最初の1冊は無料。今すぐ聴こう。

子どもをのばすアドラーの言葉 子育ての勇気

著者: 岸見 一郎
ナレーター: 植山 顕照
再生時間: 2 時間 24 分
カテゴリー: 学習・教育
4 out of 5 stars (72件のカスタマーレビュー)

30日間の無料体験後は月額1,500円。いつでも退会できます。

OR
カートに追加済み

あらすじ・解説

親子関係に効くアドラー哲学 アドラー心理学研究の第一人者にして大ベストセラー『嫌われる勇気』著者・岸見一郎氏による、 子どもとよりよい関係を築くためのアドラー哲学が凝縮された一冊。 
 

もくじ 

第1章 叱らない、

ほめない子育て られてばかりのスケールの小さい子 

誰もがやさしい言葉をかけてくれるとは限らない 

親とて子どもの人生を決められない 

ありのままの子どもを見よう 

子どもが失敗した時は子どもが責任を取る 

いつか親のもとを離れていく子どもたちへ 

見ている人がいるからゴミを拾うのか? 

無視されるよりられた方がまし 

子どものことは親が一番よく知っているという思い込み 

「悪い親」がいるのではない、「下手な親」がいるのだ 

体罰に正義など何もない  
 

第2章 勉強ができる子、できない子

知らないことを知る喜び 

勉強がつらいとやめてしまう子、続けられる子 

たしかに入試は競争だが、仲間もつくれる 

医学部の勉強は入学してからが本当に大変 

明日からダイエット! そんなセリフは聞き飽きた? 

勉強は家事の手伝いより大切か? 

受験生だからといって家族の中で特別視しない 

子どもを上から目線で見ない 

もしもゲームをしなければもっといい成績が取れたのに!? 

子どもにイライラしたら見ないようにする 

教科を教えるのではなく、教科で教える  

第3章 一生強く生きられる勇気づけ 

自分にはできないと思い込まない 

援助は受けるだけでなく与えてこそ喜びとなる 

メダルを取れなかったら、謝るのか 

神に呼ばれたシュバイツァー 

子どもの長所に光を当てよう 

自分には価値がある、と思えるか 

尊敬される十一歳の偉大な指揮者 

劣等感は今の自分より前に進む原動力 

地道な努力をしない成功は、すぐ失われる 

子どもが自分自身の判断で、子どもの人生を決める

©岸見 一郎、幻冬舎 (P)2018 Audible, Inc.

カスタマーレビュー

総合評価

  • 4 out of 5 stars
  • 星5つ
    32
  • 星4つ
    21
  • 星3つ
    12
  • 星2つ
    6
  • 星1つ
    1

ナレーション

  • 4 out of 5 stars
  • 星5つ
    24
  • 星4つ
    17
  • 星3つ
    6
  • 星2つ
    2
  • 星1つ
    5

ストーリー

  • 4 out of 5 stars
  • 星5つ
    24
  • 星4つ
    14
  • 星3つ
    8
  • 星2つ
    5
  • 星1つ
    2

カスタマーレビュー:以下のタブを選択することで、他のサイトのレビューをご覧になれます。

並べ替え:
絞り込み:
  • 総合評価
    5 out of 5 stars
  • ナレーション
    5 out of 5 stars
  • ストーリー
    4 out of 5 stars
  • たか
  • 2018/09/28

もっと早く出会いたかった

4児の父親として、今まで色んな子育て本を見てきたが、親としての心構えを変える上では1番良い本だと思います。
もっと早く知りたかったな。

2人中2人のお客様がこのレビューが参考になったと答えています。

  • 総合評価
    4 out of 5 stars
  • ナレーション
    5 out of 5 stars
  • ストーリー
    3 out of 5 stars
  • Xiang
  • 2019/01/24

子どもへの接し方が分からない親は聴いた方がいい

叱らず、誉めず、尊敬する。あとは子どもの課題に干渉しない。

なぜ子どもが親を困らせるようなことをするのか?そして親はどのように対処すればいいのかが分かります。

1人中1人のお客様がこのレビューが参考になったと答えています。

  • 総合評価
    2 out of 5 stars
  • ナレーション
    1 out of 5 stars
  • ストーリー
    4 out of 5 stars
  • Amazon Customer
  • 2018/11/01

ナレーション棒読み

ナレーション棒読み、内容は同じ事の繰り返しがおおい。

1人中1人のお客様がこのレビューが参考になったと答えています。

  • 総合評価
    4 out of 5 stars
  • ナレーション
    4 out of 5 stars
  • ストーリー
    3 out of 5 stars
  • Amazonのお客様
  • 2019/10/16

考え方の転換

子どもを叱ろうとする自分、子どもに怒ってしまいそうになる自分が嫌になり視聴。

結果、考え方の大転換。
自分が育ってきた環境や自分のあり方を振り返るきっかけにもなった。

叱る・怒るは今までよりずっと減りそうで、子どもとよい関係を築けていけたらよいなと思います。

__以下、意訳抜粋___

子どもと良好な関係を築くことを第一に考える。そのためには喧嘩をすることなど無駄でしかない。

叱る、怒ることで子どもをコントロールしようとすることをやめる。

勉強などすべての結果は子どもが自分で引き受けることで、親の功罪ではない。勉強は新しいことを学ぶプロセスを楽しめるようにガイドする。決して強制するものではない。

子育ては子どもが人間としての自立していくプロセスをサポートするもの。ゆくゆくは自立する人間として、対等な関係を作っていく。

競争ではなく、協力できる人間に育てる。受験を突破して“良い進学”をしても、利己的な人間では社会には貢献できない。その第一歩は家庭では家事を一緒にできるようにして、共同体のために働けるようにする。

  • 総合評価
    5 out of 5 stars
  • ナレーション
    5 out of 5 stars
  • ストーリー
    5 out of 5 stars
  • リンゴ
  • 2019/08/01

子育ての勇気と覚悟

世の中に蔓延する子育ての常識を、アドラー心理学でバッサリと一刀両断。子育ての勇気とは何か、子育てにおける親の覚悟とは。目下子育て中の私には耳も心も痛い話ばかりで一読して理解できなかったですし、実践もすぐには難しいと感じました。でも、通勤時間に1日に一度は聴くようにしましたら、少しずつ理解出来るようになりました。1.6倍速くらいで聞いてますが、行き帰りで聞き終わります。子供の課題に土足で踏み込まないというのは、まず親が課題の分離が出来ていないと駄目だなとか、大人がまず感情でモノを言わないとか、具体的で印象的なフレーズがあちこちにあります。子供を信じてリスペクトする、子供がいつか自立する日まで仲良くすると覚悟するなど、勇気と覚悟でもって親が変わることで、子供にとても良い影響があると信じ、行動したいです。子育てに関わる全ての方におすすめします。

  • 総合評価
    5 out of 5 stars
  • ナレーション
    4 out of 5 stars
  • ストーリー
    5 out of 5 stars
  • 増山 一政
  • 2019/06/08

親と教育

口数少ない父親の考え方が理解できてほんとに良かった

  • 総合評価
    5 out of 5 stars
  • ナレーション
    5 out of 5 stars
  • ストーリー
    5 out of 5 stars
  • るみAmazon カスタマー
  • 2018/10/14

素晴らしい

親の期待を満たす為の子育がいかに
生産性がなく子供を不幸に追いやるのかが正確にわかりやすかった。

3人中1人のお客様がこのレビューが参考になったと答えています。

  • 総合評価
    4 out of 5 stars
  • ナレーション
    5 out of 5 stars
  • ストーリー
    5 out of 5 stars
  • kn
  • 2019/07/12

アップルウォッチで

ダウンロードしてアップルウォッチで使いたかったのですが、3日待ってもまだダウンロードできていませ。

1人中0人のお客様がこのレビューが参考になったと答えています。