今だけ2か月無料キャンペーン実施中。

2か月間の無料体験後は月額1,500円。いつでも退会できます。

OR
カートに追加済み

あらすじ・解説

◆「煩悩」は悪いことか?
みなさん「煩悩と聞いてどんなイメージを持ちますか?」

「もっともっとお金を稼ぎたい」
「旨いメシをたらふく食いたい」

これらは立派な煩悩です。
「○○したい」というのはすべて煩悩。

ほかにも
怒り、妬み、うぬぼれ、などなど
数にして「108」あると言われています。

煩悩はどうやら悪いことのようです。
だから、書店では「煩悩を消す方法」を説いた書籍を
よく見かけます。

「煩悩を消す」ことができるのでしょうか?

結論から言って・・・無理です。
なぜならば、煩悩を消すイコール悟りを開くこと。
ハッキリ言えば、「死ぬこと」でしか
煩悩からは解放されません。


●ある老人ホームでのエピソード。

「屋上で草花を楽しめるようにと、プランターに苗を植えたのですが
どなたも関心を示さないんですよ」

朝夕に水をやって素敵な花を咲かせる。
あるいは野菜を育てて収穫する。

「花を咲かせたい」「収穫を楽しみたい」
という原動力は「欲」です。
煩悩です。

ところが、この老人ホームに入居していらっしゃる方々の多くは
その「欲」がない。。
関心そのものがないのです。


●煩悩は「生命力」だ!
欲も関心事も加齢に反比例していきます。
これを「老いる」と言うのでしょう。
老いにつれて、煩悩の業火も弱まっていきます。

言い換えれば「煩悩は生命力」ということになります。
生命力と表裏一体なのです。

「成功したい」
「お金を稼ぎたい」」

こんな「こうしたい、ああしたい」に
突き動かされるあなたはぜひ
自分を奮い立たせるために煩悩をフルに活用してください。

「生きる」とは、煩悩を相棒とし、
「煩悩と二人三脚」で歩くことを言うのです。。

煩悩を肯定し、自分の手のひらで転がしてこそ、
人生の楽しみがある、ということなのです。

本書は人生における
最良のガイドとなるでしょう。
(C)Tadashi Mukaidani 2014  (P) 2017 Audible, Inc.

煩悩バンザイ!に寄せられたリスナーの声

総合評価
  • 4.5 out of 5 stars
  • 星5つ
    4
  • 星4つ
    0
  • 星3つ
    1
  • 星2つ
    0
  • 星1つ
    0
ナレーション
  • 4.5 out of 5 stars
  • 星5つ
    2
  • 星4つ
    1
  • 星3つ
    0
  • 星2つ
    0
  • 星1つ
    0
ストーリー
  • 5 out of 5 stars
  • 星5つ
    3
  • 星4つ
    0
  • 星3つ
    0
  • 星2つ
    0
  • 星1つ
    0

カスタマーレビュー:以下のタブを選択することで、他のサイトのレビューをご覧になれます。

レビューはまだありません。