Audible会員プラン登録で、12万以上の対象タイトルが聴き放題。

  • 超訳 資本論

  • 著者: 許 成準
  • ナレーター: 志葉丈瑠
  • 再生時間: 5 時間 48 分
  • 4.5 out of 5 stars (178件のカスタマーレビュー)

Amazonプライム会員限定

3か月無料

Audible会員プラン 無料体験
期間限定:2024年7月22日(日本時間)に終了
2024年7月22日までAmazonプライム会員限定で3か月無料体験キャンペーン開催中(プライム会員以外の方は30日間無料)。詳細はこちら
会員は12万以上の対象作品が聴き放題、アプリならオフライン再生可能。
Audibleでしか聴けない本やポッドキャストも多数。プロの声優や俳優の朗読も楽しめます。
無料体験終了後は月額¥1,500。いつでも退会できます。
『超訳 資本論』のカバーアート

超訳 資本論

著者: 許 成準
ナレーター: 志葉丈瑠
無料体験を試す

無料体験終了後は月額1,500円。いつでも退会できます

¥3,000 で購入

¥3,000 で購入

下4桁がのクレジットカードで支払う
ボタンを押すと、Audibleの利用規約およびAmazonのプライバシー規約同意したものとみなされます。支払方法および返品等についてはこちら

あらすじ・解説

解説




『資本論』は我々を取り巻く世界、つまり資本主義社会の構造を解き明かした本だ。

著者のカール・マルクスが生きた時代は、産業革命の直後である。

彼はその産業革命のメッカと言えるイギリスで活動した。

産業革命による機械文明の発達は、生産性を飛躍的に向上させ、巨大な富を生み出したが、豊かになったのは一部の資本家だけで、大多数の人々は、資本家に雇われる貧乏な労働者として一生を送った。

マルクスは、資本主義システムで起こるこのような問題を、既存の経済学理論では説明できないと考えた。

そこで彼は、資本主義の仕組みを労働者の立場に立って科学的に分析し、原因を究明しようと考えたのだ。完成させた『資本論』が、世界中の指導者、思想家、労働者たちに多大なる影響を与えたのは言うまでもない。



では、その『資本論』を読むことで、あなたは何を得られるのだろうか?



「社会主義者」や「共産主義者」という言葉は聞いたことがあるが、「資本主義者」と名乗る人は見たことがない。それだけ我々は、自分を取り巻くシステムを意識することなく生活している。これはまるで、水の中に住んでいる魚のようだ。魚は水について理解していなくても、問題なく生きていけるかもしれない。しかし、水がどこから来るのか、水が汚染されているとしたら、その原因は何かを理解していれば、いざという時にどうすれば生き残れるのか、もっと良い水の中で生きるためにはどうすれば良いのか、対策を立てることができる。



執筆にあたっては、「もしマルクスが現代に蘇って、日本の読者に分かりやすいように『資本論』を書き直したら、どんな本にするだろうか?」と想像しながら、制作にあたった。論点を明確にできたので、初心者にとっては、この上なく理解し易い入門書になったと自負している。(「はじめに」より



収録内容



1章 そもそも富とは何なのか?

2章 価値の交換がお金を動かす

3章 資本、それはお金を稼ぐお金

4章 労働力は労働者が売る商品である

5章 資本主義システムでの労働の構造

6章 人はどうして資本の奴隷になるか

7章 人はなぜ金持ちになれないのか?

8章 技術の発達が人を幸せにしない理由

9章 資本が雪だるま式に増える理由

10章 資本が巨大になるメカニズム

11章 資本主義は恐慌から逃れられない



許成準(ホ・ソンジュン)



ゲームクリエイター出身の投資家。2013年には韓国のセキュリティソリューション企業、株式会社アンラボの大株主のひとりだった。KAIST(旧称・国立韓国科学技術院)大学院卒(工学修士)。「Kingdom Under Fire」シリーズなどのゲームの企画・プログラミングに参加。様々なプロジェクトの経験から、組織作り・リーダーシップを研究するようになり、ビジネス・リーダーシップ関連の著作を多数執筆。主な著書に『超訳 孫子の兵法』『超訳 君主論―マキャベリに学ぶ帝王学―』『超訳 論語―孔子に学ぶ処世術―』『超訳 アランの幸福論』(いずれも彩図社刊)などがある。
(c)2014 Hur Sung Joon.

超訳 資本論に寄せられたリスナーの声

総合評価
  • 4.5 out of 5 stars
  • 星5つ
    117
  • 星4つ
    45
  • 星3つ
    12
  • 星2つ
    2
  • 星1つ
    2
ナレーション
  • 4.5 out of 5 stars
  • 星5つ
    97
  • 星4つ
    37
  • 星3つ
    8
  • 星2つ
    0
  • 星1つ
    0
ストーリー
  • 4.5 out of 5 stars
  • 星5つ
    85
  • 星4つ
    39
  • 星3つ
    10
  • 星2つ
    3
  • 星1つ
    3

カスタマーレビュー:以下のタブを選択することで、他のサイトのレビューをご覧になれます。

並べ替え:
絞り込み:
  • 総合評価
    5 out of 5 stars
  • ナレーション
    5 out of 5 stars
  • ストーリー
    5 out of 5 stars
スーパー玉出のプロフィール画像
  • スーパー玉出
  • 2018/01/15

大変勉強になりました

学校での教育がこの世の全てでないことは明らかですが、この本によって、自身が生きている資本主義という社会がいかなるものについて、全く無知であった事に恥ずかしさを覚えました。この本を発端とし、資本主義が中心の現代の社会、世界で自身がどのように生きていくべきか、更に勉強を重ねていきたいと感じることができる作品でした

問題が発生しました。数分後にもう一度お試しください。

ありがとうございました。

あなたはこのレビューを報告しました!

  • 総合評価
    5 out of 5 stars
  • ナレーション
    5 out of 5 stars
  • ストーリー
    5 out of 5 stars
ukのプロフィール画像
  • uk
  • 2017/12/21

uk

すごい!お金に対する考え方が今更ながら深まりました

問題が発生しました。数分後にもう一度お試しください。

ありがとうございました。

あなたはこのレビューを報告しました!

  • 総合評価
    5 out of 5 stars
  • ナレーション
    5 out of 5 stars
  • ストーリー
    5 out of 5 stars
高野信二のプロフィール画像
  • 高野信二
  • 2022/03/26

今こそマルクスは新しい。

成長の終わった、金融主導の今の世の中こそ、マルクスの予言した資本主義の末路に近い。
なので、今マルクスの考えを聴くと非常に今の我々の状況と符合する。
学生の教科書にこの本を入れるべき。
お金とはなにか
資本と労働とは何か
金融機関とは何か
そのような答えを導く
資本主義に生きる我々には必須の書。

問題が発生しました。数分後にもう一度お試しください。

ありがとうございました。

あなたはこのレビューを報告しました!

  • 総合評価
    5 out of 5 stars
  • ナレーション
    4 out of 5 stars
  • ストーリー
    1 out of 5 stars
Kindleのお客様のプロフィール画像
  • Kindleのお客様
  • 2019/02/27

ガロン

要約でわかりやすく、ナレーションもききとりやすい。
現代訳資本論

問題が発生しました。数分後にもう一度お試しください。

ありがとうございました。

あなたはこのレビューを報告しました!

  • 総合評価
    4 out of 5 stars
  • ナレーション
    4 out of 5 stars
  • ストーリー
    4 out of 5 stars
アマヅン太郎のプロフィール画像
  • アマヅン太郎
  • 2023/10/29

このくらいがちょうど良い

経済的な思想や知識に興味があり、マルクスも薄い本は読んだことがあるのだが、資本論はなかなか手が出なかった。

今回超訳を聴いて、想像していた通り特定の局面を切り取った、かなり取り扱いに注意を要する仮説であることは理解出来た。

現在の日本の様に正社員の雇用がかなり手厚く守られている社会では、正社員は一定の報酬や雇用が約束されている一方、資本家はあまり成長が見込めない社会で事業に失敗すれば全財産を失いかねないリスクを負っている。

また、安易に資本家ぶって下手な投資に手を出し、悲惨な状況になっている例はYouTubeを見れば枚挙に暇がない。

搾取の構造は様々にあり、単に資本家と労働者の階級闘争に帰結させようという考えは短絡的に過ぎるし、元々の思想自体かなり欠陥を含んでいるのに、それを無理矢理実践しようとした共産主義が失敗したのも当然の帰結だろう。

とはいえ、ある一面で資本家が労働者を搾取する場合もあるというのは真実であろうし、資本が自己増殖を続け恐慌や格差の増大を招き得るというのも事実だろう。

資本論以降、経済学、社会学、生物学その他、人間社会に対する理解はマルクスの時代より遥かに深まっている。

資本論は一つの叩き台として頭の片隅に置いておく考え方ではあろうが、これに全面的に依拠して社会改革を行うというのは無理筋であろう。

著者はフィンランドの事例など挙げているが、その様な例は大変参考になるし、日本の左翼ももう少しその辺りを学んで実効性のある対策を提案して欲しい。

問題が発生しました。数分後にもう一度お試しください。

ありがとうございました。

あなたはこのレビューを報告しました!

  • 総合評価
    4 out of 5 stars
  • ナレーション
    4 out of 5 stars
  • ストーリー
    4 out of 5 stars
ぷるんちょのプロフィール画像
  • ぷるんちょ
  • 2020/04/26

資本論が簡単に理解できる

資本論の重要な部分を抜粋しながら、現代の例を用いて解説することで簡単に理解できるようになっている。

問題が発生しました。数分後にもう一度お試しください。

ありがとうございました。

あなたはこのレビューを報告しました!

  • 総合評価
    5 out of 5 stars
  • ナレーション
    5 out of 5 stars
  • ストーリー
    5 out of 5 stars
中村信行のプロフィール画像
  • 中村信行
  • 2022/03/30

聞きやすい音声で、内容が分かりやすかった。難しいことを噛み砕いて解説してくれています。

聞きやすい音声で長時間聞いても苦になりませんでした。資本主義社会の本質がよくわかります。特別な予備知識がなくても難しいことがわかります。

問題が発生しました。数分後にもう一度お試しください。

ありがとうございました。

あなたはこのレビューを報告しました!

  • 総合評価
    1 out of 5 stars
  • ナレーション
    3 out of 5 stars
  • ストーリー
    1 out of 5 stars
ノーのプロフィール画像
  • ノー
  • 2022/03/11

子供向け

真面目な内容を期待してたのにドラゴンボールがどうこう言い出してアホらしくて脱落

問題が発生しました。数分後にもう一度お試しください。

ありがとうございました。

あなたはこのレビューを報告しました!

  • 総合評価
    1 out of 5 stars
  • ナレーション
    5 out of 5 stars
  • ストーリー
    1 out of 5 stars
モクダイのプロフィール画像
  • モクダイ
  • 2023/02/01

情弱用プロパガンダ

資本論が情弱用プロパガンダだと改めて分かりました。
比較優位性を理解していないかったり、資本家や支配階級という謎擬人化に惑わされると引っかかるかもしれません。

問題が発生しました。数分後にもう一度お試しください。

ありがとうございました。

あなたはこのレビューを報告しました!

  • 総合評価
    2 out of 5 stars
  • ナレーション
    4 out of 5 stars
  • ストーリー
    2 out of 5 stars
鈴木芳宜のプロフィール画像
  • 鈴木芳宜
  • 2023/06/05

聞かなくてもいい内容

暇で暇で時間があまって仕方がない人は聞いてもいいかもしれません。
それ以外の人は違う本を探した方がいいと思います。

問題が発生しました。数分後にもう一度お試しください。

ありがとうございました。

あなたはこのレビューを報告しました!