Audible会員プラン登録で、12万以上の対象タイトルが聴き放題。

Audible会員プラン 30日間無料体験

会員は、12万以上の対象作品が聴き放題
オフライン再生可能
プロの声優や俳優の朗読で楽しめる
Audibleでしか聴けない本やポッドキャストも多数
無料体験終了後は月会費1,500円。いつでも退会できます。
¥ 3,000 で購入

¥ 3,000 で購入

下4桁がのクレジットカードで支払う
ボタンを押すと、Audibleの利用規約およびAmazonのプライバシー規約同意したものとみなされます。支払方法および返品等についてはこちら

あらすじ・解説

本タイトルには付属資料・PDFが用意されています。ご購入後、デスクトップのライブラリー、またはアプリ上の「目次」でご確認ください。(アプリバージョン:Android 2.40以上、iOS 3.11以上)

他の先進国が消費を拡大する中、なぜ日本だけが沈み続けるのか――原因は、緊縮財政でも消費増税でもなく「日本人の性格」だった。高度成長からバブル期は、人口増加、輸出主導で我が世の春を謳歌した。が、自己陶酔した「優しさ」「思いやり」「絆」の像とは裏腹に、じつは猜疑心が強く、他人の足を引っ張るという隠れた国民の本性が、「失われた30年」で明らかになった。後ろ向きな心持ちでの景気向上はあり得ない。本書は日本人の消費マインドが萎縮する現状を分析、数多のデータから景気浮揚できない理由を指摘し、解決策を提示する。

©2022 KEIICHI KAYA, GENTOSHA (P)2022 Audible, Inc.

国民の底意地の悪さが、日本経済低迷の元凶に寄せられたリスナーの声

総合評価
  • 4.5 out of 5 stars
  • 星5つ
    28
  • 星4つ
    10
  • 星3つ
    2
  • 星2つ
    0
  • 星1つ
    2
ナレーション
  • 4.5 out of 5 stars
  • 星5つ
    23
  • 星4つ
    7
  • 星3つ
    3
  • 星2つ
    2
  • 星1つ
    1
ストーリー
  • 4.5 out of 5 stars
  • 星5つ
    24
  • 星4つ
    9
  • 星3つ
    1
  • 星2つ
    0
  • 星1つ
    2

カスタマーレビュー:以下のタブを選択することで、他のサイトのレビューをご覧になれます。

並べ替え:
絞り込み:
  • 総合評価
    5 out of 5 stars
  • ナレーション
    4 out of 5 stars
  • ストーリー
    5 out of 5 stars
  • 匿名
  • 2022/04/14

もっと評価されていい良書!

タイトルからはあまり期待していなかったが、期待を裏切る、凄く論理的で深い洞察。大学の一般教養の副読本にでもして欲しいほど、説明も丁寧で良く分かる。私は約20年ラテンアメリカで暮らしていて、著者の日本人観に非常に共感する。単に私が浦島太郎なのかもしれないが、昨今の著名人、コメンテーター、一般人のコメントの悪口雑言には目を覆いたくなる。いつからこんなに口汚く人を罵る国民になってしまったのか、ただ悲しい。日本人が見下している「途上国」には、日本をすごく尊敬の眼差しで見ている人が多いことを言わせて欲しい。
 この本は他者を批判ばかりしたり、すぐ「日本はオワコン」などと言う人が読んで、今一度日本の良さをゼロベースから構築するぐらいの気持ちになってほしい。批判を恐れず忖度せず本書を書き上げた著者の勇気にただ拍手し、感謝したい。

  • 総合評価
    5 out of 5 stars
  • ナレーション
    2 out of 5 stars
  • ストーリー
    5 out of 5 stars
  • Kindleユーザー
  • 2022/04/14

ロジカル脳にアップデート出来てないのが底意地悪さの原因

「村社会的価値観のまま、近代的組織を運営してしまっている日本人」、「その場しのぎな言動をとってしまい、大枠としての倫理と論理に一貫性がない日本人」(私の解釈を要約した表現です)
こういった傾向を、近年のコロナ対応や五輪のイザコザを例に出しながら冷静に批判されており痛快でした。

また、職場の上司を苦手な理由が言語化されたようで、自身が公的(近代的)集団の中で求められるべき態度に寄れているなと安堵もしました(笑)

ただし、ナレーションはネガティブテーマのためか暗くてボソボソしており、聴き取りづらい箇所が多くイマイチでした。

  • 総合評価
    5 out of 5 stars
  • ナレーション
    5 out of 5 stars
  • ストーリー
    5 out of 5 stars
  • 大いな正午
  • 2022/04/13

日本の空気を読むことの弊害に関する問題が理解できました

ゲマインシャフトとゲゼルシャフトの説明が分かりやすかったです。著者は明治の日本の文豪、哲学にも精通されてることが感じられます。明治維新以降、近代化しきれて無い日本人のマインドを明治の日本の文学作品とアナロジーで表現されてる点が目から鱗でした。正直、この本のタイトルを見たときはピンと来ませんでしたが、著者の圧倒的な教養を感じることが出来たので物凄い勉強になりました。

  • 総合評価
    5 out of 5 stars
  • ナレーション
    5 out of 5 stars
  • ストーリー
    5 out of 5 stars
  • さいなお
  • 2022/04/06

原子物理学

深層ニュースで拝見する加谷さんはこういう思想の方だったんですね。良識派だと思います。バッシングに負けないでがんばってください。

  • 総合評価
    3 out of 5 stars
  • ナレーション
    1 out of 5 stars
  • ストーリー
    3 out of 5 stars
  • Kindleユーザー
  • 2022/04/02

ナレーターの声がガラガラ

ナレーターの声がガラガラで聞き取りにくい。喋る言葉全てに濁音がついているような声。