最初の1冊は無料。今すぐ聴こう。

国宝 上 青春篇

著者: 吉田 修一
ナレーター: 尾上 菊之助
シリーズ: 国宝
再生時間: 21 時間 7 分
カテゴリー: 現代文学
5 out of 5 stars (41件のカスタマーレビュー)

30日間の無料体験後は月額1,500円。いつでも退会できます。

OR
カートに追加済み

あらすじ・解説

特典音声として、本編終了後に、舞台を見ているかのような感覚で尾上菊之助の語りを堪能できる「特別音声版」を収録しています。
通常版とともにお楽しみください。


俺たちは踊れる。だからもっと美しい世界に立たせてくれ!

 極道と梨園。
生い立ちも才能も違う若き二人の役者が、
芸の道に青春を捧げていく。

 作家生活20周年記念作品として放つ渾身の大作。

(あらすじ)
1964年1月1日 長崎は料亭「花丸」
侠客たちの怒号と悲鳴が飛び交うなかで、
この国の宝となる役者は生まれた。
男の名は、立花喜久雄

極道の一門に生まれながらも、この世ならざる美貌は人々を巻き込み、
喜久雄の人生を思わぬ域にまで連れ出していく。

舞台は長崎から大阪、そして、オリンピック後の東京へ。
日本の成長と歩を合わせるように、技をみがき、道を究めようともがく男たち。

血族との深い絆と軋み、スキャンダルと栄光、幾重もの信頼と裏切り。
舞台、映画、テレビと芸能界の転換期を駆け抜け、数多の歓喜と絶望を享受しながら、
その頂点に登りつめた先に、何が見えるのか?
 

©2018 Shuichi YOSHIDA Published in Japan by Asahi Shimbun Publications Inc. (P)2019 Audible, Inc.

0:00

カスタマーレビュー

総合評価

  • 5 out of 5 stars
  • 星5つ
    36
  • 星4つ
    4
  • 星3つ
    1
  • 星2つ
    0
  • 星1つ
    0

ナレーション

  • 5 out of 5 stars
  • 星5つ
    36
  • 星4つ
    3
  • 星3つ
    0
  • 星2つ
    0
  • 星1つ
    0

ストーリー

  • 5 out of 5 stars
  • 星5つ
    32
  • 星4つ
    7
  • 星3つ
    0
  • 星2つ
    0
  • 星1つ
    0

カスタマーレビュー:以下のタブを選択することで、他のサイトのレビューをご覧になれます。

並べ替え:
絞り込み:
  • 総合評価
    5 out of 5 stars
  • ナレーション
    5 out of 5 stars
  • ストーリー
    4 out of 5 stars
  • jukan
  • 2020/01/16

菊之助の朗読が作品と相乗効果で本を読むより朗読の方が良い作品

ひとりの人生の物語です。だが主人公ばかりに焦点されている訳でなくその周辺の人物達の群像描写も魅力的で楽しめました。
聞き終えての感想として、歌舞伎役者ってのはどんな分野においても力があると思いました。朗読なんて歌舞伎と一見かけ離れたものに思えますが、普通に読んでいる様で間とかテンポとか声の強弱また声色の使い分け、全て計算なのか幼少より舞台を踏んできた経験なのか素晴らしい朗読で、専門としているプロをも超える出来映えです。なんたって聞いていると情景が画像としてはっきりイメージでき映画を見ている感じでした。
作品も歌舞伎の話なので歌舞伎のなんたるかが身体に染み込んだ菊之助が語る事によって多分書籍を読むよりこの朗読のほうが作品を深く感じる事が出来る珍しい例だと思いました。
作品の内容が歌舞伎、朗読が歌舞伎役者、聞く者は作中の歌舞伎役者の人生を現実の歌舞伎役者のフィルターを通して語られるため作品の内容を透して作品以外の歌舞伎をも同時に感じながら聞けるんだからもう最高でした。
それにしても恐るべし歌舞伎役者の表現力で、私の中では今の所オーディブル最高傑作だと思います。
追記
朗読ばかりのレビューでしたので作品についてのレビューを追加しておきます。
ストーリーについては書きませんが、この作品から感じ取れた事は、この作品の題材は歌舞伎という芸道ですが、道も突き詰めた先にあるのは仏教で言うところの解脱なのだという事です。型に拘り型に嵌めることによって昇華する様式美の先には、全てを解放された自由があるのかもしれません。
この作品は言葉に出来ないその場に流れる空気感というか人間が作り出す「気」みたいなものを感じることが出来ました。
言葉で上手く表現できないものを言葉を使って表現した作者に敬意を表すと同時にこの作品は日本人しか読み取れない日本語と日本文化のストーリーだとも思いました。改めて日本人であることの幸せも感じました。

  • 総合評価
    5 out of 5 stars
  • ナレーション
    5 out of 5 stars
  • ストーリー
    5 out of 5 stars
  • 欣欣顔
  • 2020/01/05

素晴らしい。

ストリー、ナレーションともに抜群です。文字で読むより、臨場感が凄い。時間を忘れてしまいます。

  • 総合評価
    5 out of 5 stars
  • ナレーション
    5 out of 5 stars
  • ストーリー
    5 out of 5 stars
  • かねちゃん
  • 2019/12/16

面白い!

「です」「ます」調で語られる壮大な物語。
面白い!
新しい!
吉田修一渾身の力作!
聞き終えずして眠れない!

  • 総合評価
    5 out of 5 stars
  • ナレーション
    5 out of 5 stars
  • ストーリー
    5 out of 5 stars
  • むらさき猫
  • 2020/01/22

ゾクゾクする。引き込まれる。のめり込む快感。

舞台となる時代、登場人物の面白さ、話の展開もさることながら、目に浮かんでくる情景のカラフルな事。
歌舞伎役者のナレーターの力量がさらに物語を濃厚にしてくれる。Audibleでこのナレーターでこのストーリーは贅沢すぎると本気で感謝しております。

  • 総合評価
    4 out of 5 stars
  • ナレーション
    5 out of 5 stars
  • ストーリー
    4 out of 5 stars
  • さくら
  • 2019/12/29

歌舞伎を知らない私でも楽しめました

尾上菊之助さんの柔らかな声で語られる歌舞伎界を舞台にした大河ドラマ。まったく歌舞伎に興味がなかったけど、これを聴いて「娘道成寺」を見たくなりYouTubeで検索しました笑。

戦後の日本と共に成り上がっていく、美しくも危なかっしい歌舞伎役者の人生。主役の喜久雄と名門の俊介、お互いが持つコンプレックスが切なく苦しいドラマを展開し、早く次が聞きたいという気持ちになります。主役のお付きの者である徳治がいいキャラしてます。

あとこれは昭和のしかも伝統的な梨園を描いているので、ジェンダー描写が古いところがあります。舞台上に夢のような女性を出現させるために、献身というか犠牲というか、たくさんの女性が苦労してきたんだなと。それも含めて聴けてよかったです。

  • 総合評価
    5 out of 5 stars
  • ナレーション
    5 out of 5 stars
  • ストーリー
    5 out of 5 stars
  • Soutaro
  • 2020/02/13

Audible の最高傑作です

今までにAudibleで30冊以上の本を聞いてきました。
ナレーションに尾上菊之助をむかえ、この国宝という吉田修一の最高傑作の文学をナレーションの力によって、歌舞伎の世界をそのままに表現し、小説で感じる心情や情景をさらに感慨深く昇華させた本作品はAudibleの最高傑作と言っても過言ではないかと思います。
上下巻合わせて12時間を超える大作でしたが、時間を感じさせない傑作でした。
心に残る一冊です。是非聴いてみてください。
感動します

  • 総合評価
    5 out of 5 stars
  • ナレーション
    5 out of 5 stars
  • ストーリー
    5 out of 5 stars
  • 匿名
  • 2019/12/28

非常に興味深い作品を尾上菊之助の朗読で、二度聞く醍醐味を味いました。

歌舞伎の舞台を観ている臨場感!喜久雄の心の中の動き、動揺。登場人物の個性溢れる描き方。長崎弁、大阪弁、京都弁、東京弁などが、立ち上がって聞こえる‼️

  • 総合評価
    5 out of 5 stars
  • ナレーション
    5 out of 5 stars
  • ストーリー
    5 out of 5 stars
  • 権助
  • 2019/12/28

一生の宝

わくわくするストーリーと尾上 菊之助のナレーションが素晴らしい。audible の中で最高傑作。私にとって一生の宝になる作品です。

  • 総合評価
    5 out of 5 stars
  • ナレーション
    5 out of 5 stars
  • ストーリー
    5 out of 5 stars
  • dumchin
  • 2020/02/24

影響力のある作品

 Audibleで聞いた中では一番好きな作品です。まず、この朗読は菊之助丈にしかできません。よくこの作品の朗読を引き受けてくれたものだと思います。
 ストーリーはヤクザの組長の息子が歌舞伎役者を目指すものですが、上巻では主人公が周りの人たちから様々な影響を受けて育っていく様子が、生き生きと描かれていて、がむしゃらに生きていく喜久雄がとてもかわいく思えます。
 不思議な影響力のある作品で、これまで特に興味がなかった歌舞伎の公演に通うようになってしまいました。
 後半は、音声にリバーブをかけたものが再生されますので、実際の収録時間は半分です。

同じ著者・ナレーターの作品