著者

夏目 漱石

(1867-1916)1867(慶応3)年、江戸牛込馬場下(現在の新宿区喜久井町)に生れる。 帝国大学英文科卒。松山中学、五高等で英語を教え、英国に留学した。留学中は極度の神経症に悩まされたという。帰国後、一高、東大で教鞭をとる。1905(明治38)年、『吾輩は猫である』を発表し大評判となる。 翌年には『坊っちゃん』『草枕』など次々と話題作を発表。1907年、東大を辞し、新聞社に入社して創作に専念。『三四郎』『それから』『行人』『こころ』等、日本文学史に輝く数々の傑作を著した。最後の大作『明暗』執筆中に胃潰瘍が悪化し永眠。享年50。

続きを読む 一部を表示

Audibleの会員ではありませんか?

無料体験後は月額1,500円。いつでも退会できます。

ベストセラー

    • 夏目漱石「こころ」

    • 著者: 夏目 漱石
    • ナレーター: 佐々木 健
    • 再生時間: 10 時間 5 分
    • 完全版
    • 総合評価
      4.5 out of 5 stars 33
    • ナレーション
      4.5 out of 5 stars 28
    • ストーリー
      4.5 out of 5 stars 27

    拭い去れない過去の罪悪感を背負ったまま、世間の目から隠れるように暮らす“先生”と“私”との交流を通して、人の「こころ」の奥底を、漱石が鋭い洞察と筆力によって描いた不朽の名作。過去に縛られ、悔やみ、激しい葛藤のなかで身動きのとれなくなった“先生”の人生の様はあなたに何を訴えかけるだろうか。人は弱いものなのか…、シンプルでもありまた不可解でもある人の「こころ」の

    • 5 out of 5 stars
    • 文体に合った、落ち着いたナレーション

    • 投稿者: 矢崎ひかり 日付: 2018/05/01

    価格: ¥ 3,500

    • 吾輩は猫である

    • 著者: 夏目 漱石
    • ナレーター: 渡辺 知明
    • 再生時間: 19 時間 28 分
    • 完全版
    • 総合評価
      4 out of 5 stars 14
    • ナレーション
      4.5 out of 5 stars 9
    • ストーリー
      4.5 out of 5 stars 10

    一匹の猫の目を通して人間社会を風刺的に描き、世代を超えて読み継がれている名作。
    『吾輩は猫である』は明治38年(1905年)に発表された夏目漱石による最初の長編小説であり、「吾輩は猫である。名前はまだ無い。」の書き出しであまりに有名な作品である。
    “先生""の家に住みついた猫“吾輩""の視点から観察される苦沙弥先生ら滑稽な人間たちの様子は、朗読でこそ、また新たな楽しみを

    • 5 out of 5 stars
    • やはり、名作

    • 投稿者: Amazonのお客様 日付: 2018/07/23

    価格: ¥ 4,500

    • 草枕

    • 著者: 夏目 漱石
    • ナレーター: 佐々木 健
    • 再生時間: 5 時間 11 分
    • 完全版
    • 総合評価
      4.5 out of 5 stars 7
    • ナレーション
      4.5 out of 5 stars 6
    • ストーリー
      4 out of 5 stars 6

    日露戦争の最中に温泉地を訪れた青年画家を通して、 芸術のあり方を模索した初期の代表作 『草枕』は明治39年(1906年)に発表された熊本県玉名市小天(ルビ:おあま)温泉を舞台にした中編小説であり、『吾輩は猫である』『坊っちゃん』と並ぶ初期の代表作。 「智に働けば角(かど)が立つ。情に棹(さお)させば流される。意地を通せば窮屈だ。兎角(とかく)に人の世は住みにくい。」という書き出しで有

    • 著者: 夏目 漱石
    • ナレーター: 佐々木 健
    • 再生時間: 5 時間 11 分
    • 配信日: 2016/08/19
    • 4.5 out of 5 stars 7件のカスタマーレビュー

    価格: ¥ 3,000

    • 夏目漱石「坊ちゃん」

    • 著者: 夏目 漱石
    • ナレーター: 中島 定吉
    • 再生時間: 5 時間 32 分
    • 完全版
    • 総合評価
      4.5 out of 5 stars 18
    • ナレーション
      4.5 out of 5 stars 17
    • ストーリー
      4.5 out of 5 stars 17

    子供のころから無鉄砲な坊っちゃんが四国の旧制中学校に数学の教師として赴任します。着任早々、校長には狸、教頭には赤シャツ、画学の教師には野だいこ、英語の教師にはうらなり、数学の主任教師には山嵐と勝手にあだ名をつけ大騒動を繰り広げます。 曲がったことが大嫌いな『坊ちゃん』の痛快な物語をオーディオブックでお楽しみください。また違った味わいがあります。(C)青空文庫

    • 5 out of 5 stars
    • 名作と言われながら読んだことなかった

    • 投稿者: りんまま 日付: 2019/04/21

    価格: ¥ 3,000

    • 明暗

    • 著者: 夏目 漱石
    • ナレーター: 寺川 府公子
    • 再生時間: 19 時間 37 分
    • 完全版
    • 総合評価
      5 out of 5 stars 4
    • ナレーション
      4.5 out of 5 stars 4
    • ストーリー
      4 out of 5 stars 4

    明治期の文学者、夏目漱石の未完の長編小説。 初出は「東京朝日新聞」「大阪朝日新聞」[1916(大正5)年]。漱石の死によって中断した。わずか十日ほどの時間の出来事を書いて、未完でありながら漱石最大の長編となった。主人公津田を中心に、わずかな期間におけるごく狭く平凡な生活の中に多くの登場人物を配置し、これまで漱石が主題としてきた社会、家族、愛、金銭、我執、孤独などを構造的に取り込んだ漱石文学の集大成。 

    • 5 out of 5 stars
    • コイン制度

    • 投稿者: くま 日付: 2019/04/16
    • 著者: 夏目 漱石
    • ナレーター: 寺川 府公子
    • 再生時間: 19 時間 37 分
    • 配信日: 2018/08/26
    • 5 out of 5 stars 4件のカスタマーレビュー

    価格: ¥ 4,600

    • 吾輩は猫である

    • 著者: 夏目 漱石
    • ナレーター: 田中 尋三
    • 再生時間: 21 時間 34 分
    • 完全版
    • 総合評価
      4 out of 5 stars 10
    • ナレーション
      4 out of 5 stars 9
    • ストーリー
      4 out of 5 stars 9

    約100年前の作品が今なお日本人の心をとらえて放しません。 露戦争前後の風俗を背景に、高校の英語教師宅に飼われる名無しの猫の視点で描き出される人間喜劇と、痛烈な社会批判。飼い主の教師・苦沙弥先生、友人の美学者・迷亭、物理学者・寒月、その他続々登場する人々もこぞって秀逸で、現代人も抱腹絶倒間違いなし! 朗読の田中尋三は、多数のキャラクターを演じ分けて名作を生き生きと現代に蘇らせます。 総時間21時間

    • 5 out of 5 stars
    • 令和に読み直したい名作!

    • 投稿者: About Me 日付: 2019/06/19

    価格: ¥ 4,500

    • 夏目漱石「三四郎」

    • 著者: 夏目 漱石
    • ナレーター: 佐々木 健
    • 再生時間: 9 時間 22 分
    • 完全版
    • 総合評価
      4.5 out of 5 stars 19
    • ナレーション
      4.5 out of 5 stars 16
    • ストーリー
      4.5 out of 5 stars 16

    「我はわが愆を知る。わが罪は常にわが前にあり」 美禰子 『三四郎』は明治42年(1909年)に発表された夏目漱石の長編小説であり、続いて書かれた『それから』、『門』とあわせて前期三部作と呼ばれる作品である。 大学進学のために熊本から上京した三四郎は、見る物聞く物すべてが目新しい世界に戸惑いながら、故郷、学問、恋愛、というそれぞれの「世界」に、身を置いていることに気が付く。自由気侭な都会

    • 5 out of 5 stars
    • 感動しました

    • 投稿者: エミ 日付: 2018/07/26

    価格: ¥ 3,500

    • 道草

    • 著者: 夏目 漱石
    • ナレーター: 石川 悦子
    • 再生時間: 9 時間 28 分
    • 完全版
    • 総合評価
      5 out of 5 stars 2
    • ナレーション
      5 out of 5 stars 2
    • ストーリー
      5 out of 5 stars 2

    明治期の文学者、夏目漱石の長編小説。 

    初出は「東京朝日新聞」「大阪朝日新聞」[1915(大正4)年]。完成された最後の作品。

    健三という知識人の主人公は夫婦関係や養父母との金銭のからんだ葛藤から神経衰弱になる。金銭問題が片付いたあとも「世の中に片付くなんてものは殆んどありゃしない」と苦々しく言う。イギリス留学から帰国して「吾輩は猫である」を書くころまでの漱石自身の身辺に起こった出来事を題材としていることから、もっとも自伝的要素の強い作品といわれる。

    • 著者: 夏目 漱石
    • ナレーター: 石川 悦子
    • 再生時間: 9 時間 28 分
    • 配信日: 2018/08/26
    • 5 out of 5 stars 2件のカスタマーレビュー

    価格: ¥ 3,500

    • 虞美人草

    • 著者: 夏目 漱石
    • ナレーター: 石川 悦子
    • 再生時間: 12 時間 32 分
    • 完全版
    • 総合評価
      5 out of 5 stars 6
    • ナレーション
      4 out of 5 stars 6
    • ストーリー
      5 out of 5 stars 6

    明治期の文学者、夏目漱石の長編小説。 

    初出は「東京朝日新聞」「大阪朝日新聞」[1907(明治40)年]。1907年、漱石は小説家として生きる決意を固め、東京帝国大学を辞職して朝日新聞社に入社した。この作品は入社後はじめての新聞連載小説。誇り高い自我を持つヒロイン藤尾は親の決めた相手ではない男と結婚しようとするが、義理の兄が道義を守らせるために画策する。誇りを傷つけられた藤尾は自殺する。藤尾に象徴される近代文明を批判した作品とされるが、「悪」としての藤尾の人気は連載当時から高く、虞美人草ドレスという商品まで現れる社会現象となった。

    • 4 out of 5 stars
    • 心の動き

    • 投稿者: ceptor 日付: 2018/11/07

    価格: ¥ 3,500

    • それから

    • 著者: 夏目 漱石
    • ナレーター: 西村 健志
    • 再生時間: 10 時間 41 分
    • 完全版
    • 総合評価
      4.5 out of 5 stars 17
    • ナレーション
      4.5 out of 5 stars 15
    • ストーリー
      4.5 out of 5 stars 15

    明治後期の東京を舞台に、高等遊民・代助の煩悶を描く
    日本文学最高峰の純愛小説

    <あらすじ>
    長井代助は一軒家を構えて書生の門野を置き、父親の援助で高等遊民として、悠々自適の日々を送っていた。生家が事業で財を成したことに甘えて、代助は卒業後も職に就こうとせず、世間とは距離を置いて暮らしていた。そうした態度を父の得に咎められ、佐川という財閥の令嬢との結婚を勧められるが

    価格: ¥ 3,500

作家さんですか?

この著者ページは、著者ご自身が「Amazon著者セントラル」から更新することができます。著者紹介文や写真の追加、作品一覧の更新など行っていただき、本著者ページの充実にご協力ください。