最初の1冊は無料。今すぐ聴こう。

30日間の無料体験後は月額1,500円。いつでも退会できます。

OR
カートに追加済み

あらすじ・解説

閉塞した現代の中で、人々はどう生きていくべきか?初期仏教の大家、スマナサーラ長老と精神科医・香山リカが議論します。二人の専門家が導いた、生きるために最も大切なこととは?


上座仏教長老のスマナサーラさんと精神科医の香山リカさんが対談。

仏教の思考などは知らない人には一見奇妙に見えるかも知れませんが仏教の教えはとても理にかなった考えで、考えさせられる物がたくさんあります。

「妄想は罪である」とは仏教の教えであります。
妄想というのは、人間の欲、怒り、嫉妬、憎しみなどから生まれ、肉体的にも変化をもたらし大変危険なものとされています。

長老のスマナサーラさんは
「生きるということは、死ぬ瞬間までを生きる。だから生きているのがつらいというのは初めから当たり前だ」
と言っています。
つまり、苦労をせずに生きている人などこの世に存在しないということになります。

生きている事に疑問を感じている現代人の方は、ぜひ「生きる勉強」をしてみてはいかがでしょうか?
(C)2011 サンガ、オトバンク

生きる勉強に寄せられたリスナーの声

総合評価
  • 4.5 out of 5 stars
  • 星5つ
    4
  • 星4つ
    2
  • 星3つ
    1
  • 星2つ
    0
  • 星1つ
    0
ナレーション
  • 4 out of 5 stars
  • 星5つ
    2
  • 星4つ
    2
  • 星3つ
    2
  • 星2つ
    0
  • 星1つ
    0
ストーリー
  • 4.5 out of 5 stars
  • 星5つ
    3
  • 星4つ
    2
  • 星3つ
    1
  • 星2つ
    0
  • 星1つ
    0

カスタマーレビュー:以下のタブを選択することで、他のサイトのレビューをご覧になれます。

並べ替え:
絞り込み:
  • 総合評価
    5 out of 5 stars
  • ナレーション
    5 out of 5 stars
  • ストーリー
    5 out of 5 stars
  • オレンジ
  • 2020/05/22

スリランカ

スリランカに精神科医が少ない理由は単にテーラワーダ仏教の働きだけなのだろうか。都市化とか経済の状況との関係も知りたい。