Audible会員プラン登録で、12万以上の対象タイトルが聴き放題。

  • イスラム教再考 18億人が信仰する世界宗教の実相 (扶桑社新書)

  • 著者: 飯山 陽
  • ナレーター: 村上 麻衣
  • 再生時間: 8 時間 25 分
  • 4.2 out of 5 stars (82件のカスタマーレビュー)

Audible会員プラン 無料体験

会員は、12万以上の対象作品が聴き放題
アプリならオフライン再生可能
プロの声優や俳優の朗読も楽しめる
Audibleでしか聴けない本やポッドキャストも多数
無料体験終了後は月会費1,500円。いつでも退会できます
『イスラム教再考 18億人が信仰する世界宗教の実相 (扶桑社新書)』のカバーアート

イスラム教再考 18億人が信仰する世界宗教の実相 (扶桑社新書)

著者: 飯山 陽
ナレーター: 村上 麻衣
30日間の無料体験を試す

無料体験終了後は月額¥1,500。いつでも退会できます。

¥3,000 で購入

¥3,000 で購入

下4桁がのクレジットカードで支払う
ボタンを押すと、Audibleの利用規約およびAmazonのプライバシー規約同意したものとみなされます。支払方法および返品等についてはこちら

あらすじ・解説

本タイトルには付属資料・PDFが用意されています。ご購入後、デスクトップのライブラリー、またはアプリ上の「目次」でご確認ください。(アプリバージョン:Android 2.40以上、iOS 3.11以上)

多発する「過激派テロ」、「信教の自由」も「LGBT」も否定、「子供への体罰」や「児童婚」が蔓延、「女性の価値」は男性の半分……。イスラム教は本当に異教徒に寛容で穏健な宗教なのか?

 

世界的に突出して偏向している日本の「通説」を検証することにより、「イスラム教のリアル」が見えてくる。 学者・メディアによってつくられた「常識」を問い直し、イスラム教徒とのあるべき共生の道筋を示す!

 

【目次】
 

◆ はじめに ― イスラム研究者が拡散させた「誤ったイスラム像」

 

◆ 第一章 「イスラムは平和の宗教」か
 

外務省「イスラム研究会」設立/ジハードは「聖戦」ではなく「努力」?/自爆攻撃は正当化されるか 他

 

◆ 第二章 「イスラム教ではなくイスラームと呼ぶべき」か
 

日本のイスラム研究業界の「ルール」/「単なる宗教ではない」というイメージ戦略/政治信条やイデオロギーの投影の対象 他

 

◆ 第三章 「イスラムは異教徒に寛容な宗教」か
 

高校世界史の教科書にも描かれる「寛容さ」/異教徒は「殺すべき対象」/棄教者は死刑 他

 

◆ 第四章 「イスラム過激派テロの原因は社会にある」か
 

「イスラム主義との戦い」を宣言したフランス/イスラム過激派テロをアメリカのせいにする陰謀論者/テロの原因はイデオロギー自体にある 他

 

◆ 第五章 「ヒジャーブはイスラム教徒女性の自由と解放の象徴」か
 

ヒジャーブは「サラリーマンのネクタイのようなもの」?/ヒジャーブ着用により女性は守られるか/異教徒の女性は性奴隷/ヨーロッパで続発するレイプ事件/ヒジャーブをしない自由も尊重されるべき 他

 

◆ 第六章 「ほとんどのイスラム教徒は穏健派」か
 

イスラム過激派を支持するイスラム教徒は少なくない/身体刑の執行を支持/信教の自由、表現の自由を否定/LGBTを否定/蔓延する子供への体罰・精神的虐待と児童婚/女性の価値は男性の半分/妻は夫に完全服従 他

 

◆ 第七章 「イスラム教を怖いと思うのは差別」か
 

イスラモフォビア(イスラム恐怖症)批判/イギリスで加速するイスラモフォビアへの法規制/日本でも広がる「イスラム教は怖い=差別」の風潮 他

 

◆ 第八章 「飯山陽はヘイトを煽る差別主義者」か
 

日本のイスラム研究業界の不文律「/ニセ学者」のレッテル/インターネット上の誹謗中傷/日本のイスラム研究者が本当に守りたいもの 他

 

◆ 終章 イスラム教を正しく理解するために

イスラム主義の台頭を許した西欧の「罪悪感」/ポリコレと多文化主義の見直し/「アブラハム合意」を歓迎しないのは誰か/日本のイスラム研究者とメディアが広めたウソからの脱却を 他

©2021 Akari Iiyama (P)2021 Audible, Inc.

イスラム教再考 18億人が信仰する世界宗教の実相 (扶桑社新書)に寄せられたリスナーの声

総合評価
  • 4 out of 5 stars
  • 星5つ
    55
  • 星4つ
    12
  • 星3つ
    3
  • 星2つ
    2
  • 星1つ
    10
ナレーション
  • 4.5 out of 5 stars
  • 星5つ
    47
  • 星4つ
    14
  • 星3つ
    8
  • 星2つ
    1
  • 星1つ
    1
ストーリー
  • 4 out of 5 stars
  • 星5つ
    45
  • 星4つ
    13
  • 星3つ
    3
  • 星2つ
    1
  • 星1つ
    8

カスタマーレビュー:以下のタブを選択することで、他のサイトのレビューをご覧になれます。

並べ替え:
絞り込み:
  • 総合評価
    5 out of 5 stars
  • ナレーション
    3 out of 5 stars
  • ストーリー
    5 out of 5 stars
らすかるのプロフィール画像
  • らすかる
  • 2024/04/25

イスラム教を客観的に捉える良書

いかにメディアや研究者の偏向に染まっていたかに気づかされた。共生って言葉でぼやかしちゃいけない。直感的にわかりにくいイスラム教の根底にある考えを、メディアからも正しく報道してほしい。
ナレーションは、もっと低くて迫力のある声の方が内容にあっていたのではないか。淡々とした自動音声のほうがよかったかもしれない。

問題が発生しました。数分後にもう一度お試しください。

ありがとうございました。

あなたはこのレビューを報告しました!

  • 総合評価
    5 out of 5 stars
  • ナレーション
    5 out of 5 stars
  • ストーリー
    5 out of 5 stars
Amazonでよく服を購入しますのプロフィール画像
  • Amazonでよく服を購入します
  • 2022/08/18

分かりやす

イスラム教の事がよくわかりました。いくつかのイスラム教についての書籍を読んで感じた現実との矛盾を解消できました。

問題が発生しました。数分後にもう一度お試しください。

ありがとうございました。

あなたはこのレビューを報告しました!

  • 総合評価
    5 out of 5 stars
  • ナレーション
    4 out of 5 stars
  • ストーリー
    3 out of 5 stars
Amazon カスタマーのプロフィール画像
  • Amazon カスタマー
  • 2023/12/14

現代の必読書

多くがテロを支持する事実、他教徒と女性への激しい差別、性犯罪の多さ、イスラム教とイスラム主義の違い、西欧と協調したい国と神に背きたくない国民、多文化共生に失敗し同化政策に舵を切った欧州、秩序を壊すために利用されるイスラム教徒、色々な疑問が晴れる。必ず中東問題再考も併せて聞く必要がある。中東問題再考を聞くとまた印象が変わる。この2冊はセットである。

問題が発生しました。数分後にもう一度お試しください。

ありがとうございました。

あなたはこのレビューを報告しました!

  • 総合評価
    4 out of 5 stars
  • ナレーション
    4 out of 5 stars
  • ストーリー
    4 out of 5 stars
捻者のプロフィール画像
  • 捻者
  • 2021/12/02

ムスリム理解への一歩

前文を聞いた時はトンデモ本とか恐れたが、内容は良かった。

問題が発生しました。数分後にもう一度お試しください。

ありがとうございました。

あなたはこのレビューを報告しました!

  • 総合評価
    3 out of 5 stars
  • ナレーション
    5 out of 5 stars
  • ストーリー
    2 out of 5 stars
Mama’s Factoryのプロフィール画像
  • Mama’s Factory
  • 2023/10/29

一般的なイスラム研究通説とは違う異端説です

パレスチナとイスラエルの内戦に関し、私の所感と飯山さんの解説が違うので、飯山さんの研究を知りたいと思い聴きました。飯山さんは日本国内でイスラム研究をされている第一人者の先生に師事していたにもかかわらず反目した考えを持っている方みたいですね。なにせ研究者の人口が少ない分野ですから、中田考先生達に反目している肩書きのある研究者があまりいない日本なので、飯山さんのような考えは新しくて良いとは思いますが、あくまで異端説で少数派で野党ということは忘れてはいけないと思います。日本は古くから中東や北アフリカと親交があった唯一のアジア発展国です。それはなぜなのか、という下地を鑑みれば、飯山さんの節は、イスラム主義の国にとって、リベラル的考えとなります。日本で保守派に属していると認識されがちな氏ですが、じつは同盟国にとってのリベラルという捩れが氏の説には溢れていると感じました。

問題が発生しました。数分後にもう一度お試しください。

ありがとうございました。

あなたはこのレビューを報告しました!

  • 総合評価
    4 out of 5 stars
  • ナレーション
    4 out of 5 stars
  • ストーリー
    5 out of 5 stars
買い物は投票だ。のプロフィール画像
  • 買い物は投票だ。
  • 2023/12/05

モヤモヤが晴れる

イスラム教は平和の宗教と思ってました。
私のUAEやオマーン、イエメン、バーレーン、エジプトの友達はみんな聡明で寛容で日本や他文化、習慣を嫌うことなどしなかったからです。
彼ら彼女らはイスラム教について教えてくれても、押し付けや勧誘はなかったし、礼拝で祈る姿は神々しくもあった。

でも、一方で世界各地でテロが起きたり、アルカイダとかISILとか良いニュースひとつもないし、ヤジディ教徒を迫害したり、シリアやイランは北朝鮮みたいな国だし、何が本当なの?平和の宗教なのに中東全然平和じゃないじゃん!?同じ宗教なのに違いすぎってモヤモヤしてました。

アブラハム合意も結局、中東情勢に関して良いのか悪いのか自分ではぐるぐる回って、結局パレスチナを孤立させる事になるのでは?と思ってました。

でも、この本でモヤモヤが晴れて、テレビや今出回っている本、そしえ寛容で国際感覚のあるイスラム教の友達だけで形成されていた私のちょっとしたイスラム知識は表面的で思い込みが多分にあったんだな〜と情報を色々なところから時には違う立場の人からもらうことの大切さをしみじみ感じました。

現在日本で発行されている本が全てではない。モヤモヤがある人は一回聴いてみてください。

クルアーンを詳しく読んでみたいと思わせてくれる一冊でした。

それと、UAEの友達にアブラハム合意をどう受け取っているか、エジプトの友達にシシ大統領の考え方はエジプトでどう評価されているのか聞いてみたいと思いました。

新しい視点を下さった著者に感謝します。

問題が発生しました。数分後にもう一度お試しください。

ありがとうございました。

あなたはこのレビューを報告しました!

  • 総合評価
    5 out of 5 stars
  • ナレーション
    5 out of 5 stars
  • ストーリー
    5 out of 5 stars
🌌のプロフィール画像
  • 🌌
  • 2023/07/17

学術的

一般書にもかかわらず、論拠を示しつつお気持ち主義を排した冷静沈着な理論武装に魅せられた。

リベラルと称するマスコミや学術会が如何に偏っていたのか非常によくわかる。こういう学者が日本に存在してくれて良かったな、という印象です。

問題が発生しました。数分後にもう一度お試しください。

ありがとうございました。

あなたはこのレビューを報告しました!

  • 総合評価
    5 out of 5 stars
  • ナレーション
    5 out of 5 stars
  • ストーリー
    5 out of 5 stars
キタムラ カズヒコのプロフィール画像
  • キタムラ カズヒコ
  • 2022/07/17

極めてフェアだと思いますよ

イスラム思想については全くの門外漢であったが、イスラム今日そのものがどれほどコーランや啓示を大切にするのか、具体的にどのように書かれてあるのかという客観的な事実と、我が国や国民がどのように理解し、解釈や評価として、何が行き過ぎで、何が行き過ぎじゃないのかという論評をキッチリと分けて論じていると思う。ともすれば、ポリコレとごちゃ混ぜになりそうな話題に対して、意欲的に取り組んだ論考だと思う。私は整理されました。

問題が発生しました。数分後にもう一度お試しください。

ありがとうございました。

あなたはこのレビューを報告しました!

  • 総合評価
    5 out of 5 stars
  • ナレーション
    5 out of 5 stars
  • ストーリー
    5 out of 5 stars
Yokのプロフィール画像
  • Yok
  • 2023/01/13

とても興味深い

イスラム教に対してファクトに基づき客観的に論じられています。信頼できる情報と思われ、これからも活動を頑張ってもらいたいです。

問題が発生しました。数分後にもう一度お試しください。

ありがとうございました。

あなたはこのレビューを報告しました!

  • 総合評価
    4 out of 5 stars
  • ナレーション
    5 out of 5 stars
  • ストーリー
    4 out of 5 stars
武田進言【kindle作家】のプロフィール画像
  • 武田進言【kindle作家】
  • 2023/01/30

全ての人々が「アッラーの他に神なし」と言うまで戦え

全ての人々が「アッラーの他に神なし」と言うまで戦え。
これがイスラム法学者の一般的で伝統的な解釈らしい。私も「イスラム教はは平和的な宗教」というマスコミの宣伝に騙されてきたクチです。普通の一般信徒はそれなりに温和でしょうが、経典の一言一句を信じ実行する熱心な信徒なら聖戦に赴かざるを得ないのでしょう。
「天国はつるぎの影にあり」

問題が発生しました。数分後にもう一度お試しください。

ありがとうございました。

あなたはこのレビューを報告しました!