最初の1冊は無料。今すぐ聴こう。

ヒトラーの大衆扇動術

著者: 許 成準
ナレーター: 立石 和希
再生時間: 7 時間 6 分
4 out of 5 stars (3件のカスタマーレビュー)

30日間の無料体験後は月額1,500円。いつでも退会できます。

OR
カートに追加済み

あらすじ・解説

<内容紹介>

現代社会で仕事を成功させようと思えば、常に、人を説得しなければならないという場面に出くわすものだ。

しかし、人は何か得るものがなければ、他人が望むとおりに動くことはない。 たとえ上司という命令ができる立場であっても、部下を思いどおりに動かすことは容易ではない。
多くの人が「他人を動かすのは難しい」と嘆き、「対人関係に最もストレスを感じる」と言うのである。

ところが、数千万の人々を集団催眠にかけ、自分の意志どおりに操った人物がいる。 それは、アドルフ・ヒトラーだ。 ヒトラーは、第二次世界大戦を起こしてユダヤ人を虐殺した人物としか思われていないが、詳しく調べてみると、とてつもなく非凡な人物だったことが分かってくる。

空を覆うナチス旗、巨大な垂れ幕、煌々と空を照らすサーチライト、整列する親衛隊、荘厳な軍隊マーチ・・・。
ヒトラーが演壇に登場すると会場を埋め尽くした大観衆が一斉に「ハイル!」と歓声を上げた。
まるで、ロックコンサートのようである!

それらは、すべて周到に計画された演出だったのだ!

<収録内容>

人を洗脳するには時間と場所を選択せよ/計算された演出は演説と同様に重要である/若い頃のヒトラーはどんな人間だったのか/メッセージより雰囲気だ/孤独をエネルギーの源にせよ/イメージ・トレーニングに努力せよ/ビジュアルが大切だ/ヒトラーの没落   ほか

<許 成準(ほ・そんじゅん)>

2000 年KAIST(国立韓国科学技術院)大学院卒(工学修士)。 卒業後 、ゲームクリエイターとして「Kingdom Under Fire」シリーズ などのゲームの企画・プログラミングに参加。 ゲームクリエイターとしてベンチャー企業に勤務したが、成功するチームと失敗するチームを経験することにより、成功する組織作り・リーダーシップについて研究を始める。

主な著書に『超訳 孫子の兵法』『超訳 君主論』(共に彩図社刊)などがある。
©2010 Hur Sung Joon.

カスタマーレビュー

総合評価

  • 4 out of 5 stars
  • 星5つ
    2
  • 星4つ
    0
  • 星3つ
    0
  • 星2つ
    1
  • 星1つ
    0

ナレーション

  • 4 out of 5 stars
  • 星5つ
    1
  • 星4つ
    0
  • 星3つ
    1
  • 星2つ
    0
  • 星1つ
    0

ストーリー

  • 3.5 out of 5 stars
  • 星5つ
    1
  • 星4つ
    0
  • 星3つ
    0
  • 星2つ
    1
  • 星1つ
    0

カスタマーレビュー:以下のタブを選択することで、他のサイトのレビューをご覧になれます。

レビューはまだありません。

同じ著者・ナレーターの作品