Audible会員プラン登録で、12万以上の対象タイトルが聴き放題。

Audible会員プラン 30日間無料体験

会員は、12万以上の対象作品が聴き放題
オフライン再生可能
プロの声優や俳優の朗読で楽しめる
Audibleでしか聴けない本やポッドキャストも多数
無料体験終了後は月会費1,500円。いつでも退会できます。
¥ 2,500 で購入

¥ 2,500 で購入

下4桁がのクレジットカードで支払う
ボタンを押すと、Audibleの利用規約およびAmazonのプライバシー規約同意したものとみなされます。支払方法および返品等についてはこちら

あらすじ・解説

もう、無駄な汗は流させない!搾取されない人生を

著者は脳科学者・中野信子先生。
・あなたが今している努力は、本当にあなたがしたいことなのか?
・周りに流されてやってしまっているだけなのではないか?
・身近な誰かに洗脳されてしまっているのではないか?
・社会そのものに洗脳されているのではないか?
努力信仰は脳科学的にも歴史的にも、日本人にとってもっとも馴染みやすい幻想とのこと。
時折一歩引いて、上記のように問いなおす習慣のない人は、何十年もの時間が、他者のための無駄な努力に費やされ、自分のためにあるはずだった膨大な時間が搾取されていたのだということに、取り返しがつかなくなってから気づくことになると警鐘を鳴らします。
近年、問題になっている「ブラック企業」が努力信仰が招いている象徴的な例であることは容易に想像がつきますが、それ以外にも努力信仰が招いた弊害として「少子化問題」についても吟味していきます。
そんなアテンションを読者に実感していただきたいという気持ちも込め、あえてタイトルに「不要」という振り切った言葉を用いました。

もちろん、本書では努力を切り捨てるばかりではありません。
すり減らずに格差を乗り越え、夢を実現させるために、私たち一人ひとりができること、まわりの人たちとの協力構造の築き方など、本書の大半を使って明確に示していきます。

目次
はじめに 見返りを求めずに努力できるか?
プロローグ 「努力すれば報われる」は本当か?
第1章 努力は人間をダメにする
第2章 そもそも日本人にとって努力とは何か
第3章 努力が報われないのは社会のせい?
第4章 才能の不都合な真実
第5章 あなたの才能の見つけ方
第6章 意志力は夢を叶える原動力
エピローグ 努力をしない努力をしよう!
おわりに なぜ、ある助産師はマタニティマークをつけることに反対したのか?
©2014 Nobuko Nakano

努力不要論に寄せられたリスナーの声

総合評価
  • 4 out of 5 stars
  • 星5つ
    47
  • 星4つ
    23
  • 星3つ
    9
  • 星2つ
    4
  • 星1つ
    5
ナレーション
  • 4.5 out of 5 stars
  • 星5つ
    41
  • 星4つ
    19
  • 星3つ
    7
  • 星2つ
    2
  • 星1つ
    1
ストーリー
  • 4.5 out of 5 stars
  • 星5つ
    40
  • 星4つ
    19
  • 星3つ
    4
  • 星2つ
    3
  • 星1つ
    3

カスタマーレビュー:以下のタブを選択することで、他のサイトのレビューをご覧になれます。

並べ替え:
絞り込み:
  • 総合評価
    5 out of 5 stars
  • ナレーション
    5 out of 5 stars
  • ストーリー
    5 out of 5 stars
  • チクチク
  • 2020/05/17

がむしゃらに頑張る事は努力ではなかった!

これまで自分が努力だと思っていたことは間違っていたのだと、正しい努力が何なのかを教えてくれました。

  • 総合評価
    4 out of 5 stars
  • ナレーション
    4 out of 5 stars
  • ストーリー
    4 out of 5 stars
  • 匿名
  • 2020/09/24

良かった。

行動を変えよう!とか絶対幸せになれると言う視点ではない自分を豊かにしようと言う視点での自己啓発本

  • 総合評価
    5 out of 5 stars
  • ナレーション
    5 out of 5 stars
  • ストーリー
    5 out of 5 stars
  • 匿名
  • 2022/02/01

「初中野信子」良かった!

NHK BS「英雄たちの選択」によく出演される中野信子さんの著書をぜひ読みたくオーディブルで視聴。

努力に関する私見を語りつつ、それよりも今の日本に対する憂慮の気持ちがあとがきまで強くしっかり散りばめられており、その思いに自分も応えつつ生きたいと思わせてもらえた。