最初の1冊は無料。今すぐ聴こう。

wisの小川洋子01「まぶた」

著者: 小川 洋子
ナレーター: wis
再生時間: 1 時間 13 分
カテゴリー: 現代文学
3 out of 5 stars (1件のカスタマーレビュー)

30日間の無料体験後は月額1,500円。いつでも退会できます。

OR
カートに追加済み

あらすじ・解説

【解説】
15歳の私は、血を流して倒れていたところを介抱したことをきっかけに、中年男性のNと出逢った。母親への軽い反抗心もあって、私は島の一軒家だという彼の家に着いて行く。彼は家でもネクタイとスーツを好んで着る人だった。その髪は、強風の浜辺でも、ベッドでも全く乱れることがない。Nの家にいると感じる奇妙な視線は、病気で瞼を切断されたハムスターのものだった。
 一度もしゃべったところを見た事のない渡し船を操縦する若い男、町の高級レストランでNが昔、プロポーズしたという、バイオリンが上手でまぶたがきれいだった女性。Nは私のまぶたも同じように美しく完璧だといい、私に弾けないバイオリンを弾かせ、その女性が戻ってきたかのような錯覚を愉しむのだった。そうして、Nを知るにつれ、私のすべてが彼に委ねられていく・・・。
 ところが、私がいつも帰る桟橋で、見送りに来たNの状況は暗転する。「誘拐なんかじゃない、Nはただ、あんなにも郵便為替を待っていただけなのに!」――その日、船から降りてきたのは、いつもの郵便配達人ではなかった。(C)wis

【朗読時間】1時間12分17秒

【朗読】wis
※透明感と落ち着きのある声で親しまれている女性朗読家です。
(C)2015 響林社

カスタマーレビュー

総合評価

  • 3 out of 5 stars
  • 星5つ
    0
  • 星4つ
    0
  • 星3つ
    1
  • 星2つ
    0
  • 星1つ
    0

ナレーション

  • 3 out of 5 stars
  • 星5つ
    0
  • 星4つ
    0
  • 星3つ
    1
  • 星2つ
    0
  • 星1つ
    0

ストーリー

  • 3 out of 5 stars
  • 星5つ
    0
  • 星4つ
    0
  • 星3つ
    1
  • 星2つ
    0
  • 星1つ
    0

カスタマーレビュー:以下のタブを選択することで、他のサイトのレビューをご覧になれます。

レビューはまだありません。