最初の1冊は無料。今すぐ聴こう。

サンショウウオの明るい禅

著者: 玄侑 宗久
ナレーター: 渡辺 博之
再生時間: 4 時間 33 分
カテゴリー: 宗教・哲学
4.5 out of 5 stars (6件のカスタマーレビュー)

30日間の無料体験後は月額1,500円。いつでも退会できます。

OR
カートに追加済み

あらすじ・解説

芥川賞作家でもある著者の、禅的生活のエッセイ集。独特の視点で語られる「禅の世界」を味わってみませんか?


この本は、臨済宗妙心寺派福聚寺の副住職であり、芥川賞作家でもある玄侑和尚が雑誌・新聞等に掲載した短いエッセイをまとめたものです。

以前訪れた動物園の水槽で、ヌボーッと佇んでいたサンショウウオ。
その何をするでもないが、仄かな明るさを纏った彼(彼女?)の姿と、
「八風吹けど動ぜず」という禅の言葉が、和尚の中でリンクしたのです。
それ以来、和尚の中にはある種憧れのようなサンショウウオが一匹住み始めました。

もうひとつ禅の言葉で、「放下(ほうげ)」というものがあります。
一瞬ごとに「今」という一瞬が死に、新しく次の「今」という一瞬がやってくる。
悲しみや怒りの時間を捨て、新たに展開した笑顔の時間を人は生きるのです。

和尚は、「新しい一瞬一瞬を重ね塗りせず生きていくから、
いつまでたってもその色合いは鮮やかであり、明るい」と説きます。

自分だけのサンショウウオを飼いながら、人生をゆらり、どっしり、たまにはテキパキと、鼻歌でも歌いながら明るい人生を過ごしましょう。
(C)2008 海竜社、オトバンク

カスタマーレビュー

総合評価

  • 4.5 out of 5 stars
  • 星5つ
    3
  • 星4つ
    2
  • 星3つ
    1
  • 星2つ
    0
  • 星1つ
    0

ナレーション

  • 4 out of 5 stars
  • 星5つ
    2
  • 星4つ
    2
  • 星3つ
    2
  • 星2つ
    0
  • 星1つ
    0

ストーリー

  • 4 out of 5 stars
  • 星5つ
    2
  • 星4つ
    3
  • 星3つ
    1
  • 星2つ
    0
  • 星1つ
    0

カスタマーレビュー:以下のタブを選択することで、他のサイトのレビューをご覧になれます。

レビューはまだありません。