森見 登美彦
著者

森見 登美彦

1979年奈良県生まれ。京都大学農学部卒、同大学院農学研究科修士課程修了。2003年『太陽の塔』で日本ファンタジーノベル大賞を受賞しデビュー。07年『夜は短し歩けよ乙女』で山本周五郎賞を受賞。同作品は、本屋大賞2位にも選ばれる(「BOOK著者紹介情報」より:本データは『 ペンギン・ハイウェイ (ISBN-13: 978-4048740630 )』が刊行された当時に掲載されていたものです)

続きを読む 一部を表示

Audibleの会員ではありませんか?

無料体験後は月額1,500円。いつでも退会できます。

ベストセラー

    • 有頂天家族

    • 著者: 森見 登美彦
    • ナレーター: 岡本 寛志
    • 再生時間: 10 時間 57 分
    • 完全版
    • 総合評価
      4.5 out of 5 stars 63
    • ナレーション
      4.5 out of 5 stars 55
    • ストーリー
      4.5 out of 5 stars 54

    登美彦氏史上、これまでになく毛深く、波乱万丈。(登美彦氏談) 「面白きことは良きことなり!」が口癖の矢三郎は、狸の名門・下鴨家の三男。宿敵・夷川家が幅を利かせる京都の街を、一族の誇りをかけて、兄弟たちと駆け廻る。が、、、

    • 4 out of 5 stars
    • 愉快痛快

    • 投稿者: 乗富 日付: 2019/02/06

    価格: ¥ 3,500

    • ペンギン・ハイウェイ

    • 著者: 森見 登美彦
    • ナレーター: 安國 愛菜
    • 再生時間: 9 時間 30 分
    • 完全版
    • 総合評価
      4.5 out of 5 stars 101
    • ナレーション
      5 out of 5 stars 95
    • ストーリー
      4.5 out of 5 stars 95

    ぼくはまだ小学校の四年生だが、もう大人に負けないほどいろいろなことを知っている。毎日きちんとノートを取るし、たくさん本を読むからだ。ある日、ぼくが住む郊外の街に、突然ペンギンたちが現れた。このおかしな事件に歯科医院のお姉さんの不思議な力が関わっていることを知ったぼくは、その謎を研究することにした──。少年が目にする世界は、毎日無限に広がっていく。第31回日本SF大賞受賞作。

    • 5 out of 5 stars
    • 可愛らしい世界観

    • 投稿者: RN 日付: 2018/06/28

    価格: ¥ 3,500

    • 夜は短し歩けよ乙女

    • 著者: 森見 登美彦
    • ナレーター: 安國 愛菜
    • 再生時間: 8 時間
    • 完全版
    • 総合評価
      4.5 out of 5 stars 141
    • ナレーション
      5 out of 5 stars 122
    • ストーリー
      4.5 out of 5 stars 120

    「黒髪の乙女」にひそかに想いを寄せる「先輩」は、夜の先斗町に、下鴨神社の古本市に、大学の学園祭に、彼女の姿を追い求めた。けれど先輩の想いに気づかない彼女は、頻発する“偶然の出逢い”にも「奇遇ですねえ!」と言うばかり。そんな2人を待ち受けるのは、個性溢れる曲者たちと珍事件の数々だった。山本周五郎賞を受賞し、本屋大賞2位にも選ばれた、キュートでポップな恋愛ファンタジーの傑作!

    • 5 out of 5 stars
    • 必聴の物語でした

    • 投稿者: roshi 日付: 2018/03/15

    価格: ¥ 3,000

作家さんですか?

この著者ページは、著者ご自身が「Amazon著者セントラル」から更新することができます。著者紹介文や写真の追加、作品一覧の更新など行っていただき、本著者ページの充実にご協力ください。