Audible会員プラン登録で、12万以上の対象タイトルが聴き放題。

Audible会員プラン 30日間無料体験

会員は、12万以上の対象作品が聴き放題
オフライン再生可能
プロの声優や俳優の朗読で楽しめる
Audibleでしか聴けない本やポッドキャストも多数
無料体験終了後は月会費1,500円。いつでも退会できます。
¥ 2,900 で購入

¥ 2,900 で購入

下4桁がのクレジットカードで支払う
ボタンを押すと、Audibleの利用規約およびAmazonのプライバシー規約同意したものとみなされます。支払方法および返品等についてはこちら

あらすじ・解説

あなたが「しあわせ」を感じられないのは、罪悪感のせいかもしれない
自分をゆるせれば、生きることがラクになる
反響続々!

「読んでいて涙が止まらなかった」
「誰かのために自分を変えるのではなく、自分のしあわせのために自分をゆるそうと思った」
「罪悪感まみれの人生だったけど、愛ゆえにこんなにも苦しんでたんですね」
「自分の歩んできた人生が書かれているような気がしました」
「自分自身が自分を一番傷つけて許せていなかったんですね……」
「自分の心の世界に光が当たるような一冊。この本を相棒に、少しずつ罪悪感から解放されていきたい」

つぎのようなことに、思いあたる節はありませんか?

□他人の期待に過剰に応えようとしてしまう
□自分と仲良くしてくれる人に、どこか申し訳なく思う
□過去に自分がしたことで後悔していることがある
□仕事や恋愛を頑張っているのに、報われない
□うまくいかない恋愛ばかり選んでしまう
□子どもを深く愛しているのに、やたら怒ってしまう
□自分の子育てに自信が持てない
□なにかと自分を責めて「ダメ出し」してしまう
□つい責任転嫁してしまう

これらの気持ちの裏にはすべて、「罪悪感」という感情があります。もし、今「自分はしあわせではない」と思うなら、そこに罪悪感が存在している可能性があります。「罪悪感」とは、ひとことで言うと、「自分が悪い」「自分のせいだ」と感じる感情のこと。
そして、多かれ少なかれ、人は誰でもこの罪悪感を感じながら生きています。本書は、約20年にわたって1万5千件以上のカウンセリングを実践し、年間100本の講座やセミナーを実施している人気心理カウンセラー・根本裕幸氏が、長年にわたって着目してきた「罪悪感」という感情の発生のしくみとつき合い方について、ていねいにひもといてく本です。罪悪感という感情の最大の特徴は、自分がしあわせになることを許さないように導くことです。

あえて自分を傷つけ、苦しめ、しあわせではない状況を引き寄せます。しかし、明らかにだれかを傷つけてしまったというような、わかりやすい罪悪感ならば自覚できるけれど、たいていの場合は、自分に罪悪感があるということに気づいていないケースがとても多い、と著者は言います。本書では、自分のかかえている罪悪感に気づき、なぜその罪悪感が発生しているかを解き明かし、最終的には自分で自分をゆるし、癒すことを目指していきます。

©2019 Hiroyuki Nemoto (P)2020 Discover 21, Inc.

いつも自分のせいにする罪悪感がすーっと消えてなくなる本に寄せられたリスナーの声

総合評価
  • 4.5 out of 5 stars
  • 星5つ
    14
  • 星4つ
    5
  • 星3つ
    1
  • 星2つ
    0
  • 星1つ
    0
ナレーション
  • 4.5 out of 5 stars
  • 星5つ
    13
  • 星4つ
    4
  • 星3つ
    0
  • 星2つ
    0
  • 星1つ
    1
ストーリー
  • 4.5 out of 5 stars
  • 星5つ
    13
  • 星4つ
    4
  • 星3つ
    1
  • 星2つ
    0
  • 星1つ
    0

カスタマーレビュー:以下のタブを選択することで、他のサイトのレビューをご覧になれます。

並べ替え:
絞り込み:
  • 総合評価
    5 out of 5 stars
  • ナレーション
    5 out of 5 stars
  • ストーリー
    5 out of 5 stars
  • tokiharu
  • 2022/01/01

罪悪感を自分側から愛の視点で見ていく

ブラックメールの常套手段として使われる罪悪感をどうやって消すのだろう,著者の別テーマの講演をオンラインで聴取して、他の著作を探す中でaudible版のサンプルを聞いた。
休みまで待って聞いてみよう。さて、休みの最初に読むのは 自己愛性障害がテーマの本,95%同意する文書に被害者は、鬱に落ちる。確かに落ちた。それは必然だったらしい。
そして、これを聞く。被害者ととらえるのではなく、フィフティフィフティで考える、具体的にどういうことなのか?聞くことに集中したのでメモがないので省くが自分の場合、職場で展開したそれである。そこに愛を持って何も変わらなかったらどうしようという恐れを危惧しながら、自分は自分、癒着している現実を剥がしてしまえば、職場は変えれなくても職場中心に縛られていた人生を自分側に取り戻せるのではないか。
自己愛性の根元をどう捌くかを見定めながら、現状に苛立っている若い奴に対して自分は何を提示できるかを見たように思う。実践する。
ナレーションは、聞きやすかった。これ読んでたら目の疲れ他の理由て集中できなかったと思われるが、読み聞かせのような感覚で耳からの方が理解はできるなと今回感じた。

  • 総合評価
    5 out of 5 stars
  • ナレーション
    5 out of 5 stars
  • ストーリー
    5 out of 5 stars
  • 匿名
  • 2021/11/10

ありがとう

ところどころ、泣きそうになりました。
悩んだときに読み返すために一冊もってきたいです。

  • 総合評価
    4 out of 5 stars
  • ナレーション
    1 out of 5 stars
  • ストーリー
    4 out of 5 stars
  • M&A
  • 2021/03/20

朗読が...

好みが分かれると思うのですが 個人的に 男性の言葉を読み上げる時の 芝居掛かった感じがどうにも受け付けられず 少々 苦痛でした

内容はとてもわかり易く 繰り返し聴いています