検索キーワード:著者 "山本 周五郎"

カテゴリー

すべてのカテゴリー

検索結果:40件
並べ替え:
    • さぶ

    • 著者: 山本 周五郎
    • ナレーター: 西村 健志, 安田 愛実
    • 再生時間: 12 時間 58 分
    • 完全版
    • 総合評価
      4.5 out of 5 stars 63
    • ナレーション
      4.5 out of 5 stars 56
    • ストーリー
      5 out of 5 stars 56

    山本周五郎は「文学には“純”も“不純”もなく、“大衆”も“少数”もない。ただ“よい小説”と“わるい小説”があるばかりだ」を信念とし、普遍妥当性をもつ人間像の造形を生涯の目的とした作家で、時代小説を中心に沢山の作品を残しています。  その作風は今なお古臭さを感じさせず、繊細に描かれた人の心の機微や人情に、思わず笑わされたり、胸を打たれたりする魅力に溢れています。 <あらすじ> 江戸の町で、経師屋に勤めるさぶと栄二。一人では何も出来ないが、底抜けに人の良いさぶと、仕事の筋はよいが向こうっ気の強い栄二は、いつか二人で店を持とうと互いを励まし合い、仕事に励んでいた。  ところがある日のこと、得意先で高価な「金襴の切」が見あたらなくなるという事件が起こる。ちょうど仕事で通っていた二人の道具袋を念のために旦那が探してみたところ、栄二の道具袋から「金襴の切」が見つかった。 身に覚えのない疑いをかけられた栄二は、10年も勤めた経師屋の主人が自分を信じてくれず、辞めさせられたことに納得がいかず、得意先の旦那に直談判に出向くがたたき出されてしまう。事情を聞いてくれた与力にも反発する栄二だったが、扱いに困った奉行所は、とうとう栄二を石川島の「人足寄場」へ送ってしまったのであった…… <山本周五郎> 1903~67年。小説家。山梨の生まれ。本名・清水三十六(さとむ)。名は生まれ年からつけられ、筆名は東

    • 5 out of 5 stars
    • 言うことなし

    • 投稿者: Amazon Customer 日付: 2018/04/20

    価格: ¥ 3,500

    • 深川安楽亭

    • 著者: 山本 周五郎
    • ナレーター: 楠木 華子
    • 再生時間: 2 時間 38 分
    • 完全版
    • 総合評価
      0 out of 5 stars 0
    • ナレーション
      0 out of 5 stars 0
    • ストーリー
      0 out of 5 stars 0

    <内容紹介>

    価格: ¥ 2,000

    • 赤ひげ診療譚

    • 著者: 山本 周五郎
    • ナレーター: 西村 健志
    • 再生時間: 10 時間 48 分
    • 完全版
    • 総合評価
      4.5 out of 5 stars 43
    • ナレーション
      5 out of 5 stars 38
    • ストーリー
      4.5 out of 5 stars 38

    <内容紹介> 山本周五郎は「文学には“純”も“不純”もなく、“大衆”も“少数”もない。ただ“よい小説”と“わるい小説”があるばかりだ」を信念とし、普遍妥当性をもつ人間像の造形を生涯の目的とした作家で、時代小説を中心に沢山の作品を残しています。 その作風は今なお古臭さを感じさせず、繊細に描かれた人の心の機微や人情に、思わず笑わされたり、胸を打たれたりする魅力に溢れています。 <あらすじ> 幕府の御番医という栄達の道を歩むべく長崎遊学から戻った保本登は、小石川養生所の“赤ひげ”とよばれる医長・新出去定に呼び出され、医員見習い勤務を命ぜられる。それは、許嫁の天野ちぐさが登を裏切ってしまい、娘の不貞を恥じた天野源伯の手回しによるものだった。 御番医に任じられる約束を反故にされたこと、長崎で得た最新の医学知識を医長の新出に全て無条件で差し出すことなど、登は全てが不満だった。ささやかな抵抗として登は、養生所の規則やそれを決めた新出に逆らい続けるが、その一見乱暴な言動の底に脈打つ強靱な精神に次第に惹かれてゆく。 「狂女の話」「駆込み訴え」「むじな長屋」などの八遍からなる、患者との葛藤を描いたヒューマンストーリー。 <収録内容> 狂女の話 駈込み訴え むじな長屋 三度目の正直 徒労に賭ける 鶯ばか おくめ殺し 氷の下の芽 <山本周五郎(やまもと・しゅうごろう)> 1903~67年。小説家。山

    • 4 out of 5 stars
    • 若い医師の成長

    • 投稿者: ceptor 日付: 2018/08/05

    価格: ¥ 3,500

    • 山本周五郎「泥棒と若殿」

    • 著者: 山本 周五郎
    • ナレーター: テルヤン
    • 再生時間: 1 時間 26 分
    • 完全版
    • 総合評価
      0 out of 5 stars 0
    • ナレーション
      0 out of 5 stars 0
    • ストーリー
      0 out of 5 stars 0

    <内容紹介> 山本周五郎は「文学には“純”も“不純…

    価格: ¥ 1,200

    • つゆのひぬま

    • 著者: 山本 周五郎
    • ナレーター: 遠藤
    • 再生時間: 1 時間 48 分
    • 完全版
    • 総合評価
      0 out of 5 stars 0
    • ナレーション
      0 out of 5 stars 0
    • ストーリー
      0 out of 5 stars 0

    <内容紹介>

    価格: ¥ 1,000

    • 湯治

    • 著者: 山本 周五郎
    • ナレーター: 楠木 華子
    • 再生時間: 1 時間 9 分
    • 完全版
    • 総合評価
      4 out of 5 stars 5
    • ナレーション
      4 out of 5 stars 5
    • ストーリー
      4 out of 5 stars 5

       山本周五郎は「文学には“純”も“不純”もなく、“大衆”も“少数”もない。ただ“よい小説”と“わるい小説”があるばかりだ」を信念とし、普遍妥当性をもつ人間像の造形を生涯の目的とした作家で、時代小説を中心に沢山の作品を残しています。 その作風は今なお古臭さを感じさせず、繊細に描かれた人の心の機微や人情に、思わず笑わされたり、胸を打たれたりする魅力に溢れています。 

    • 著者: 山本 周五郎
    • ナレーター: 楠木 華子
    • 再生時間: 1 時間 9 分
    • 配信日: 2018/07/27
    • 4 out of 5 stars 5件のカスタマーレビュー

    価格: ¥ 1,000

    • 不断草

    • 著者: 山本 周五郎
    • ナレーター: 楠木 華子
    • 再生時間: 42 分
    • 完全版
    • 総合評価
      4.5 out of 5 stars 3
    • ナレーション
      4.5 out of 5 stars 3
    • ストーリー
      4 out of 5 stars 3

     山本周五郎は「文学には“純”も“不純”もなく、“大衆”も“少数”もない。ただ“よい小説”と“わるい小説”があるばかりだ」を信念とし、普遍妥当性をもつ人間像の造形を生涯の目的とした作家で、時代小説を中心に沢山の作品を残しています。 その作風は今なお古臭さを感じさせず、繊細に描かれた人の心の機微や人情に、思わず笑わされたり、胸を打たれたりする魅力に溢れています。 

    価格: ¥ 1,000

    • その木戸を通って

    • 著者: 山本 周五郎
    • ナレーター: 野口 晃
    • 再生時間: 1 時間 50 分
    • 完全版
    • 総合評価
      0 out of 5 stars 0
    • ナレーション
      0 out of 5 stars 0
    • ストーリー
      0 out of 5 stars 0

    <内容紹介>

    価格: ¥ 1,000

    • 山本周五郎「ひやめし物語」

    • 著者: 山本 周五郎
    • ナレーター: 遠藤
    • 再生時間: 1 時間 7 分
    • 完全版
    • 総合評価
      3.5 out of 5 stars 2
    • ナレーション
      3 out of 5 stars 2
    • ストーリー
      2.5 out of 5 stars 2

    <内容紹介> 山本周五郎は「文学には“純”も“不純…

    価格: ¥ 1,200

    • ちいさこべ

    • 著者: 山本 周五郎
    • ナレーター: 遠藤
    • 再生時間: 2 時間 17 分
    • 完全版
    • 総合評価
      0 out of 5 stars 0
    • ナレーション
      0 out of 5 stars 0
    • ストーリー
      0 out of 5 stars 0

    <内容紹介>

    価格: ¥ 2,000

    • 町奉行日記

    • 著者: 山本 周五郎
    • ナレーター: 野口 晃
    • 再生時間: 2 時間 47 分
    • 完全版
    • 総合評価
      4.5 out of 5 stars 28
    • ナレーション
      4.5 out of 5 stars 27
    • ストーリー
      4.5 out of 5 stars 27

    山本周五郎は「文学には“純”も“不純”もなく、“大衆”も“少数”もない。ただ“よい小説”と“わるい小説”があるばかりだ」を信念とし、普遍妥当性をもつ人間像の造形を生涯の目的とした作家で、時代小説を中心に沢山の作品を残しています。
     その作風は今なお古臭さを感じさせず、繊細に描かれた人の心の機微や人情に、思わず笑わされたり、胸を打たれたりする魅力に溢れています。

    <あらすじ>
    前職が辞任し、新しい町奉行に江戸から望月小平太が着任することとなった。
    しかし、予定の日になっても新任町奉行の望月は着任しなかった。書役が記すには、望月小平太の江戸での評判は悪く、武芸には長じているものの素行には問題があるという事らしい。しかし、その悪評は望月の着任が決まって間もなく広まったものであり、大目付であり、望月とも長年親しくしていた堀郷之介に頼んで、仕事をしやすくするために望月がわざと広めさせたものであった。
    望月は、博打、密売女、抜け荷の売買などが公然と行われ、長年悪徳の巣になっていた「濠外」の改革のために、腹をくくってその仕事に乗り出すのだった……

    <山本周五郎>
    1903~67年。小説家。山梨の生まれ。本名・清水三十六(さとむ)。名は生まれ年からつけられ、筆名は東京で徒弟として住み込んだ質屋「山本周

    価格: ¥ 2,000

    • 砦山の十七日

    • 著者: 山本 周五郎
    • ナレーター: 西村 健志
    • 再生時間: 1 時間 53 分
    • 完全版
    • 総合評価
      0 out of 5 stars 0
    • ナレーション
      0 out of 5 stars 0
    • ストーリー
      0 out of 5 stars 0

    <内容紹介>

    価格: ¥ 2,000

    • 金五十両

    • 著者: 山本 周五郎
    • ナレーター: 楠木 華子
    • 再生時間: 45 分
    • 完全版
    • 総合評価
      4.5 out of 5 stars 28
    • ナレーション
      5 out of 5 stars 24
    • ストーリー
      4.5 out of 5 stars 24

    山本周五郎は「文学には“純”も“不純”もなく、“大衆”も“少数”もない。ただ“よい小説”と“わるい小説”があるばかりだ」を信念とし、普遍妥当性をもつ人間像の造形を生涯の目的とした作家で、時代小説を中心に沢山の作品を残しています。
     その作風は今なお古臭さを感じさせず、繊細に描かれた人の心の機微や人情に、思わず笑わされたり、胸を打たれたりする魅力に溢れています。

    <あらすじ>
    梅雨時のある暮れ方のこと、宗吉という一人のみすぼらしい旅人が遠江のくに浜松の町はずれにある宿「柏屋」を訪れた。お滝という女中がしらが彼を受け持ったが、三日目の晩に宗吉は身の上を話し出した。
    彼は幼くして両親を亡くし、伯父夫婦に引き取られて、太物問屋に十年間勤めた。やがて伯父は亡くなり、宗吉の十年の勤めも終わったが、彼が十年貯めたはずの金はたったの三両ぽっちだった。それは何かと理由を付けて伯母のお鈴が持って行ったためだった。その後も彼は必死に働いたが、今度は番頭に抜け商いの濡れ衣を着せられ、身ぐるみを剥がされた上に、店から追い出されたのだった。恋仲だったはずのおたまさえも、信頼していた同僚の清吉に奪われ、何もかも失った宗吉は、野垂れ死にするまでの旅に出たのだという。自棄を起こして、あとは死ぬばかりという宗吉に、お滝は心づけを渡し、明日には宿賃を払ってここを出

    価格: ¥ 1,200

    • 尾花川

    • 著者: 山本 周五郎
    • ナレーター: 遠藤
    • 再生時間: 37 分
    • 完全版
    • 総合評価
      4 out of 5 stars 1
    • ナレーション
      4 out of 5 stars 1
    • ストーリー
      4 out of 5 stars 1

            山本周五郎は「文学には“純”も“不純”もなく、“大衆”も“少数”もない。ただ“よい小説”と“わるい小説”があるばかりだ」を信念とし、普遍妥当性をもつ人間像の造形を生涯の目的とした作家で、時代小説を中心に沢山の作品を残しています。 

    • 著者: 山本 周五郎
    • ナレーター: 遠藤
    • 再生時間: 37 分
    • 配信日: 2018/10/17
    • 4 out of 5 stars 1件のカスタマーレビュー

    価格: ¥ 500

    • 山本周五郎「かあちゃん」

    • 著者: 山本 周五郎
    • ナレーター: 遠藤
    • 再生時間: 1 時間 39 分
    • 完全版
    • 総合評価
      0 out of 5 stars 0
    • ナレーション
      0 out of 5 stars 0
    • ストーリー
      0 out of 5 stars 0

    <内容紹介> 山本周五郎は「文学には“純”も“不純”もなく、“大衆”も“少数”もない。ただ“よい小説”と“わるい小説”があるばかりだ」を信念とし、普遍妥当性をもつ人間像の造形を生涯の目的とした作家で、…

    価格: ¥ 1,100

    • 初蕾

    • 著者: 山本 周五郎
    • ナレーター: 遠藤
    • 再生時間: 1 時間 13 分
    • 完全版
    • 総合評価
      0 out of 5 stars 0
    • ナレーション
      0 out of 5 stars 0
    • ストーリー
      0 out of 5 stars 0

    <内容紹介>

    • 著者: 山本 周五郎
    • ナレーター: 遠藤
    • 再生時間: 1 時間 13 分
    • 配信日: 2019/01/18
    • レビューはまだありません。

    価格: ¥ 1,000

    • おたふく

    • 著者: 山本 周五郎
    • ナレーター: 楠木 華子
    • 再生時間: 1 時間 38 分
    • 完全版
    • 総合評価
      5 out of 5 stars 10
    • ナレーション
      4.5 out of 5 stars 9
    • ストーリー
      5 out of 5 stars 9

       山本周五郎は「文学には“純”も“不純”もなく、“大衆”も“少数”もない。ただ“よい小説”と“わるい小説”があるばかりだ」を信念とし、普遍妥当性をもつ人間像の造形を生涯の目的とした作家で、時代小説を中心に沢山の作品を残しています。 その作風は今なお古臭さを感じさせず、繊細に描かれた人の心の機微や人情に、思わず笑わされたり、胸を打たれたりする魅力に溢れています。 

    価格: ¥ 1,000

    • 著者: 山本 周五郎
    • ナレーター: 楠木 華子
    • 再生時間: 27 分
    • 完全版
    • 総合評価
      4 out of 5 stars 4
    • ナレーション
      4.5 out of 5 stars 4
    • ストーリー
      3.5 out of 5 stars 4

     山本周五郎は「文学には“純”も“不純”もなく、“大衆”も“少数”もない。ただ“よい小説”と“わるい小説”があるばかりだ」を信念とし、普遍妥当性をもつ人間像の造形を生涯の目的とした作家で、時代小説を中心に沢山の作品を残しています。 その作風は今なお古臭さを感じさせず、繊細に描かれた人の心の機微や人情に、思わず笑わされたり、胸を打たれたりする魅力に溢れています。 

    • 著者: 山本 周五郎
    • ナレーター: 楠木 華子
    • 再生時間: 27 分
    • 配信日: 2018/07/30
    • 4 out of 5 stars 4件のカスタマーレビュー

    価格: ¥ 1,000

    • 水戸梅譜

    • 著者: 山本 周五郎
    • ナレーター: 野口 晃
    • 再生時間: 56 分
    • 完全版
    • 総合評価
      5 out of 5 stars 32
    • ナレーション
      4.5 out of 5 stars 29
    • ストーリー
      4.5 out of 5 stars 29

    山本周五郎は「文学には“純”も“不純”もなく、“大衆”も“少数”もない。ただ“よい小説”と“わるい小説”があるばかりだ」を信念とし、普遍妥当性をもつ人間像の造形を生涯の目的とした作家で、時代小説を中心に沢山の作品を残しています。
     その作風は今なお古臭さを感じさせず、繊細に描かれた人の心の機微や人情に、思わず笑わされたり、胸を打たれたりする魅力に溢れています。

    <あらすじ>
    寛文五年の秋のある日、徳川光圀の元へ、士官を頼むために訪れた五百旗五郎兵衛という浪人がいた。執事の鈴木主税が応対し、銀子を渡して帰そうとしたが、ひどく落胆した五郎兵衛は庭を借りることを願い、そこで腹を切った。五郎兵衛が士官を頼む際に、己の技芸を申し立てず、自分に八つの子があり、その子と共にお役に立ちたい所存だと言っていたことを聞いた光圀は、自身の不明を悟り、五郎兵衛の遺族を探すが、見つからなかった。
     それから十六年後、水戸藩の行列について来ようとする、一人の旅姿の侍が現れるが、捕らえてその目的を糾明しようとしても、素早く逃げてしまう。その侍は五郎兵衛の息子だったのだが、彼の目的は……

    <山本周五郎>
    1903~67年。小説家。山梨の生まれ。本名・清水三十六(さとむ)。名は生まれ年からつけられ、筆名は東京で徒弟として住み込ん

    • 5 out of 5 stars
    • 感動‼︎

    • 投稿者: chuck 日付: 2018/03/09

    価格: ¥ 1,000

    • 山本周五郎「日日平安」

    • 著者: 山本 周五郎
    • ナレーター: テルヤン
    • 再生時間: 1 時間 49 分
    • 完全版
    • 総合評価
      5 out of 5 stars 1
    • ナレーション
      5 out of 5 stars 1
    • ストーリー
      4 out of 5 stars 1

    <内容紹介> 山本周五郎は「文学には“純”も“不純…

    価格: ¥ 1,200

表示 件 / ページ
  • 1
  • 2