最初の1冊は無料。今すぐ聴こう。

最後の息子

著者: 吉田 修一
ナレーター: 平川 正三
再生時間: 5 時間 50 分
カテゴリー: 現代文学
4 out of 5 stars (32件のカスタマーレビュー)

30日間の無料体験後は月額1,500円。いつでも退会できます。

OR
カートに追加済み

あらすじ・解説

第84回文學界新人賞受賞作

新宿でオカマの「閻魔」ちゃんと同棲して、時々はガールフレンドとも会いながら、気楽なモラトリアムの日々を過ごす「ぼく」のビデオ日記に残された映像とは……。第84回文學界新人賞を受賞した表題作の他に、長崎の高校水泳部員たちを爽やかに描いた「Water」、「破片」を収録。爽快感200%、とってもキュートな青春小説!
©吉田修一 (P) 2017 Audible, Inc.

最後の息子に寄せられたリスナーの声

総合評価
  • 4 out of 5 stars
  • 星5つ
    14
  • 星4つ
    12
  • 星3つ
    5
  • 星2つ
    1
  • 星1つ
    0
ナレーション
  • 4.5 out of 5 stars
  • 星5つ
    13
  • 星4つ
    6
  • 星3つ
    6
  • 星2つ
    0
  • 星1つ
    0
ストーリー
  • 4 out of 5 stars
  • 星5つ
    8
  • 星4つ
    9
  • 星3つ
    8
  • 星2つ
    0
  • 星1つ
    0

カスタマーレビュー:以下のタブを選択することで、他のサイトのレビューをご覧になれます。

並べ替え:
絞り込み:
  • 総合評価
    5 out of 5 stars
  • ナレーション
    3 out of 5 stars
  • ストーリー
    3 out of 5 stars
  • Kindleのお客様
  • 2018/05/21

ガロン

最初方言が聞き取りづらかったが、徐々になれてきた。
粗野な女性観が人物を生々しくしている。