検索キーワード:ナレーター "安田 愛実"

すべてのカテゴリー

検索結果:16件
並べ替え:
    • 出口汪の「最強!」の記憶術

    • 著者: 出口 汪
    • ナレーター: 西村 健志, 安田 愛実
    • 再生時間: 3 時間 45 分
    • 完全版
    • 総合評価
      4.5 out of 5 stars 69
    • ナレーション
      4.5 out of 5 stars 59
    • ストーリー
      4 out of 5 stars 58

    <内容紹介>
    「頭が悪い」なんてもう言わせない!

    脳科学に基づいた世界一無理のない記憶術の決定版、堂々完成!! ―記憶の仕方一つで、あなたの人生が変わります!― これまで、あまりに多くの人が間違った記憶の方法にふり回され、その結果、膨大な時間を浪費し、努力に見合った成果を上げられないできました。

    本書で紹介している「最強の記憶術」とは、脳科学に基づいた記憶術に、論理を駆使することを加えることで、記憶の方法を、まったく無理やムダのない“本物”に変えること。 その記憶術を活用することにより、あなたの脳は、この先どれだけ時代が変わってもその変化に上手に対応できることでしょう。

    こう書くと、難しく聞こえるかもしれませんが、本書では「ハルカ」と「出口先生」の二人が時に漫才のように、時にマジメに会話、ドラマ形式で語られているので、授業を受けているかのように自然と覚えてしまう、聴きやすく学びやすいオーディオブックになっています。

    〈本書の主な内容〉
    まったく仕事ができない上に新人教育を任され、さらには英語勉強もしなくてはならなくなった26歳のOLハルカ。 結婚相手も見つからず、行き詰った彼女が救いを求めて訪ねたのは、カリスマ講師・出口...

    • 4 out of 5 stars
    • わかりやすい

    • 投稿者: ceptor 日付: 2018/07/06

    価格: ¥ 2,500

    • さぶ

    • 著者: 山本 周五郎
    • ナレーター: 西村 健志, 安田 愛実
    • 再生時間: 12 時間 58 分
    • 完全版
    • 総合評価
      4.5 out of 5 stars 66
    • ナレーション
      4.5 out of 5 stars 59
    • ストーリー
      5 out of 5 stars 59

    山本周五郎は「文学には“純”も“不純”もなく、“大衆”も“少数”もない。ただ“よい小説”と“わるい小説”があるばかりだ」を信念とし、普遍妥当性をもつ人間像の造形を生涯の目的とした作家で、時代小説を中心に沢山の作品を残しています。  その作風は今なお古臭さを感じさせず、繊細に描かれた人の心の機微や人情に、思わず笑わされたり、胸を打たれたりする魅力に溢れています。 <あらすじ> 江戸の町で、経師屋に勤めるさぶと栄二。一人では何も出来ないが、底抜けに人の良いさぶと、仕事の筋はよいが向こうっ気の強い栄二は、いつか二人で店を持とうと互いを励まし合い、仕事に励んでいた。  ところがある日のこと、得意先で高価な「金襴の切」が見あたらなくなるという事件が起こる。ちょうど仕事で通っていた二人の道具袋を念のために旦那が探してみたところ、栄二の道具袋から「金襴の切」が見つかった。 身に覚えのない疑いをかけられた栄二は、10年も勤めた経師屋の主人が自分を信じてくれず、辞めさせられたことに納得がいかず、得意先の旦那に直談判に出向くがたたき出されてしまう。事情を聞いてくれた与力にも反発する栄二だったが、扱いに困った奉行所は、とうとう栄二を石川島の「人足寄場」へ送ってしまったのであった…… <山本周五郎> 1903~67年。小説家。山梨の生まれ。本名・清水三十六(さとむ)。名は生まれ年からつけられ、筆名は東

    • 5 out of 5 stars
    • 言うことなし

    • 投稿者: Amazon Customer 日付: 2018/04/20

    価格: ¥ 3,500

    • 50分でわかる あらし・テンペスト -シェイクスピアシリーズ10-

    • 著者: William Shakespeare
    • ナレーター: 宮負潤, 佐藤充, 安田愛実, 、その他
    • 再生時間: 51 分
    • 完全版
    • 総合評価
      0 out of 5 stars 0
    • ナレーション
      0 out of 5 stars 0
    • ストーリー
      0 out of 5 stars 0

    シェイクスピアが生涯書き下ろした作品の数は40ほどと言われている。その中で最期に書かれたと言われる作品が本作「テンペスト/嵐」である。 また、シェイクスピアの引退と重ね合わせられるプロスペロの幕引きのセリフにも、観客の拍手を持って作家人生の幕引きを意識して書かれたかの重みとリアリティを感じずにはいられない。 本作は、人間ドラマを中心に数多く遺された悲劇・喜劇の中でも本作はどちらかと言えばファンタジーの要素を色濃く遺し、異世界における摩訶不思議な効果は作品群の中では非常に異色である。異世界、宇宙観をお楽しみください。【CAST】 宮負潤、 佐藤充、 安田愛実、 結瀬あやの、 西村健志、 幸本たつと、 豊岡聡仁 、 長谷川ゆみ 【音楽・監修】 谷真人

    価格: ¥ 915

    • 方丈記

    • 著者: 鴨 長明
    • ナレーター: 安田 愛実
    • 再生時間: 42 分
    • 完全版
    • 総合評価
      4 out of 5 stars 4
    • ナレーション
      4.5 out of 5 stars 3
    • ストーリー
      4 out of 5 stars 3

    「徒然草」や「枕草子」と共に「日本三大随筆」と数えられる鎌倉初期の随筆 <内容紹介> 作者である鴨長明が、大火・旋風・遷都・大飢饉・大地震と続く五つの大きな災厄を経験し、京都の郊外・日野山に一丈四方(方丈)の狭い庵を結んで隠棲。その後、彼が庵内から当時の世間を観察し、書き記した記録であることから、作者自ら「方丈記」と名付けた。無常厭世の仏教観に貫かれた小編で、「ゆく河の流れは絶えずして、しかももとの水にあらず。よどみに浮かぶ泡(うたかた)は、かつ消え、かつ結びて、久しくとどまりたるためし無し」で始まる格調高い文章は、和漢混淆文の完成された形として高く評価されている。 <冒頭> 行く川のながれは絶えずして、しかも本の水にあらず。よどみに浮ぶうたかたは、かつ消えかつ結びて久しくとゞまることなし。世の中にある人とすみかと、またかくの如し。玉しきの都の中にむねをならべいらかをあらそへる、たかきいやしき人のすまひは、代々を經て盡きせぬものなれど、これをまことかと尋ぬれば、昔ありし家はまれなり。或はこぞ破れてことしは造り、あるは大家ほろびて小家となる。住む人もこれにおなじ。所もかはらず、人も多かれど、いにしへ見し人は、二三十人が中に、わづかにひとりふたりなり。あしたに死し、ゆふべに生るゝならひ、たゞ水の泡にぞ似たりける。知らず、生れ死ぬる人、いづかたより來りて、いづかたへか去る。又知らず、

    • 著者: 鴨 長明
    • ナレーター: 安田 愛実
    • 再生時間: 42 分
    • 配信日: 2018/04/20
    • 4 out of 5 stars 4件のカスタマーレビュー

    価格: ¥ 1,200

    • 子どもにウケるたのしいクイズ

    • 著者: 坪内 忠太
    • ナレーター: 安田 愛実
    • 再生時間: 6 時間 37 分
    • 完全版
    • 総合評価
      5 out of 5 stars 1
    • ナレーション
      5 out of 5 stars 1
    • ストーリー
      5 out of 5 stars 1

        大好評の「坪内忠太の雑学の本」、今回は「動物のナゾ」をクイズにしました。 知ってるようで知らない、聞かれてみれば、「あれ?わからない」という出題がてんこ盛りです。 

    価格: ¥ 2,000

    • 子どもにウケるたのしい雑学

    • 著者: 坪内 忠太
    • ナレーター: 安田 愛実
    • 再生時間: 5 時間 12 分
    • 完全版
    • 総合評価
      3 out of 5 stars 2
    • ナレーション
      4 out of 5 stars 2
    • ストーリー
      3 out of 5 stars 2

    <内容紹介> 動物、虫、植物、体、食べ物、宇宙まで、身の回りから星の世界まで、 不思議あれこれを、おもしろく解説した雑学の本です。 問われてみれば、不思議でわからない、子どもの「なぜ?」にも上手に …

    価格: ¥ 2,500

    • 願いがかなう・目標が実現する 「運のいい日」がわかる本

    • 著者: 柳川 隆洸
    • ナレーター: 安田 愛実
    • 再生時間: 3 時間 43 分
    • 完全版
    • 総合評価
      5 out of 5 stars 5
    • ナレーション
      5 out of 5 stars 5
    • ストーリー
      5 out of 5 stars 5

    必ず成功させたい「重大なこと」をスタートするのに最適な日がわかる本

    いつ始めればいいか?願いがかなう、目標が実現する!
    必ず成功させたいことは占星術で「スタート日」を決めよう!

    完全紹介制で始めた占星術セッションが口コミで評判がひろまり、作家、ミュージシャン、コピーライターなど、著名なクライアントを多数もつ柳川隆洸(りゅうこう)氏が教える「時」を味方につける手法 タイムディレクションを公開!

    本書は、入籍や引っ越し、会社設立、新製品の発表など、人生や仕事において「重大なこと」で最良の結果を生み出すために、それを「いつ始めればいいか=スタートに最適な日」がわかる本。

    古くから帝王学の1つとして発展し、約4...

    価格: ¥ 2,500

    • 虫の生命

    • 著者: 夢野 久作
    • ナレーター: 安田 愛実
    • 再生時間: 14 分
    • 完全版
    • 総合評価
      0 out of 5 stars 0
    • ナレーション
      0 out of 5 stars 0
    • ストーリー
      0 out of 5 stars 0

     炭焼きの勘太郎は、妻も子もいない独り者。毎日毎日、奥山で炭焼釜の前に立って煙を眺めては淋しいと感じていた。 

    価格: ¥ 1,000

    • オシャベリ姫

    • 著者: 夢野 久作
    • ナレーター: 安田 愛実
    • 再生時間: 1 時間 30 分
    • 完全版
    • 総合評価
      5 out of 5 stars 1
    • ナレーション
      5 out of 5 stars 1
    • ストーリー
      5 out of 5 stars 1

     ある国にオシャベリ姫というお姫さまがありました。生れ付きおしゃべりで、朝から晩まで何かしらシャベッていないと気もちがわるく、きいてやる人がいないと大層御機嫌がわるいのです。
     ある朝、オシャベリ姫は両親の王様とお妃様におしゃべりを初めました。
    「お父様お母様、昨夜は大変でしたのよ。あたしがひとりで寝ていますと、黒ん坊が寝床のところへ来まして、わたしに短刀をつきつけてきたのです」
    「それから、二人の女中が機織室で糸を紡いでたから中の様子を見ますと、壁に一列ずつ沢山の蜘蛛がズラリと並んでいるのです」
     王様はお驚きになりましたが、どちらも夢の話だと分かると、王様は大層腹をお立てになりました。
    「この馬鹿姫め。お前みたようなよけいな事をオシャベリする奴はいない。そんなことをオシャベリしたら石の牢屋へ入れてしまうぞ」
    「いいえ。これからが本当なのです。今までのは今度の本当におもしろいお話をするためにお話ししたのです」
     そうしてオシャベリ姫は又お話を初めました。
    「女中に、今お話しした二つの夢のお話しをしてきかせました。二人の云うことには、何でも短刀と蜘蛛の夢を見るといいお婿さんが来ると、みんなが云うのだそうです。けれども、夢を見たことが相手のお婿さんにわかるとダメになるのだそうです。ですから女中は私に、その

    価格: ¥ 1,500

    • あなうさピーター

    • 著者: ビアトリクス・ポター
    • ナレーター: 安田 愛実
    • 再生時間: 4 時間 47 分
    • 完全版
    • 総合評価
      3 out of 5 stars 1
    • ナレーション
      3 out of 5 stars 1
    • ストーリー
      3 out of 5 stars 1

    あなうさピーター」は元自分の家庭教師の子どもたちに送った絵手紙が元になったおはなしです。 おなじみのピーターは世界一有名なうさぎでみんなから愛されているキャラクター。 ピーターとそのかわいいなかまたちが繰り広げるいたずらでおちゃめなおはなしがたくさんはいっています。 本CDでは音楽を入れ、はらはらどきどき、ドジなシーンを盛り上げたりし、楽しい世界を表現。

    「あなうさピーターのはなし」は野菜を食べるためにマグレガーおじさんの農場にこっそりと侵入。マグレガーおじさんに見つかり、追いかけられ、服をとられさんざんな目に。

    また、「ねこぬこタムのはなし」ポターの家の塀をよじのぼるやんちゃなこどもたちのことを子猫に見立て、品の良いふるまいをさせようとする母ねことは裏腹にこねこのタムが母ねこの言いつけを聞かずに、あばれ放題のいたずらっぷりに恥をかくというシニカル仕立て。...

    価格: ¥ 2,500

    • 蠍座男子の取扱説明書

    • 著者: 早稲田運命学研究会
    • ナレーター: 安田 愛実
    • 再生時間: 3 時間 25 分
    • 完全版
    • 総合評価
      0 out of 5 stars 0
    • ナレーション
      0 out of 5 stars 0
    • ストーリー
      0 out of 5 stars 0

    内容紹介<…

    価格: ¥ 2,500

    • 50分でわかる十二夜 -シェイクスピアシリーズ11-

    • 著者: William Shakespeare
    • ナレーター: 豊岡聡仁, 安田愛実, 西村健志, 、その他
    • 再生時間: 50 分
    • 完全版
    • 総合評価
      0 out of 5 stars 0
    • ナレーション
      0 out of 5 stars 0
    • ストーリー
      0 out of 5 stars 0

    題名の『十二夜』とは、クリスマスから十二日目(つまり1月6日の夜のことで、イエス生誕に際して当方の三博士が訪ねてきた日とされている。西洋では、新年祝いの締めとなる盛大な宴が催され、この劇はその余興で初演されたと古くは考えられていたようだ。 ただ、単ににぎやかなだけでなく、十二夜には、寂しい冬を前にした最後の華やかさ、というイメージもある。 伝統としては、祝日の無礼講=愚考がモチーフにあり、イタリアの笑劇や、北欧を中心に栄えた愚人文学が裏にあると言われており。賢そうな奴が愚かで、愚かそうな奴が賢い、ということで、(主導権を握るロザリンドに比べて)ヴァイオラは身動きがとれず、結果として愚かそうな大公や女主人が得をしているのは、そういうことなのかもしれない。 本作は、コミカルに各キャラクターを描きつつ、ヴァイオラのみをストレートプレーで演出することで、作品としての大枠を表現しているが、物語の側面を各キャラクターの視点から聴くことで、裏のテーマが見えてくるだろう。 【CAST】 豊岡聡仁、 安田愛実、 西村健志、 長谷川ゆみ、 宮負潤、 佐藤充、 幸本たつと、 【音楽・監修】 谷真人

    価格: ¥ 915

    • 継子

    • 著者: 夢野 久作
    • ナレーター: 安田 愛実
    • 再生時間: 48 分
    • 完全版
    • 総合評価
      0 out of 5 stars 0
    • ナレーション
      0 out of 5 stars 0
    • ストーリー
      0 out of 5 stars 0

     ある日の登校中、怖い顔をしたルンペンから手紙を一通受け取った玲子。誰にも分からないようにお前のお母さんに渡せ。うまく渡せさないとお前がお母さんに殺されてしまう。 

    価格: ¥ 1,000

    • トルストイ童話集

    • 著者: レフ・トルストイ, 米川 正夫
    • ナレーター: 安田 愛実
    • 再生時間: 2 時間 31 分
    • 完全版
    • 総合評価
      0 out of 5 stars 0
    • ナレーション
      0 out of 5 stars 0
    • ストーリー
      0 out of 5 stars 0

    <内容紹介…

    価格: ¥ 2,000

    • 三つの眼鏡

    • 著者: 夢野 久作
    • ナレーター: 安田 愛実
    • 再生時間: 7 分
    • 完全版
    • 総合評価
      0 out of 5 stars 0
    • ナレーション
      0 out of 5 stars 0
    • ストーリー
      0 out of 5 stars 0

      武雄は母親が亡くなってから悪くなってしまった。毎日、何か面白いいたずらはないかと考えていた時に、机の上にあった祖母の眼鏡を見つける。 

    価格: ¥ 1,000

    • お菓子の大舞踏会

    • 著者: 夢野 久作
    • ナレーター: 安田 愛実
    • 再生時間: 9 分
    • 完全版
    • 総合評価
      3 out of 5 stars 1
    • ナレーション
      0 out of 5 stars 0
    • ストーリー
      0 out of 5 stars 0

     五郎君はお菓子が好きでしようがありませんでした。御飯も何もたべずにお菓子ばかりたべているので、お父様やお母様は大層心配をして、いくら五郎さんが泣いてもお菓子を遣らない事にしました。
     お父様とお母様がお出かけになったある日のこと。兄さん夫婦から「五郎殿へ」と書いた郵便が届きました。鼻を当てかいでみると、中から甘い甘いにおいがしました。
     五郎さんはもう夢中になって開いて見ると、それは思った通りお菓子で、ドロップ、ミンツ、キャラメル、チョコレート、ウエファース、ワッフル、ドーナツ、スポンジ、ローリング、ボンボン、そのほかいろいろ、ある事ある事……。一箱ペロリと食べてしまった五郎さんは、そのまま何喰わぬ顔で蒲団にもぐり込んでしまいました。
     やがて何だか恐ろしく苦しくなって来ましたので、どうしたのかと眼を開いて見ますと、最前喰べたお菓子連中が、めいめい赤や青や紫や黄色や又は金銀の着物を着て、男や女の役者姿になって大勢いならんでいるのがはっきりと見えました。


    夢野久作

    日本の小説家、SF作家、探偵小説家、幻想文学作家。1889年(明治22年)1月4日-1936年(昭和11年)3月11日。他の筆名に海若藍平、香倶土三鳥など。現在では、夢久、夢Qなどと呼ばれることもある。福岡県福岡市出身。日本探偵小説三大

    価格: ¥ 500