最初の1冊は無料。今すぐ聴こう。

30日間の無料体験後は月会費1,500円。いつでも退会できます。

OR
カートに追加済み

あらすじ・解説

船場の旧家、蒔岡家の四姉妹、鶴子、幸子、雪子、妙子。
父は既に他界し、蒔岡家の全盛は過ぎ、衰えつつあった。

長女の鶴子は婿入りの当主と本家で暮らし、
次女以下の3人は、阪急蘆屋川の分家――幸子の家で生活するのが常となっていた。

幸子夫婦の気がかりは、三女雪子と四女妙子の将来についてだった。

雪子は三十歳になるが、未だ“娘さん”だった。
とはいえ大きな問題を抱えていたからというわけではなく、
大きな原因は、家名にふさわしい相手をという選り好みと、
当人の日本趣味で引っ込み思案な性質にあった。

一方で妙子は奔放で、幼なじみとの色恋沙汰で新聞を賑わせたほどだった。
芸術趣味の彼女には独創の才があり、個展を開くほどになっていた。
金回りも良く、また騒ぎとなった幼なじみとはまだ交際を続けてはいたが、
姉である雪子より先に結婚してはと慮り、現在の関係に留まっていた。

対照的な未婚の妹たち。
幸子の知人友人たちも気をまわし、雪子に縁談を持ちかけてきてはくれるものの、
なかなか良縁には巡り合えない……。

昭和初期という激動の時代のなか、上流階級の日々は流れる。
結婚問題、外国人家族との交流、病気、災害……。
ときに緩やかに、ときに激しく移り変わってゆく、蒔岡家の日常――。

阪神間モダニズム時代の上流大阪人の生活を描いた、谷崎潤一郎の代表作。

谷崎潤一郎
1886年(明治19年)東京日本橋で生まれる。家業が傾き、住み込みで書生となり家庭教師をしながら学業に専念。1908年に東京帝国大学国文科に入学。1910年大貫晶川、小泉鉄らと第2次『新思潮』を創刊、『誕生』や『刺青』などを発表。1911年授業料未納のため退学。1915年 石川千代と結婚、1930年離婚。関東大震災後は関西へ移住し『吉野葛』『春琴抄』を発表。 1931年 古川丁未子と結婚、1934年離婚。1935年森田松子と結婚。1959年 右手に麻痺症状が出て、口述筆記にり執筆。1965年79歳で死去。
©2021 PanRolling

同じ著者・ナレーターの作品

細雪に寄せられたリスナーの声

カスタマーレビュー:以下のタブを選択することで、他のサイトのレビューをご覧になれます。

レビューはまだありません。