最初の1冊は無料。今すぐ聴こう。

  • 砂糖の世界史

  • 著者: 川北 稔
  • ナレーター: 田中 健大
  • 再生時間: 4 時間 6 分
  • カテゴリー: 歴史, 世界
  • 4.5 out of 5 stars (26件のカスタマーレビュー)

30日間の無料体験後は月額1,500円。いつでも退会できます。

OR
カートに追加済み

あらすじ・解説

本タイトルには付属資料・PDFが用意されています。ご購入後、デスクトップのライブラリー、またはアプリ上の「目次」でご確認ください。(アプリバージョン:Android 2.40以上、iOS 3.11以上)

茶や綿織物とならぶ「世界商品」砂糖。この、甘くて白くて誰もが好むひとつのモノにスポットをあて、近代以降の世界史の流れをダイナミックに描く。大航海時代、植民地、プランテーション、奴隷制度、三角貿易、産業革命―教科書に出てくる用語が相互につながって、いきいきと動き出すかのよう。世界史Aを学ぶ人は必読!

©1996 Minoru Kawakita (P)2020 Audible,Inc.

砂糖の世界史に寄せられたリスナーの声

総合評価
  • 4.5 out of 5 stars
  • 星5つ
    16
  • 星4つ
    8
  • 星3つ
    2
  • 星2つ
    0
  • 星1つ
    0
ナレーション
  • 4 out of 5 stars
  • 星5つ
    7
  • 星4つ
    8
  • 星3つ
    5
  • 星2つ
    1
  • 星1つ
    0
ストーリー
  • 4.5 out of 5 stars
  • 星5つ
    13
  • 星4つ
    4
  • 星3つ
    4
  • 星2つ
    0
  • 星1つ
    0

カスタマーレビュー:以下のタブを選択することで、他のサイトのレビューをご覧になれます。

並べ替え:
絞り込み:
  • 総合評価
    5 out of 5 stars
  • ナレーション
    4 out of 5 stars
  • ストーリー
    5 out of 5 stars
  • まっきー
  • 2020/06/19

砂糖から見る世界の流れ

ナレーションはやや単調な印象を受けましたが、ストーリー性があるので聴きやすかったです。

今ではごく一般的な砂糖という調味料ですが、その裏側には壮大な歴史があることを学べました。

奴隷制度と植民地支配、コーヒーやお茶との関係性など、今日に至るまでの砂糖のストーリーはとても複雑で奥深いです。

それらを知った上で最後に語られる砂糖の現在地には、切なさを感じました。

砂糖の偉大さに気付かせてくれる良書でした。

  • 総合評価
    4 out of 5 stars
  • ナレーション
    2 out of 5 stars
  • ストーリー
    3 out of 5 stars
  • エコ神社
  • 2020/11/02

ストーリーは面白いがナレーターが気になる。

ナレーターの発音、滑舌、句読点の付け方が気になって話に集中できない。

  • 総合評価
    5 out of 5 stars
  • ナレーション
    3 out of 5 stars
  • ストーリー
    5 out of 5 stars
  • Adam
  • 2020/12/20

砂糖という身近なモノから見る世界史

砂糖というごく身近で手に入るモノから紐解いた世界の歴史。
とても興味深く最後まで読み進めることができた。
ブラジルに日系人が多く住んでいる理由も、中南米に黒人がいる理由も理解することができた。

  • 総合評価
    5 out of 5 stars
  • ナレーション
    4 out of 5 stars
  • ストーリー
    5 out of 5 stars
  • 感想人
  • 2020/11/30

色々な事がわかる名著

タイトルから砂糖の歴史の話しかと思ったが、中近代の欧米史に関わる砂糖の役割。的な内容であった。
ナレーションが聞きにくいというレビューがあるが、私が聞く限りはそんな事はなくて、聞きやすかったと思う。
内容の方もバラバラだった事柄が砂糖というキーにより繋がっていく所で非常に興味深く、素晴らしかった。
ここに出てくる様々について、さらに詳しく知りたければ、ネットで検索して読めるので、そのきっかけとなった事も良かったと思う。