Amazonプライム会員限定、3か月無料キャンペーン中

Audible会員プラン 無料体験

2022年7月25日までAmazonプライム会員限定で3か月無料キャンペーン中(プライム会員以外の方は30日間無料)。詳細はこちら。をご確認ください
会員は、12万以上の対象作品が聴き放題、オフライン再生可能
プロの声優や俳優の朗読で楽しめる
Audibleでしか聴けない本やポッドキャストも多数
無料体験終了後は月会費1,500円。いつでも退会できます。
¥ 3,500 で購入

¥ 3,500 で購入

下4桁がのクレジットカードで支払う
ボタンを押すと、Audibleの利用規約およびAmazonのプライバシー規約同意したものとみなされます。支払方法および返品等についてはこちら

あらすじ・解説

戦国時代終わりに近づくとき【二兵衛】と呼ばれる天才軍師が現れる。黒田官兵衛と竹中半兵衛。この二人の出会いが戦国時代の終わりの歴史を彩る。黒田如水の人生を軸に、戦国の英傑たちが人間味あふれる人物として描きだされています。監督/吉田純子・編集/三好達也
©ことのは出版

同じ著者・ナレーターの作品

黒田如水に寄せられたリスナーの声

総合評価
  • 4 out of 5 stars
  • 星5つ
    16
  • 星4つ
    7
  • 星3つ
    6
  • 星2つ
    0
  • 星1つ
    1
ナレーション
  • 4.5 out of 5 stars
  • 星5つ
    17
  • 星4つ
    6
  • 星3つ
    3
  • 星2つ
    0
  • 星1つ
    1
ストーリー
  • 4.5 out of 5 stars
  • 星5つ
    16
  • 星4つ
    4
  • 星3つ
    6
  • 星2つ
    0
  • 星1つ
    1

カスタマーレビュー:以下のタブを選択することで、他のサイトのレビューをご覧になれます。

並べ替え:
絞り込み:
  • 総合評価
    5 out of 5 stars
  • ナレーション
    5 out of 5 stars
  • ストーリー
    5 out of 5 stars
  • ちゅげ
  • 2020/05/30

有岡城で黒田官兵衛が突き抜けたもの

妻の実家のある伊丹で義父の葬儀の為に伊丹に帰省した際に聴きました。軍略に富んだ黒田官兵衛の半生で、「策士策に溺れる」で荒木村重に有岡城(伊丹城)で幽閉されていた1年で突き抜けたものがあったのかと思います。
官兵衛の裏切りと怒って人質に出していた嫡子の首を切る命を下した織田信長を受け入れ、秀吉と共に三木城の開城を成しました。更に自分を荒木村重に殺害を依頼した主人の小寺政職を許して自らの食客に迎える。
そこから秀吉の中国大返しを進言して秀吉に天下を取らしめたのは、伸びゆく藤の枝を眺めながら命を生き続けたこの1年があったからだと思いました。

  • 総合評価
    4 out of 5 stars
  • ナレーション
    5 out of 5 stars
  • ストーリー
    3 out of 5 stars
  • Amazon カスタマー
  • 2022/05/01

タイトルを黒田如水にした意味がわからない

主人公の黒田官兵衛が黒田如水を名乗るのは家督を嫡男の長政に継がせた後。本編は有岡城から脱出して息子と再会するところまで。だから小説本編にはほとんど黒田如水と呼ばれていないのにも関わらず題名にした意味がわからない。
もう一つ言うとこれはあくまでも小説だからしょうがないかもしれませんが、官兵衛と長政が再会した時に竹中半兵衛がまだ生きているふうに描かれていますが、実際には黒田官兵衛が有岡城から脱出したのは1579年10月、竹中半兵衛が死んだのは6月なので、本当は生きていません。

  • 総合評価
    1 out of 5 stars
  • ナレーション
    1 out of 5 stars
  • ストーリー
    1 out of 5 stars
  • ジョー
  • 2022/03/09

描写が冗長で聞いてて辛い

ストーリーそっちのけで描写や台詞の節回しにこだわっている雰囲気がある。ナレーションの方もそれに合わせているのでしょうが、上手く言おうとか、それっぽく表現してみようということばかりに意識が行っているようで正直聴いていて退屈