最初の1冊は無料。今すぐ聴こう。

30日間の無料体験後は月会費1,500円。いつでも退会できます。

OR
カートに追加済み

あらすじ・解説

パートナーなしの妊娠、出産を目指す夏子のまえに現れた、精子提供で生まれ「父の顔」を知らない逢沢潤――
生命の意味をめぐる真摯な問いを、切ない詩情と泣き笑いに満ちた極上の筆致で描く、21世紀の世界文学!
世界十数ヵ国で翻訳決定!

* * * * * *

生まれることに自己決定はない。だが産むことには自己決定がある。この目も眩むような非対称を、
どうやって埋めればよいのか? 母になる女たちは、この暗渠をどうやって越したのか? どうすれば、そんな無謀で勝手な選択ができるのか? 作者は、
「産むこと」の自己決定とは何か? という、怖ろしい問い、だが、これまでほとんどの産んだ者たちがスルーしてきた問いに、正面から立ち向かう。
――上野千鶴子(「文藝」秋季号)

笑橋で今日も生きる巻子の、物語終盤での言葉に、誰もが泣くだろう。(中略)
この作品は間違いなく傑作である。
――岸政彦(「文學界」8月号)

この作品は、全方向からの意見に耳を傾けているような、極めてフェアな作りになっている。
それも生殖医療を論じる難しさの中で、
子どもを持つ、というシンプルな願いをどう叶えるかと、模索した結果であろう。
川上未映子は、難しいテーマを、異様な密度で書き切った。
――桐野夏生(「文學界」8月号)

これ以上ないほどシリアスな倫理問題を扱っているが、
大阪弁を交えた語りやセリフの爆発的な笑いの威力よ。
破壊と創造を同時になしとげる川上語も堪能されたし。
――鴻巣友季子(「毎日新聞」7月28日書評)
©川上未映子 (P)2021 Audible, Inc.

夏物語に寄せられたリスナーの声

総合評価
  • 4.5 out of 5 stars
  • 星5つ
    16
  • 星4つ
    1
  • 星3つ
    2
  • 星2つ
    2
  • 星1つ
    0
ナレーション
  • 5 out of 5 stars
  • 星5つ
    19
  • 星4つ
    0
  • 星3つ
    1
  • 星2つ
    0
  • 星1つ
    0
ストーリー
  • 4 out of 5 stars
  • 星5つ
    12
  • 星4つ
    3
  • 星3つ
    2
  • 星2つ
    2
  • 星1つ
    1

カスタマーレビュー:以下のタブを選択することで、他のサイトのレビューをご覧になれます。

並べ替え:
絞り込み:
  • 総合評価
    2 out of 5 stars
  • ナレーション
    5 out of 5 stars
  • ストーリー
    2 out of 5 stars
  • Amazon カスタマー
  • 2021/10/01

登場人物すべてに共感できない

この手の話は好きな方だが、
なんとなく登場人物全員に共感できないまま読了した。私は、物語の中の人物が成長していく生き様を見るのが好きなのだが、この小説の中の人物は結局誰一人として心の成長を遂げなかったように思えた。
緑子くらいかな。強いて言えば。

  • 総合評価
    2 out of 5 stars
  • ナレーション
    5 out of 5 stars
  • ストーリー
    2 out of 5 stars
  • ソニック
  • 2021/09/23

色々長い

文庫のレビューを見ましたが、なるほどなという。
ストーリー性は、あるのかな?これ。
この話があとにどのように結びついていくのかな、というふうに聴いてると、アレ?ってなります。
あのくだりの意味は??
それそこまで長々描写しますか?
ってのがふんだんにありますね。
そういうやつじゃないんですね多分。すみません。

  • 総合評価
    4 out of 5 stars
  • ナレーション
    5 out of 5 stars
  • ストーリー
    4 out of 5 stars
  • 森田療法家
  • 2021/09/20

こんなに内省的な人、いるかしら?

川上さんは素晴らしい作家で、本編も最後まで引き込まれてしまう名作です。ナレーションも素晴らしい!ただ、川上さんの作品はいつもそうなんですが、主人公の女性作家がとても感受性豊かで、内省的で、何でもない些細な出来事の中で、常にあっというまに過去の記憶や、様々な幻想に心奪われる人なのです。作家とはそういう人たちのなのかもしれませんが、多少の違和感を感じました。