著者

太宰 治

(1909-1948)青森県金木村(現・五所川原市金木町)生れ。本名は津島修治。東大仏文科中退。 在学中、非合法運動に関係するが、脱落。酒場の女性と鎌倉の小動崎で心中をはかり、ひとり助かる。1935(昭和10)年、「逆行」が、第1回芥川賞の次席となり、翌年、第一創作集『晩年』を刊行。この頃、パビナール中毒に悩む。1939年、井伏鱒二の世話で石原美知子と結婚、平静をえて「富嶽百景」など多くの佳作を書く。戦後、『斜陽』などで流行作家となるが、『人間失格』を残し山崎富栄と玉川上水で入水自殺。

続きを読む 一部を表示

Audibleの会員ではありませんか?

無料体験後は月額1,500円。いつでも退会できます。

ベストセラー

    • 人間失格

    • 著者: 太宰 治
    • ナレーター: 福士 秀樹
    • 再生時間: 3 時間 48 分
    • 完全版
    • 総合評価
      4.5 out of 5 stars 21
    • ナレーション
      4.5 out of 5 stars 17
    • ストーリー
      4.5 out of 5 stars 18

    他人を、自分を、欺き、道化となり生きてきた男は、しかし・・・ 数多い作品の中で、太宰治が自らのために書いたといわれている本著は、内面的真実の精神的自叙伝とも評されている。昔読んだ方も、ぜひ、もう一度。

    • 著者: 太宰 治
    • ナレーター: 福士 秀樹
    • 再生時間: 3 時間 48 分
    • 配信日: 2015/09/10
    • 4.5 out of 5 stars 21件のカスタマーレビュー

    価格: ¥ 2,500

    • 斜陽

    • 著者: 太宰 治
    • ナレーター: 澤田 雅世
    • 再生時間: 6 時間 21 分
    • 完全版
    • 総合評価
      5 out of 5 stars 5
    • ナレーション
      5 out of 5 stars 4
    • ストーリー
      4.5 out of 5 stars 4

    美しい、本物の貴族であるお母さまは病んで死に向かいつつある。弟の直治は出征し、無事南方から戻ったものの心は荒んでいく。かず子は新しい時代を生きるべく、自分なりのたくましさを身につけていく…… 演出=水城雄。(C)アイ文庫 【演出・朗読者について】 若さに似合わない落ち着きと品のある読みがこの作品にぴったり、と抜擢された澤田雅世。同性の一人語り文体、しかも語り手と同世代という、(一見あっていると

    • 著者: 太宰 治
    • ナレーター: 澤田 雅世
    • 再生時間: 6 時間 21 分
    • 配信日: 2015/06/22
    • 5 out of 5 stars 5件のカスタマーレビュー

    価格: ¥ 3,000

    • No Longer Human

    • 著者: Osamu Dazai
    • ナレーター: David Shih
    • 再生時間: 4 時間 13 分
    • 完全版
    • 総合評価
      4 out of 5 stars 1
    • ナレーション
      4 out of 5 stars 1
    • ストーリー
      5 out of 5 stars 1

    Portraying himself as a failure, the protagonist of No Longer Human narrates a seemingly normal life, even while he feels himself incapable of understanding human beings....

    • 4 out of 5 stars
    • 太宰治を英語で聴く

    • 投稿者: 春夏秋冬 日付: 2019/03/11

    価格: ¥ 2,100

    • 富嶽百景

    • 著者: 太宰 治
    • ナレーター: 杉村 理加
    • 再生時間: 55 分
    • 完全版
    • 総合評価
      5 out of 5 stars 1
    • ナレーション
      5 out of 5 stars 1
    • ストーリー
      5 out of 5 stars 1

    「無頼派」「新戯作派」の破滅型作家を代表する昭和初期の小説家、太宰治による代表作のひとつ。 

    初出は「文化」[1939(昭和14)年]。

    東京での生活に傷ついた「私」が井伏氏の待つ富士山麓へと行くという物語。「私」はあまりにも俗な富士に辟易しながらも、そこでの人々との交流を通して少しづつ心を開いていく。井伏鱒二の勧めで御坂峠の天下茶屋に行ったことや石原美知子と見合いをしたことなど、太宰が1938年に実体験した出来事が素材となった作品。

    価格: ¥ 500

    • 走れメロス

    • 著者: 太宰 治
    • ナレーター: 清水 秀光
    • 再生時間: 41 分
    • 完全版
    • 総合評価
      0 out of 5 stars 0
    • ナレーション
      0 out of 5 stars 0
    • ストーリー
      0 out of 5 stars 0

    「メロスには政治がわからぬ。けれども邪悪に対しては、人一倍に敏感であった」 メロスは邪智暴虐の王を除かなければならぬと決意する。信実とは空虚な妄想であるという王を見返すために、そして自分を信じて身代わりになっている無二の友の命を救うために己の命を賭けて走る!メロスは日暮れまでに間に合うのか!?信頼すること、信頼にこたえること、大切なことがここにあります。太宰治による短編小説『走れメロス』をオーディ

    価格: ¥ 500

    • 伊藤綾子朗読「走れメロス」

    • 著者: 太宰 治
    • ナレーター: 伊藤 綾子
    • 再生時間: 40 分
    • 完全版
    • 総合評価
      4 out of 5 stars 5
    • ナレーション
      4.5 out of 5 stars 5
    • ストーリー
      4 out of 5 stars 5

    太宰治の名著「走れメロス」を、フリー・アナウンサー伊藤綾子が朗読する。

    • 5 out of 5 stars
    • 少し残念

    • 投稿者: ニート・スカイウォーカー 日付: 2018/03/18

    価格: ¥ 1,500

    • トカトントン

    • 著者: 太宰 治
    • ナレーター: 中島 定吉
    • 再生時間: 50 分
    • 完全版
    • 総合評価
      4.5 out of 5 stars 3
    • ナレーション
      4.5 out of 5 stars 3
    • ストーリー
      4.5 out of 5 stars 3

    トカトントン、というのは金槌の音です。「何か物事に感激し、奮い立とうとすると、どこからとも無く、幽かに、トカトントンとあの金槌の音が聞えて来て、とたんに私はきょろりとなり、眼前の風景がまるでもう一変してしまって、映写がふっと中絶してあとにはただ純白のスクリンだけが残り、それをまじまじと眺めているような、何ともはかない、ばからしい気持になるのです…」 主人公の青年はその悩みを書簡という形で某作家に打

    価格: ¥ 510

    • 美少女

    • 著者: 太宰 治
    • ナレーター: 佐々木 健
    • 再生時間: 23 分
    • 完全版
    • 総合評価
      4 out of 5 stars 3
    • ナレーション
      4.5 out of 5 stars 3
    • ストーリー
      3.5 out of 5 stars 3

    この『美少女』は、太宰自身の体験がもとになったエッセイのような私小説です。甲府盆地特有の猛烈な暑さに悩まされていた太宰は、甲府市近郊にある湯村温泉街(実在)の大衆浴場に、奥さんに誘われ、一緒に行くことに。すると、そこの温泉に美少女が!、というお話。 湯村の温泉に集まる人々とのふれあい(太宰は温泉での世間話に馴染めませんが…)、少女を見る太宰の優しい(?)視線…。ちょっとした日常風景を、ユーモアを交

    • 著者: 太宰 治
    • ナレーター: 佐々木 健
    • 再生時間: 23 分
    • 配信日: 2015/07/09
    • 4 out of 5 stars 3件のカスタマーレビュー

    価格: ¥ 500

    • お伽草紙

    • 著者: 太宰 治
    • ナレーター: 窪田 涼子
    • 再生時間: 4 時間 26 分
    • 完全版
    • 総合評価
      4 out of 5 stars 1
    • ナレーション
      4 out of 5 stars 1
    • ストーリー
      5 out of 5 stars 1

    戦時下、防空壕の中で子どもをなだめるために絵本を読んでやる父。しかしその胸のうちには、単なる昔話ではすまないドラマが生まれていた。太宰流に料理された「瘤取り」「浦島さん」「カチカチ山」「舌切雀」は、ユーモアとそこはかとない哀しみに彩られ、まさに絶品。演出=水城雄。(C)アイ文庫 【演出・朗読者について】 可愛い顔に似合わず鋭い批評眼の持ち主、窪田涼子が大いに気に入り、時間をかけて取り組みました。

    • 4 out of 5 stars
    • 太宰のユーモアは大好きです

    • 投稿者: mof 日付: 2018/12/26
    • 著者: 太宰 治
    • ナレーター: 窪田 涼子
    • 再生時間: 4 時間 26 分
    • 配信日: 2015/06/24
    • 4 out of 5 stars 1件のカスタマーレビュー

    価格: ¥ 2,500

    • 走れメロス

    • 著者: 太宰 治
    • ナレーター: 平川 正三
    • 再生時間: 36 分
    • 完全版
    • 総合評価
      0 out of 5 stars 0
    • ナレーション
      0 out of 5 stars 0
    • ストーリー
      0 out of 5 stars 0

    薬物中毒、酒浸り、借金地獄の日々のなか自殺未遂を繰り返し、最後は愛人と玉川上水で心中した太宰治の遺した作品が、教科書に繰り返し乗っている不思議も、聞けば、わかる。信頼と友情の重さ、そしてそれにとどまらない小暗い深み。この短編に、どれだけの人がどれほどの影響を受けてきたことだろう。近代文学の傑作。

    価格: ¥ 800

作家さんですか?

この著者ページは、著者ご自身が「Amazon著者セントラル」から更新することができます。著者紹介文や写真の追加、作品一覧の更新など行っていただき、本著者ページの充実にご協力ください。