最初の1冊は無料。今すぐ聴こう。

30日間の無料体験後は月額1,500円。いつでも退会できます。

OR
カートに追加済み

あらすじ・解説

この数年の間に、僕の家族にはいろんなことが起こった。そんな暮れのある一日、久しぶりにみんなが家に集まった。悲しみの深い淵のさらにその先で、物語は、ゆっくりと静かに始まる-。
©2005 Kanako Nishi (P)2020 Audible, Inc.

さくらに寄せられたリスナーの声

総合評価
  • 5 out of 5 stars
  • 星5つ
    8
  • 星4つ
    0
  • 星3つ
    0
  • 星2つ
    0
  • 星1つ
    0
ナレーション
  • 5 out of 5 stars
  • 星5つ
    7
  • 星4つ
    0
  • 星3つ
    0
  • 星2つ
    0
  • 星1つ
    0
ストーリー
  • 5 out of 5 stars
  • 星5つ
    6
  • 星4つ
    1
  • 星3つ
    0
  • 星2つ
    0
  • 星1つ
    0

カスタマーレビュー:以下のタブを選択することで、他のサイトのレビューをご覧になれます。

並べ替え:
絞り込み:
  • 総合評価
    5 out of 5 stars
  • ナレーション
    5 out of 5 stars
  • ストーリー
    5 out of 5 stars
  • かねちゃん
  • 2020/11/11

のめり込みました!

迫力を感じさせる筆力に圧倒されながら聴き入ってしまい、物語の世界にどっぷりと浸からせて頂きました。 主人公は大学生のカオル。とある年の暮れ、久し振りに帰郷するところから話しは始まります。 普段離れ離れにくらしていた家族が久々に集まるのですが、家の中を漂うどことなくぎこちない空気。 そして物語は、幼かった頃の主人公の回想シーンで綴られてゆきます。幸せいっぱいだった少年時代。優しい両親。自慢の兄。勝ち気な妹。思春期の恋。色とりどりの思い出の中に、常に一頭の犬がいたのでございます。 その犬の名は「さくら」。 ある日、平穏だった日々が突然狂い始めるのでございます。そして驚愕の告白。恐怖さえ感じる恋心。やがて男達は逃げるように家を離れてゆくのでございます。 時は過ぎ、話は冒頭のシーンに戻ります。数年ぶりに家族みんなで迎える大晦日。まるでこの時を待っていたかのように、この家族に一大事が襲いかかるのでございます。 さくらはいつもそこにいた。 私も犬と共に生活した経験がありますが、犬というのは不思議な生き物だと思います。人間が犬を飼っているのか、犬に人間が飼われているのかわからなくなる時があります。 犬によってもたらされる幸福。犬によって繋がる家族。犬によって見せられる未来。とても聴き応えのあるお話しでした。