最初の1冊は無料。今すぐ聴こう。

30日間の無料体験後は月額1,500円。いつでも退会できます。

OR
カートに追加済み

あらすじ・解説

*本タイトルは、差し替え修正済みです。(2020年4月15日更新) 

本タイトルには付属資料・PDFが用意されています。ご購入後、デスクトップのライブラリー、またはアプリ上の「目次」でご確認ください。(Android:アプリバージョン2.40以上、iOS:アプリバージョン3.11以上)

近代世界は帝国主義・科学技術・資本主義のフィードバック・ループによって、爆発的に進歩した! ホモ・サピエンスの過去、現在、未来を俯瞰するかつてないスケールの大著、ついに邦訳!

©ユヴァル・ノア・ハラリ 柴田裕之 (P)2019 Audible, Inc.

サピエンス全史 下 文明の構造と人類の幸福に寄せられたリスナーの声

総合評価
  • 4.5 out of 5 stars
  • 星5つ
    201
  • 星4つ
    64
  • 星3つ
    13
  • 星2つ
    2
  • 星1つ
    2
ナレーション
  • 4.5 out of 5 stars
  • 星5つ
    146
  • 星4つ
    75
  • 星3つ
    16
  • 星2つ
    4
  • 星1つ
    1
ストーリー
  • 4.5 out of 5 stars
  • 星5つ
    179
  • 星4つ
    45
  • 星3つ
    11
  • 星2つ
    2
  • 星1つ
    2

カスタマーレビュー:以下のタブを選択することで、他のサイトのレビューをご覧になれます。

並べ替え:
絞り込み:
  • 総合評価
    1 out of 5 stars
  • ナレーション
    4 out of 5 stars
  • ストーリー
    1 out of 5 stars
  • PJ
  • 2019/10/08

これは学術書ではない

気になったのは「今のところ分かっていない」「謎のままだ」で終わる話がやたら多いこと。例えば何故人類は男性中心社会が多いのか、腕力はそれほど問題ではないのだから、女性がボスでも良かったんじゃないか、という話を一章まるまるかけて長々問題提起したあと、「今のところ分かっていない」で結んでいたりする。「は?」以外の感想が出てこないです。時間返せよと。そこは今有力とされる説を二つか三つ紹介しておけば別に良くないですか。あと自分はこうかも知れないという仮説を提示してもいいわけだし。「分からない」で終わってどうするの。 その割にこの筆者の個人的な考え、主観的な感覚だけはかなり反映されていて、先へ進めば進むほど、まさに長いだけの駄作・与太話という印象が強まっていきました。幅広いテーマに対する雑な入門書としては悪くないかも知れません。が、興味持つのはいいけどこの本の内容を鵜呑みにせずに自分で調べる必要はあると思います。 内容が薄い割にとにかく長い。くどい。後半はヨーロッパ史が中心で、白人文化への礼賛が過ぎる気がします。あとやはりとにかくこの人個人の想像で書いてるところが多すぎると感じる。「調べる」ということをせずに想像で書いている感じ。あまり“学術書”という感じではないですね。最初は『銃・病原菌・鉄』みたいな鋭い洞察を期待していたのだけど、全く及びもつかないです。 内容から確信していたのは、筆者はかなりの高齢であろう、ということ。話が古い、センスが古い。でもwikipedia調べたらまだ40代と若いんですね、驚きです。

  • 総合評価
    5 out of 5 stars
  • ナレーション
    5 out of 5 stars
  • ストーリー
    5 out of 5 stars
  • steve_reich
  • 2019/10/05

こういう深みのある聞き応えのある内容の本をaudibleにしてほしい。

こういう深みのある内容の本をaudibleにしてほしい。

  • 総合評価
    5 out of 5 stars
  • ナレーション
    4 out of 5 stars
  • ストーリー
    5 out of 5 stars
  • SA
  • 2020/01/24

学問に対する真摯な姿勢が貫かれている

当たり前のことなど何一つない、全ての存在にとって共通の絶対的な善悪や優劣など存在しない、という姿勢が貫かれており、大変好感が持てる。また、私もそのような姿勢をとってきたつもりであったのに、いつの間にか「常識」の常識たるゆえんを無意識の内に無理矢理作りだし、合理化して納得してしまっていたことに気付かされた。 まだ分からない、と結論づけることの何がいけないのでしょう? この本はむしろ、何かを分かったつもりになることや、何かを正しいと信じることの危うさについて語ってくれていると思うし、そこが素晴らしい。 内容については上記の通り、(仏教への理解についてはやや物申したいところもあるが)大変興味深く、刺激的で、様々な事を考えるきっかけにもなり、とても満足した。 ナレーションの編集に関しては、文句がある。 ナレーション自体は聞き取りやすく、落ち着いた声で素晴らしかったが、速度がちょこちょこ編集されているのが耳障りであった。 部分的に速度を変えているところが多く、(音声編集をする人なら理解してくれるはずだが)声の距離感が急に変わる。特に、距離感が急に近くなる時、しかもそれをイヤホンで聴いている時は、本当に申し訳ないが、気持ち悪かった。やむを得ない事情で速度を変えるのであれば、もう少しまとまった長さの部分を同じ速度で変えて欲しい。1フレーズだけ、1文だけ変えられると凄く気になる。

  • 総合評価
    4 out of 5 stars
  • ナレーション
    4 out of 5 stars
  • ストーリー
    4 out of 5 stars
  • 星長春
  • 2019/12/16

文明とは何か

「文明」とは何か?それに対する答えがこの本の中にありそう。

  • 総合評価
    5 out of 5 stars
  • ナレーション
    5 out of 5 stars
  • ストーリー
    5 out of 5 stars
  • ほうれい
  • 2019/10/07

現代を生きるすべての人に読んでほしい

人類の過去現在未来について私達に投げかける深い洞察の書。ユーモラスで皮肉をまじえた語り口はさすがイギリスで高等教育を受けた人。とにかく面白い。皆さんに読んででいただきたい。

  • 総合評価
    5 out of 5 stars
  • ナレーション
    4 out of 5 stars
  • ストーリー
    5 out of 5 stars
  • kindlezuki
  • 2019/09/13

壮大かつ現実的。バランスはよいのでは?

壮大過ぎるきらいのあるテーマにも深い洞察は迫力ある説得力で迫ってきます。一方で未来の予測がどれだけ困難であるかということも、博学に裏打ちされた歴史的事実から謙虚に認めているように感じます。ネガティブになり勝ちな将来予測に少し明るいものも感じました。

  • 総合評価
    4 out of 5 stars
  • ナレーション
    4 out of 5 stars
  • ストーリー
    5 out of 5 stars
  • mg
  • 2019/08/18

人類の歴史の上に現代人がいると学びました。

人類の歴史から自然界における人類とは何かを学ぶことができました。

  • 総合評価
    5 out of 5 stars
  • ナレーション
    5 out of 5 stars
  • ストーリー
    5 out of 5 stars
  • 福田成康
  • 2019/08/25

この知識があれば幸せになれます

今ある自分の意識がどこから来るのか、どんな解決策があるのかを示しています。 知識は自由と幸せ感を作ると思います。

  • 総合評価
    5 out of 5 stars
  • ナレーション
    5 out of 5 stars
  • ストーリー
    5 out of 5 stars
  • tanaka
  • 2019/07/19

想像を超える一冊

教養を身につける目的で購入しましたが全てが想像以上のスケールでした。 難しい問題を分かりやすく、新しい切り口により、皮肉たっぷりのユーモアで語っていてどんどん引き込まれました。 新作のオーディオブック化にも期待しています。

  • 総合評価
    4 out of 5 stars
  • ナレーション
    5 out of 5 stars
  • ストーリー
    4 out of 5 stars
  • けいーこ
  • 2019/05/30

歴史書ではないな

上、下巻ともに面白く聞きました。とくに農業革命産業革命のあたりはとても興味深かった。 作者には思想があり、それが色濃く映し出されています。またひとつの事象を繰り返したとえ話で理解させようとするところは退屈でした。 しかし、聴いて損はないと思います。