最初の1冊は無料。今すぐ聴こう。

30日間の無料体験後は月額1,500円。いつでも退会できます。

OR
カートに追加済み

あらすじ・解説

「小説を書くようになっても、わたしは【日本とは何か】ということばかりを書き続けてきたように思います」司馬遼太郎さんが残した言葉です。

土佐藩足軽として生まれた岡田以蔵が乱世の時代に「天誅」として剣をふるいます。武市半平太と出会った以蔵は、武市への強い忠誠心で尽くしました。人を斬ることにゆがんだ快楽を覚えた以蔵、最後は失望から武市を裏切ることになります。
中井和哉さんの朗読でお聞きください。 (全23巻)
ラジオ大阪

人斬り以蔵に寄せられたリスナーの声

総合評価
  • 4.5 out of 5 stars
  • 星5つ
    30
  • 星4つ
    8
  • 星3つ
    7
  • 星2つ
    1
  • 星1つ
    1
ナレーション
  • 4.5 out of 5 stars
  • 星5つ
    29
  • 星4つ
    7
  • 星3つ
    3
  • 星2つ
    0
  • 星1つ
    1
ストーリー
  • 4.5 out of 5 stars
  • 星5つ
    27
  • 星4つ
    8
  • 星3つ
    3
  • 星2つ
    1
  • 星1つ
    1

カスタマーレビュー:以下のタブを選択することで、他のサイトのレビューをご覧になれます。

並べ替え:
絞り込み:
  • 総合評価
    5 out of 5 stars
  • ナレーション
    5 out of 5 stars
  • ストーリー
    5 out of 5 stars
  • Amazonのお客様
  • 2020/06/24

今まで感じたことのないような、言葉で表現しづらい感覚

聞き終わった後、何とも言えぬ胸を締め付けられるような感覚と、以蔵に対する愛おしさが同時に沸き起こった。緊迫感のあるナレーションも素晴らしかった。