最初の1冊は無料。今すぐ聴こう。

格差大国アメリカを追う日本のゆくえ

著者: 中原 圭介
ナレーター: 四宮 豪
再生時間: 6 時間 18 分
4.5 out of 5 stars (3件のカスタマーレビュー)
価格: ¥ 3,000
30日間の無料体験後は月額1,500円。いつでも退会できます。

あらすじ・解説

本タイトルには付属資料が用意されています。
ご購入後、PC上でAudibleのホームページを開き、「ライブラリー」をご確認ください。
※Windows10端末をご利用のお客様は、アプリ上で直接ご覧いただけます。

空前の株高に沸く米国で起きている本当のこと。そして、その米国を追いかけ続ける日本の将来。資本家と労働者、中央と地方の間の中間層が没落した国はどうなるのか? 人気エコノミストが日本と世界経済の近未来と今とるべき打ち手を明快に示す!
©2015 Keisuke Nakahara Published in Japan by Asahi Shimbun Publications Inc. (P)2019 Audible, Inc.

カスタマーレビュー

総合評価

  • 4.5 out of 5 stars
  • 星5つ
    2
  • 星4つ
    0
  • 星3つ
    1
  • 星2つ
    0
  • 星1つ
    0

ナレーション

  • 4 out of 5 stars
  • 星5つ
    1
  • 星4つ
    1
  • 星3つ
    1
  • 星2つ
    0
  • 星1つ
    0

ストーリー

  • 4 out of 5 stars
  • 星5つ
    1
  • 星4つ
    1
  • 星3つ
    1
  • 星2つ
    0
  • 星1つ
    0
並べ替え:
  • 総合評価
    5 out of 5 stars
  • ナレーション
    5 out of 5 stars
  • ストーリー
    4 out of 5 stars
  • Meikotaro
  • 2019/08/01

参考になりました。

アメリカ人と結婚し将来は、アメリカで暮らすことも考えていたためすごく勉強になりました。

自由という国では、こういった裕福な人ばっかりが収入をあげているというのが、さすがアメリカだな。と思います。


  • 総合評価
    3 out of 5 stars
  • ナレーション
    4 out of 5 stars
  • ストーリー
    3 out of 5 stars
  • 星長春
  • 2019/07/31

日本にとっての「失われた20年」、アベノミクスを再考する。

「失われた20年」は雇用確保という観点では「失われてはいなかった」と述べる著者は小泉改革やアベノミクスには、かなりネガティブな評価