最初の1冊は無料。今すぐ聴こう。

女は遊べ物語

著者: 司馬 遼太郎
ナレーター: 草尾 毅
再生時間: 59 分
カテゴリー: 時代小説
4.5 out of 5 stars (9件のカスタマーレビュー)

30日間の無料体験後は月額1,500円。いつでも退会できます。

OR

あらすじ・解説

「小説を書くようになっても、わたしは【日本とは何か】ということばかりを書き続けてきたように思います」司馬遼太郎さんが残した言葉です。

「女は遊べ物語」の主人公は伊藤七蔵政国。妻の浪費から大金持ちになった男のお話です。
七蔵の妻・小梅は大変な浪費家で、贅沢を繰り返す毎日でした。七蔵はそれを支えるため、武功をあげるために常に戦場で必死に手柄をたて続けます。
草尾毅さんの朗読でお送りします。 (全23巻)
ラジオ大阪

カスタマーレビュー

総合評価

  • 4.5 out of 5 stars
  • 星5つ
    6
  • 星4つ
    3
  • 星3つ
    0
  • 星2つ
    0
  • 星1つ
    0

ナレーション

  • 4.5 out of 5 stars
  • 星5つ
    5
  • 星4つ
    2
  • 星3つ
    0
  • 星2つ
    0
  • 星1つ
    0

ストーリー

  • 4.5 out of 5 stars
  • 星5つ
    4
  • 星4つ
    3
  • 星3つ
    0
  • 星2つ
    0
  • 星1つ
    0

カスタマーレビュー:以下のタブを選択することで、他のサイトのレビューをご覧になれます。

並べ替え:
絞り込み:
  • 総合評価
    5 out of 5 stars
  • ナレーション
    5 out of 5 stars
  • ストーリー
    5 out of 5 stars
  • yoshidasan
  • 2018/03/20

司馬遼太郎の短編でも白眉

史実の伊藤七蔵の活躍わずか数行の記述からよくぞここまで話を膨らませるものだと感心します。

悪妻版功名が辻とでも言うべき作品で、贅沢の限りを尽くす女房に振り回される様がユーモラスに描かれていますが織田家の武士の軍制や当時の風俗を織り交ぜて下級〜中級武士の暮らしぶりが活き活きと浮かんできます。
七蔵視点でチョイ役で登場する、どこまでも合理的な思考の信長と人たらしの秀吉の対比も印象深いです。

ユーモラスな夫婦描写が絵になるためかドラマ化舞台化が盛んな作品ですが、夫婦関係にスポットを当て過ぎるきらいがあり原作の切れ味が失われているようにも思われ、そう言った意味でもこの朗読版が一番のお気に入りです。