最初の1冊は無料。今すぐ聴こう。

30日間の無料体験後は月額1,500円。いつでも退会できます。

OR
カートに追加済み

あらすじ・解説

【Audible Originals】芥川賞作家・川上未映子によるAmazon Audible書き下ろし小説。

朗読は、主演映画「愛がなんだ」をはじめ数々の映画やドラマ、舞台に出演している 俳優 ・岸井ゆきの。
 

“感染症”大流行直前の日常を舞台に描かれる6編の物語。
入院中のわたしがきみに宛てた手紙 ─「青かける青」。
高級ホテルでギャラ飲みの面接を受ける二人の女性 ─「あなたの鼻がもう少し高ければ」。
死期が近づいている老女と大柄な後ろ姿の家政婦 ─「花瓶」。
あなたと生年月日がまったく同じ作家の自殺 ─「淋しくなったら電話をかけて」。
大切な手紙を探しに夜の学校に忍び込む僕と彼女 ─「ブルー・インク」。
高校時代の親友から久しぶりにかかってきた電話に ─「娘について」。
 

カバーアート:
カバーデザイン 名久井直子
絵 ファブリックストラクチャー、ハンナ・アレックス

©川上未映子/新潮社 (P)2021 Audible Originals, LLC

同じ著者・ナレーターの作品

春のこわいものに寄せられたリスナーの声

総合評価
  • 3.5 out of 5 stars
  • 星5つ
    3
  • 星4つ
    1
  • 星3つ
    1
  • 星2つ
    0
  • 星1つ
    2
ナレーション
  • 4 out of 5 stars
  • 星5つ
    3
  • 星4つ
    1
  • 星3つ
    1
  • 星2つ
    0
  • 星1つ
    1
ストーリー
  • 4 out of 5 stars
  • 星5つ
    4
  • 星4つ
    1
  • 星3つ
    0
  • 星2つ
    1
  • 星1つ
    1

カスタマーレビュー:以下のタブを選択することで、他のサイトのレビューをご覧になれます。

並べ替え:
絞り込み:
  • 総合評価
    5 out of 5 stars
  • ナレーション
    5 out of 5 stars
  • ストーリー
    5 out of 5 stars
  • 入鹿
  • 2021/07/16

読みがぴったり

「あなたの鼻がもう少し高ければ」が、切実ながらどこか笑えて、時折声を出して笑いながら拝聴しました。
川上未映子さんは「乳と卵」の頃から出版されたすべてのテキストを(日本語であれば)読んでいますが、今回は彼女のエッセイと小説の中間のような語り口で、軽妙で、音読にとても適しているように思いました。
そして岸井ゆきのさんの読みも素晴らしいです。
芯のある少しハスキーな地声も落ち着きますし、過剰すぎない自然な演じ分けに惹き付けられました。

  • 総合評価
    1 out of 5 stars
  • ナレーション
    1 out of 5 stars
  • ストーリー
    1 out of 5 stars
  • 匿名
  • 2021/07/26

こわいというよりイタイ

こわいというよりイタイと感じましたが
それをえぐり出してる作者が怖いのかも

川上未映子さんの作品は初めて読みましたが独特な作風で
私はもう読みたいとは思いませんでした
コアなファン向きで万人受けではないと思います

ナレーションが鼻にかかった暗いトーンで遺書を読んでいる様です