Amazonプライム会員限定、3か月無料キャンペーン中

Audible会員プラン 無料体験

2022年7月25日までAmazonプライム会員限定で3か月無料キャンペーン中(プライム会員以外の方は30日間無料)。詳細はこちら。をご確認ください
会員は、12万以上の対象作品が聴き放題、オフライン再生可能
プロの声優や俳優の朗読で楽しめる
Audibleでしか聴けない本やポッドキャストも多数
無料体験終了後は月会費1,500円。いつでも退会できます。
¥ 3,000 で購入

¥ 3,000 で購入

下4桁がのクレジットカードで支払う
ボタンを押すと、Audibleの利用規約およびAmazonのプライバシー規約同意したものとみなされます。支払方法および返品等についてはこちら

あらすじ・解説

本タイトルには付属資料・PDFが用意されています。ご購入後、デスクトップのライブラリー、またはアプリ上の「目次」でご確認ください。(アプリバージョン:Android 2.40以上、iOS 3.11以上)

大ベストセラー『「ドイツ帝国」が世界を破滅させる』に続く第2弾!
 

現代最高の知識人、トッドの最新見解を集めた“切れ味抜群”の時事論集。
 

テロ、移民、難民、人種差別、経済危機、格差拡大、ポピュリズムなどテーマは多岐にわたるが、

いずれも「グローバリズムの限界」という問題につながっている。
 

英国EU離脱、トランプ旋風も、サッチャー、レーガン以来の英米発祥のネオリベラリズムの歴史から、

初めてその意味が見えてくる。本書は「最良のトッド入門」でもある。
 

知的遍歴を存分に語る第3章「トッドの歴史の方法」は、他の著作では決して読めない話が満載。
 

「トッドの予言」はいかにして可能なのか? その謎に迫る! 日本オリジナル版。
 

「一部を例外として本書に収録されたインタビューと講演はすべて日本でおこなわれました。
 

その意味で、これは私が本当の意味で初めて日本で作った本なのです」(「日本の読者へ」より)
 

「今日の世界の危機は『国家の問題』として捉えなければなりません。
 

中東を始めとして、いま真の脅威になっているのは、『国家の過剰』ではなく『国家の崩壊』です。
 

喫緊に必要なのは、ネオリベラリズムに対抗し、国家を再評価することです」(本文より)

©エマニュエル・トッド/Emmanuel Todd (P)2021 Bungeishunju Ltd.

問題は英国ではない、EUなのだ 21世紀の新・国家論に寄せられたリスナーの声

総合評価
  • 4 out of 5 stars
  • 星5つ
    7
  • 星4つ
    5
  • 星3つ
    0
  • 星2つ
    0
  • 星1つ
    2
ナレーション
  • 4 out of 5 stars
  • 星5つ
    6
  • 星4つ
    3
  • 星3つ
    0
  • 星2つ
    2
  • 星1つ
    0
ストーリー
  • 4 out of 5 stars
  • 星5つ
    6
  • 星4つ
    1
  • 星3つ
    2
  • 星2つ
    0
  • 星1つ
    2

カスタマーレビュー:以下のタブを選択することで、他のサイトのレビューをご覧になれます。

並べ替え:
絞り込み:
  • 総合評価
    5 out of 5 stars
  • ナレーション
    5 out of 5 stars
  • ストーリー
    5 out of 5 stars
  • potato kids
  • 2022/05/02

問題は英国ではない

期待していた以上の内容でしたEUのそれぞれのイデオロギーにたいしての違いがこの本から読み取れた事と日本に着いても書かれていた事に関心を抱きました。
ナレーションも聴きやすかったです。