最初の1冊は無料。今すぐ聴こう。

斜陽

著者: 太宰 治
ナレーター: 楠木 華子
再生時間: 5 時間
価格: ¥ 3,000
30日間の無料体験後は月額1,500円。いつでも退会できます。

あらすじ・解説

<内容紹介>

日本が戦争で無条件降伏をした年の十二月。かず子と母は東京の西片町の家を捨てて、伊豆の山荘へ引っ越してきた。戦争が終わって世の中が変わったことで、貴族だったかず子の家の経済状況は途端に悪くなってしまい、それまで世話してくれていた叔父の勧めで決めたのであった。

母はかず子を大いに頼りにしていた。伊豆へ越す前夜、母は「かず子がいるから自分は伊豆へ行くのだ、かず子がいなければこのまま死んでしまいたい」と言い、激しく泣いた。それは夫を亡くした時も、かず子が嫁に行くときも見せたことの無かった弱々しい態度だった。

支え合いながら生き続ける二人であったが、伊豆に移り住んでからというもの、母の体調は日に日に悪くなり、やがて寝たきりでいるようになってしまう。

そんな中、戦地に赴いたまま生死不明になっていた弟の直治が帰還する。
母も直治の帰還を喜ぶが、彼は戻って以来、流行作家・上原のもとに入り浸って酒に溺れて遊び歩く日々を送るのだった……

戦後まもない激動の時代、滅びゆく人々と生きゆく人々を描いた太宰治の代表作。

<太宰治(だざい・おさむ)>

津軽の大地主の六男として生まれる。共産主義運動から脱落して遺書のつもりで書いた第一創作集のタイトルは「晩年」(昭和11年)という。この時、太宰は27歳だった。その後太平洋戦争に向う時期から戦争末期までの困難な間も妥協を許さない創作活動を続けた数少ない作家の一人である。戦後『斜陽』(昭和22年)は大きな反響を呼び、若い読者をひきつけた。
代表作に『人間失格』『走れメロス』『ヴィヨンの妻』などがある。
©2019 PanRolling

カスタマーレビュー

レビューはまだありません。