最初の1冊は無料。今すぐ聴こう。

30日間の無料体験後は月額1,500円。いつでも退会できます。

OR
カートに追加済み

あらすじ・解説

「大きくなること、それは悲劇である」──この警句を胸に11歳の身体のまま成長を止めた少年は、からくり人形を操りチェスを指す。その名もリトル・アリョーヒン。盤面の海に無限の可能性を見出す彼は、自分の姿を見せずに指す独自のスタイルから、いつしか“盤下の詩人”と呼ばれ奇跡のように美しい棋譜を生み出す。架空の友人インディラとミイラ、海底チェス倶楽部、白い鳩を肩に載せた少女、老婆令嬢……少年の数奇な運命を切なく描く。小川洋子の到達点を示す傑作。
©小川 洋子 (P)2019 Audible, Inc.

猫を抱いて象と泳ぐに寄せられたリスナーの声

総合評価
  • 4.5 out of 5 stars
  • 星5つ
    16
  • 星4つ
    4
  • 星3つ
    1
  • 星2つ
    0
  • 星1つ
    0
ナレーション
  • 4.5 out of 5 stars
  • 星5つ
    13
  • 星4つ
    5
  • 星3つ
    1
  • 星2つ
    1
  • 星1つ
    0
ストーリー
  • 5 out of 5 stars
  • 星5つ
    16
  • 星4つ
    3
  • 星3つ
    1
  • 星2つ
    0
  • 星1つ
    0

カスタマーレビュー:以下のタブを選択することで、他のサイトのレビューをご覧になれます。

並べ替え:
絞り込み:
  • 総合評価
    3 out of 5 stars
  • ナレーション
    2 out of 5 stars
  • ストーリー
    4 out of 5 stars
  • R.F.
  • 2021/02/21

朗読が…

地の文はハキハキと一本調子で、ニュースを読み上げているようです。一方で、台詞は演技が過剰に感じました。歯切れよく聞きとりやすいですが、小川洋子さんの静謐で優しい世界観と合っていないように思います。

  • 総合評価
    5 out of 5 stars
  • ナレーション
    3 out of 5 stars
  • ストーリー
    5 out of 5 stars
  • 金子 修
  • 2020/11/04

小川洋子はノーベル文学賞でもおかしくない

マジカルでファンタジー。
名前のある人物はひとりとして出てこない。
でも、だれも個性的過ぎて名前を超えている。
チェス、チェス、チェス!

  • 総合評価
    5 out of 5 stars
  • ナレーション
    5 out of 5 stars
  • ストーリー
    5 out of 5 stars
  • かねちゃん
  • 2020/08/27

不思議な世界観

不思議な世界に迷い込んでしまったかのような感覚に陥りました。

主人公は醜くも心の美しい少年。心を閉ざしていた少年が、チェスを通じて様々な人々と心を通わせる物語でございます。

チェスを全く知らない方でも、存分に楽しめる作品だと思います。

奇妙で、優しく、切ない物語。


  • 総合評価
    4 out of 5 stars
  • ナレーション
    4 out of 5 stars
  • ストーリー
    5 out of 5 stars
  • who
  • 2020/05/18

読後感

チェスに近づけた♟
リトル•アリョーヒンの小さな世界は決して物理的な大きさでは測れない広さを持っていた!