にまとめました。聞き手は志ん朝師とも親交の深い間柄であった元ニッポン放送演芸プロデューサー塙宏。

    会員特典

    ・専用アプリでいつでもどこでも。
    ・20以上のジャンルが聴き放題 (8/27まで)。
    ・いつでも退会可能。

    • 師匠を語る 林家正雀、八代目・林家正蔵改め彦六を語る

    • 著者: 林家 正雀, 塙 宏
    • ナレーター: 林家 正雀, 塙 宏
    • 再生時間: 41 分
    • オリジナル版
    • 総合評価
      4 out of 5 stars 2
    • ナレーション
      3 out of 5 stars 1
    • ストーリー
      3 out of 5 stars 1

    林家正雀が語る八代目・林家正蔵改め彦六のお話。 子どもの時から芝居、落語が好きで、学生時代に聞いた芝居噺「双蝶々」に感動、卒業後すぐに八代目林家正蔵、後の彦六に入門。昭和四九年から師匠の亡くなる五七年までの八年間の修行で経験した八代目のエピソード、教えの数々、また彦六の芸を継いで行くものとしての決心、抱負などを語ります。聞き手は元ニッポン放送演芸プロデューサー 塙宏。

    会員特典

    ・専用アプリでいつでもどこでも。
    ・20以上のジャンルが聴き放題 (8/27まで)。
    ・いつでも退会可能。

    • 師匠を語る 三代目・桂文生が語る二代目・桂小文治

    • 著者: 三代目・桂文生, 塙 宏
    • ナレーター: 三代目・桂 文生, 塙 宏
    • 再生時間: 44 分
    • オリジナル版
    • 総合評価
      5 out of 5 stars 1
    • ナレーション
      0 out of 5 stars 0
    • ストーリー
      0 out of 5 stars 0

    二代目・桂小文治は大阪生まれ大正6年に上京、以来東京にとどまり大正時代は八代目文楽、三代目柳好、小柳枝とならんで「睦の四天王」。昭和に入って日本芸術協会のちに落語芸術協会の副会長として柳橋を助け、また上方落語の復興に力を注いだ。三代目桂文生は昭和三十八年小文治の弟子である二代目桂枝太郎に入門、故有って大師匠である小文治の元で修行、そこで体験したエピソードの数々、小文治師匠の素顔、大阪落語界の状況、東京における名人達の群雄割拠の場面について、落語フアンにはたまらなく興味深い話がたっぷり。聞き手は元ニッポン放送演芸プロデューサー塙宏

    会員特典

    ・専用アプリでいつでもどこでも。
    ・20以上のジャンルが聴き放題 (8/27まで)。
    ・いつでも退会可能。

    • 師匠を語る 三代目・三遊亭遊三が語る四代目・三遊亭圓馬

    • 著者: 三遊亭 遊三, 塙 宏
    • ナレーター: 三遊亭 遊三, 塙 宏
    • 再生時間: 31 分
    • オリジナル版
    • 総合評価
      4 out of 5 stars 2
    • ナレーション
      3 out of 5 stars 1
    • ストーリー
      3 out of 5 stars 1

    三代目・三遊亭遊三が語る四代目・三遊亭圓馬のお話。昭和30年遠縁に当たる四代目三遊亭圓馬に入門、優しい師匠たちにも恵まれ修行の日々、昭和30年代の落語界の状況もまじえ、今は亡き名人たちの思い出とともに語っています。また人気落語家三遊亭小遊三を育てた師匠として、弟子たちに対する想いも語っております。聞き手は元ニッポン放送演芸プロデューサー塙宏。

    会員特典

    ・専用アプリでいつでもどこでも。
    ・20以上のジャンルが聴き放題 (8/27まで)。
    ・いつでも退会可能。

    • 師匠を語る 春日三球が語るリーガル千太・万吉,春日照代

    • 著者: 春日三球, 塙 宏
    • ナレーター: 春日三球, 塙 宏
    • 再生時間: 45 分
    • オリジナル版
    • 総合評価
      0 out of 5 stars 0
    • ナレーション
      0 out of 5 stars 0
    • ストーリー
      0 out of 5 stars 0

    戦後漫才研究会を設立し東京漫才の祖と評されるリーガル千太・万吉の元に弟子入り。クリトモ一休・三休で漫才コンクール優勝、これからと言うときに三河島事故で相方を失いました。その後妻である照代とコンビを組み、春日三球・照代として一世を風靡、地下鉄を始めとして乗り物を扱ったネタは老若男女を問わず、当時の日本全国を席捲しました。その時代の漫才界について、また亡き妻、照代への思い出を語ります。聞き手は元ニッポン放送演芸プロデューサー塙宏。

    会員特典

    ・専用アプリでいつでもどこでも。
    ・20以上のジャンルが聴き放題 (8/27まで)。
    ・いつでも退会可能。

    • 師匠を語る 八代目・橘家圓蔵が語る七代目・橘家圓蔵

    • 著者: 八代目・橘家圓蔵, 塙 宏
    • ナレーター: 八代目・橘家圓蔵, 塙 宏
    • 再生時間: 32 分
    • オリジナル版
    • 総合評価
      4 out of 5 stars 2
    • ナレーション
      3 out of 5 stars 1
    • ストーリー
      3 out of 5 stars 1

    七代目・橘家圓蔵は横浜の生まれ。四歳の時に父を亡くし、以後転々とした生活を送る。転々と職業を変え、吉原での妓夫太郎、名古屋での幇間の経験もある。八代目桂文楽の弟子であり、自らの弟子に初代林家三平、八代目圓蔵ら一世を風靡する爆笑王を有しながらあまり語られることの無かったエピソードを、八代目が語ります。また現在は 、落語協会相談役として後進の指導にあたる八代目・橘家圓蔵の今後にかける思いと、自身の修業時代の思い出も併せてお楽しみ下さい。聞き手は元ニッポン放送演芸プロデューサー塙宏。

    会員特典

    ・専用アプリでいつでもどこでも。
    ・20以上のジャンルが聴き放題 (8/27まで)。
    ・いつでも退会可能。

    • 師匠を語る 八代目・三升家小勝が語る六代目・三升家小勝

    • 著者: 八代目・三升家小勝, 塙 宏
    • ナレーター: 八代目・三升家小勝, 塙 宏
    • 再生時間: 57 分
    • オリジナル版
    • 総合評価
      4 out of 5 stars 1
    • ナレーション
      4 out of 5 stars 1
    • ストーリー
      4 out of 5 stars 1

    六代目・三升家小勝、明治41年生~昭和46年没、東京本所の生まれ電気学校を卒業後水道局勤務。昭和6年桂文楽に弟子入り。数多くの自作の落語を創り、金馬・金語楼・柳橋と並ぶ売れっ子だった。そこに入門した現八代目三升家小勝、当時1、2を争う厳しい師匠の下での修行にまつわる思い出の数々、ただ厳しいだけではなかった六代目の思い出に思わず声を詰まらす場面も、師匠文楽の後を追うようにして逝った六代目のエピソードの数々、はたまた人間国宝五代目・柳家小さん、古今亭志ん朝等名人たちのエピソードも交えて語っています。ご案内は、もとニッポン放送演芸プロデューサー塙宏

    会員特典

    ・専用アプリでいつでもどこでも。
    ・20以上のジャンルが聴き放題 (8/27まで)。
    ・いつでも退会可能。

    • 師匠を語る 高松しげおが語る晴乃ピーチク・パーチク、チック・タック

    • 著者: 高松しげお, 塙 宏
    • ナレーター: 高松しげお, 塙 宏
    • 再生時間: 50 分
    • オリジナル版
    • 総合評価
      4 out of 5 stars 1
    • ナレーション
      4 out of 5 stars 1
    • ストーリー
      4 out of 5 stars 1

    第三回東京漫才の殿堂入りを果たした、晴乃チック・タックのタックこと、<高松しげお> が当時の思い出を語ります。芸能界をめざして紆余曲折、高校を中退してピーチク・パーチクのもとへ入門、流行語「い~じゃない」「どったの?」の誕生秘話。その後の爆発的な超売れっ子ぶり、人気の絶頂期における解散の訳等、その時代の演芸界についての話し、そして役者としての現在の想いを交えながら、思い出深く語っています。聞き手は元ニッポン放送演芸プロデューサー塙宏。

    会員特典

    ・専用アプリでいつでもどこでも。
    ・20以上のジャンルが聴き放題 (8/27まで)。
    ・いつでも退会可能。

    • 師匠を語る 三代目・桂文生が語る二代目・桂枝太郎

    • 著者: 三代目・桂 文生, 塙 宏
    • ナレーター: 三代目・桂 文生, 塙 宏
    • 再生時間: 51 分
    • オリジナル版
    • 総合評価
      4 out of 5 stars 1
    • ナレーション
      0 out of 5 stars 0
    • ストーリー
      0 out of 5 stars 0

    三代目・桂文生が語る二代目・桂枝太郎のこと。三笑亭可楽師匠に入門を断られ、縁あって二代目桂枝太郎師匠に入門、篤志家であり艶聞家であった師匠のとても危うい話、また大師匠である小文治師匠にかわいがられた修行時代、そこで出会った数々のエピソードをその時代の名人たちの逸話も交えて語っています。ご案内は元ニッポン放送演芸プロデューサー塙宏。

    会員特典

    ・専用アプリでいつでもどこでも。
    ・20以上のジャンルが聴き放題 (8/27まで)。
    ・いつでも退会可能。

    • 【猫間川寄席ライブ】 怪談・お紺殺し

    • 著者: 桂 文我
    • ナレーター: 桂 文我
    • 再生時間: 39 分
    • 完全版
    • 総合評価
      4.5 out of 5 stars 2
    • ナレーション
      5 out of 5 stars 1
    • ストーリー
      5 out of 5 stars 1

    大抵、怪談噺は夏が舞台になりますが、このネタは珍しく、真冬の雪のシーンがメインになります。講談や東京落語では『雪の戸田川』という演題になり、上方落語では桂米朝の師匠・四代目桂米團治が『怪談市川堤』に焼き直しました。

    会員特典

    ・専用アプリでいつでもどこでも。
    ・20以上のジャンルが聴き放題 (8/27まで)。
    ・いつでも退会可能。

    • 【猫間川寄席ライブ】 須磨の浦風

    • 著者: 桂 文我
    • ナレーター: 桂 文我
    • 再生時間: 22 分
    • 完全版
    • 総合評価
      5 out of 5 stars 1
    • ナレーション
      5 out of 5 stars 1
    • ストーリー
      5 out of 5 stars 1

    「日本むかし話」にも、よく似た話がありますが、紀州のお殿様と、大坂の豪商鴻池善右衛門を加えたのが、当時の噺家の見事な味付けだったと思います。現代科学では割り切れない、奇想天外な世界で遊ぶのも、人間の喜びではないでしょうか?

    会員特典

    ・専用アプリでいつでもどこでも。
    ・20以上のジャンルが聴き放題 (8/27まで)。
    ・いつでも退会可能。

    • 【猫間川寄席ライブ】 しびんの花括け

    • 著者: 桂 文我
    • ナレーター: 桂 文我
    • 再生時間: 38 分
    • 完全版
    • 総合評価
      4 out of 5 stars 3
    • ナレーション
      4 out of 5 stars 2
    • ストーリー
      4 out of 5 stars 2

    「尿瓶」は身動きが不自由な者の排尿に使用する道具で、「花括け」は草花を飾る器。本来は「尿瓶」は「溲瓶」、「花括け」は「花活け・花生け」と書くべきでしょうが、落語の演題では「尿瓶の花括け」にすることが多いようです。

    会員特典

    ・専用アプリでいつでもどこでも。
    ・20以上のジャンルが聴き放題 (8/27まで)。
    ・いつでも退会可能。

    • 【猫間川寄席ライブ】 雑穀八

    • 著者: 桂 文我
    • ナレーター: 桂 文我
    • 再生時間: 38 分
    • 完全版
    • 総合評価
      4 out of 5 stars 1
    • ナレーション
      0 out of 5 stars 0
    • ストーリー
      0 out of 5 stars 0

    雑穀(※米・麦以外の穀物。粟・稗など)を扱う雑穀屋の八兵衛で起こった事件で、大抵は途中でオチを付けますが、従来のラストまで行くと、『二度の御馳走』という演題にもなります。全体を見ると、心温まるストーリーになっていると言えましょう。

    会員特典

    ・専用アプリでいつでもどこでも。
    ・20以上のジャンルが聴き放題 (8/27まで)。
    ・いつでも退会可能。

    • 【猫間川寄席ライブ】 居残り

    • 著者: 桂 文我
    • ナレーター: 桂 文我
    • 再生時間: 32 分
    • 完全版
    • 総合評価
      4.5 out of 5 stars 3
    • ナレーション
      5 out of 5 stars 1
    • ストーリー
      5 out of 5 stars 1

    東京落語の『居残り佐平次』の上方落語バージョンですが、このネタの主人公の性格やノリは上方色が強いように思います。粋と野暮を兼ね揃えた人物設定は面白く、映画『幕末太陽伝』にも採り入れられました。

    会員特典

    ・専用アプリでいつでもどこでも。
    ・20以上のジャンルが聴き放題 (8/27まで)。
    ・いつでも退会可能。

    • 【猫間川寄席ライブ】 蔵丁稚

    • 著者: 桂 文我
    • ナレーター: 桂 文我
    • 再生時間: 37 分
    • 完全版
    • 総合評価
      4 out of 5 stars 2
    • ナレーション
      5 out of 5 stars 1
    • ストーリー
      5 out of 5 stars 1

    『仮名手本忠臣蔵四段目・判官切腹の場』を、落語の上で再現する芝居噺ですが、役者のような芝居の演じ方をすると、奇妙な仕上がりになってしまいます。やはり、落語の中の芝居であることが肝心なのでしょう。

    会員特典

    ・専用アプリでいつでもどこでも。
    ・20以上のジャンルが聴き放題 (8/27まで)。
    ・いつでも退会可能。

表示 件 / ページ
  • 1
  • 2
  • ...
  • 32