池谷 裕二
著者

池谷 裕二

─ 池谷裕二(いけがやゆうじ) 東京大学・薬学部・教授 ── こんにちは、池谷です。私は脳の健康や発達、老化を探求する基礎研究者ですが、脳に関する一般向けの本も書いています。初めて拙著を読まれる方は、まずは高校生への講義シリーズ『進化しすぎた脳』と『単純な脳、複雑な「私」』(ともに講談社ブルーバックス)の2冊を手に取ってみてください。私の「脳観」が、まずは伝わると思います(3冊目の続編も準備中です)。また、個人的には『ココロの盲点(完全版)』と『脳はこんなに悩ましい』(新潮社)もお気に入りの本です。 その他、『脳には妙なクセがある』、『脳はなにかと言い訳する』、『記憶力を強くする』など。共著は『海馬』(糸井重里)や『のうだま1』『のうだま2』(上大岡トメ)など。 脳は知れば知るほど奥が深く、さらなる探究心がくすぐられます。研究現場は毎日がわくわくの連続です。この高揚感を自分だけにとどめておくのはもったいない ── 脳研究の最前線のトピックを、できるだけ噛み砕いて語ることで、「知の興奮」を皆様と共有したいと願っています。 ただ私は、自身が科学者であることを第一として、執筆で研究生活が影響されないように気を配っています。研究が大好きだからです。ですから、私の本のスタイルは、(1)講義録、(2)インタビューや連載記事のまとめ、(3)対談録、の3つが主体となっています。 脳研究の世界では、毎日ように、興味深い新知見が湧き出しています。この湧き水は尽きることがないようです。それを精一杯に汲んで、新鮮なうちに紹介してゆきますので、科学に興味ある方もない方も、ぜひお付き合いいただけましたら幸いです。

続きを読む 一部を表示

Audibleの会員ではありませんか?

無料体験後は月額1,500円。いつでも退会できます。

ベストセラー

作家さんですか?

この著者ページは、著者ご自身が「Amazon著者セントラル」から更新することができます。著者紹介文や写真の追加、作品一覧の更新など行っていただき、本著者ページの充実にご協力ください。