最初の1冊は無料。今すぐ聴こう。

30日間の無料体験後は月額1,500円。いつでも退会できます。

OR
カートに追加済み

あらすじ・解説

累計部数600万部以上!「斜陽」「ヴィヨンの妻」「走れメロス」に並ぶ

太宰治の代表作が遂にオーディオブックで登場。



人と違う感覚を持ち、本当の自分を誰にもさらけ出せないまま波瀾の人生を歩んでいく男の半生を当人の視点で描く、

著者の自伝的な小説とも「遺書」とも言われる名作を、じっくりと音声でお楽しみください。



本作品は、1948年に連載小説として発表された太宰治の代表作であり、

同年、連載最終回の掲載を待たずに自殺した太宰の、最後の完結作です。



主人公である「自分」は人と違う感覚を持っており、

本当の自分を他人に見せることができないまま、幼年期から青年期へと歳を重ねていきます。



多くの女性と関係をもち、酒、煙草、さらには薬物へと手を伸ばした「自分」は、

次第に混乱し、人としての道を踏み外していき・・・



破滅的な人生へと堕ちていく男の半生を、当人の手記として描く本作品は、

耳元で展開するオーディオブックでじっくりとお聴きいただくことで、

より深く、リアルな物語として味わっていただけることでしょう。
(C)2014 オトバンク

人間失格に寄せられたリスナーの声

総合評価
  • 3.5 out of 5 stars
  • 星5つ
    0
  • 星4つ
    1
  • 星3つ
    2
  • 星2つ
    0
  • 星1つ
    0
ナレーション
  • 4 out of 5 stars
  • 星5つ
    0
  • 星4つ
    3
  • 星3つ
    0
  • 星2つ
    0
  • 星1つ
    0
ストーリー
  • 3.5 out of 5 stars
  • 星5つ
    0
  • 星4つ
    1
  • 星3つ
    2
  • 星2つ
    0
  • 星1つ
    0

カスタマーレビュー:以下のタブを選択することで、他のサイトのレビューをご覧になれます。

レビューはまだありません。