最初の1冊は無料。今すぐ聴こう。

30日間の無料体験後は月額1,500円。いつでも退会できます。

OR
カートに追加済み

あらすじ・解説

第132回(2004年)直木三十五賞受賞作

専業主婦の小夜子は、ベンチャー企業の女社長、葵にスカウトされ、ハウスクリーニングの仕事を始めるが……。結婚する女、しない女、子供を持つ女、持たない女、それだけのことで、なぜ女どうし、わかりあえなくなるんだろう。多様化した現代を生きる女性の、友情と亀裂を描く傑作長編。
© 角田光代 (P) 2017 Audible, Inc.

対岸の彼女に寄せられたリスナーの声

総合評価
  • 4.5 out of 5 stars
  • 星5つ
    122
  • 星4つ
    69
  • 星3つ
    26
  • 星2つ
    4
  • 星1つ
    4
ナレーション
  • 4.5 out of 5 stars
  • 星5つ
    123
  • 星4つ
    52
  • 星3つ
    12
  • 星2つ
    3
  • 星1つ
    3
ストーリー
  • 4.5 out of 5 stars
  • 星5つ
    109
  • 星4つ
    57
  • 星3つ
    19
  • 星2つ
    4
  • 星1つ
    5

カスタマーレビュー:以下のタブを選択することで、他のサイトのレビューをご覧になれます。

並べ替え:
絞り込み:
  • 総合評価
    4 out of 5 stars
  • ナレーション
    5 out of 5 stars
  • ストーリー
    5 out of 5 stars
  • とっと
  • 2018/01/28

引き込まれます

登場人物はいじめで転校を余儀なくされるされた女子高生。結婚退職し出産、育児に悩む主婦というどこにでもいるような人々。出だしは本当につまらない。しかし彼女らが生活や人間関係に悩み、そこから昇華して解決に近づく過程で表現される心理状態には共感できることも多く、進むに従い次がどうなったのか気になり、彼女らが良い解決方法にめぐり合うことを願わずにはいられないような気持ちになる。

  • 総合評価
    5 out of 5 stars
  • ナレーション
    5 out of 5 stars
  • ストーリー
    5 out of 5 stars
  • Amazon Customer
  • 2018/11/20

素晴らしい

本で2度読んだことがあるが、ナレーションの方の
朗読が素晴らしく物語に引き込まれた。

  • 総合評価
    5 out of 5 stars
  • ナレーション
    5 out of 5 stars
  • ストーリー
    5 out of 5 stars
  • ケンボウ
  • 2020/04/14

かなり良い(^.^)

ちょうど良いトーンのナレーション
毎日聴いて、5日ほどでした。誰もが共感する思春期の仲間意識や、子育ての苦悩、他人との距離感から始まり、かけがえのない存在を時空を超えて描きますきられています。余韻が良いですね。

  • 総合評価
    4 out of 5 stars
  • ナレーション
    5 out of 5 stars
  • ストーリー
    5 out of 5 stars
  • snoopyio
  • 2018/02/04

上手な時間交差

主人公、葵の小学生から30後半の女性になる永い時間をかけた健気な変化を感じます。所々切なく、涙しました。作者の時間交差がとても上手で、ぐんぐん止まらずに読めました。

  • 総合評価
    5 out of 5 stars
  • ナレーション
    5 out of 5 stars
  • ストーリー
    5 out of 5 stars
  • YO2
  • 2018/02/03

期待通りでした

角田光代さん期待通りでした。
オーディブルに角田さんの名前を見つけ嬉しくなって聞いてみました。
聞いてみて本当にみてよかったと思いました。
いじめ、子育て、仕事を通して いきずらいと感じている人の気持ちがよくわかりました。

落ち着いたナレーションが言葉のひとつひとつを心に響かせてくれました。

  • 総合評価
    3 out of 5 stars
  • ナレーション
    2 out of 5 stars
  • ストーリー
    4 out of 5 stars
  • のりよ
  • 2018/06/27

朗読する人はあまり役に入り込まないでほしい

ストーリーは悪いわけではないですが、ちょっと古い作品なので中途半端で結局は古典感も等身大感も得ることができませんでした。当初に読むかもう何年かすればいい感じだったのかも。
また、声優さんがあまりにも「お芝居」をし過ぎていてキャラクターが出来上がり過ぎてかえって楽しめません。本は目の前に具体的な人物像が無いので読む人それぞれに登場人物を想像して読めるのが映画やアニメと違う利点だと思います。感情を入れるなとは言いませんが、吹き替えではなく朗読である事は忘れないで欲しいです。

  • 総合評価
    3 out of 5 stars
  • ナレーション
    4 out of 5 stars
  • ストーリー
    4 out of 5 stars
  • pecosan
  • 2018/01/23

世の女性が皆、ここまで愚かだとは思いたくない

物語としては楽しめたが、登場する女性のヒステリックさや、愚かしさに全く共感出来なかった
女性嫌いになりそうだ

  • 総合評価
    5 out of 5 stars
  • ナレーション
    5 out of 5 stars
  • ストーリー
    5 out of 5 stars
  • このレビュー名義が本名風なクチコミが2割以上の商品は自作自演レビューの可能性高いので要注意です
  • 2021/06/20

おじさんも楽しめました

「読者が選ぶ角田光代さんの歴代小説ランキングで1位」みたいなのに本作が選ばれていて興味をもちました。audibleのレビューをちらっと読んだら、女性の人間関係を描いた作品らしいということだけ知ったところで聴きはじめました。

前半は「いったい何を聞かされているのか?」って感じでしたが、壮大なフリは終盤で結実していました。私は40目前のおじさんですがしっかり楽しめました。

書籍だったら半分も読む前に脱落していた可能性大です。audibleだからこの素晴らしい作品を最後まで楽しむことができました。

  • 総合評価
    5 out of 5 stars
  • ナレーション
    5 out of 5 stars
  • ストーリー
    5 out of 5 stars
  • ラデフマーティン
  • 2021/03/20

素晴らしい!

ナレーションも完璧だったし、角田さんの本そのものも大変顕著な傑作だと思います。

  • 総合評価
    3 out of 5 stars
  • ナレーション
    1 out of 5 stars
  • ストーリー
    1 out of 5 stars
  • マッチョ
  • 2020/10/05

面白いと思うところを全く見つけられなかった

思った事をそのまま書いていきます。わたしには全く合わない本でした。コンビニ人間の方が、より引き込まれる不思議さがあったが、登場人物にも共感するところがなく、現実世界でも全く関わらない、関わっても自分自身をつまらなくする達ばかりが出てくるので、もう、全く興味関心のない授業を受けているそんな状態でした。タイトルにある対岸の彼女、わたしには対岸の火事みたいな、この本の内容自体が人生において共感も発見も無かった…。ですが、こういった事に共感できる日常を毎日送っていて楽しいと思えるコメント等を見つけたので、総合評価は3としました。
また、ナレーションの方は声の音圧が薄くて、他の読み手の人より全体を通して聴きにくかったです。オーディブルは始めたばかりで、まだ20冊くらいしか読んでいないですが、厳しかったです。録音の仕方が悪いのか、ナレーションの方が声の低いとこと高いところの幅があり過ぎた事で、録音のバランスが悪くなったのかわかりませんが、コンビニ人間の大久保佳代子さんの方が聞きやすかったです。声色を変えるのは良いですが、それよりももう少し聞きやすい声の音量は一定にしないと、聞いてて疲れました。