Amazonプライム会員限定、3か月無料キャンペーン中

Audible会員プラン 無料体験

2022年7月25日までAmazonプライム会員限定で3か月無料キャンペーン中(プライム会員以外の方は30日間無料)。詳細はこちら。をご確認ください
会員は、12万以上の対象作品が聴き放題、オフライン再生可能
プロの声優や俳優の朗読で楽しめる
Audibleでしか聴けない本やポッドキャストも多数
無料体験終了後は月会費1,500円。いつでも退会できます。
¥ 3,000 で購入

¥ 3,000 で購入

下4桁がのクレジットカードで支払う
ボタンを押すと、Audibleの利用規約およびAmazonのプライバシー規約同意したものとみなされます。支払方法および返品等についてはこちら

あらすじ・解説

本タイトルには付属資料・PDFが用意されています。ご購入後、デスクトップのライブラリー、またはアプリ上の「目次」でご確認ください。(アプリバージョン:Android 2.40以上、iOS 3.11以上)

冷戦終結と欧州統合が生み出した「ドイツ帝国」。EUとユーロは欧州諸国民を閉じ込め、ドイツが一人勝ちするシステムと化している。ウクライナ問題で緊張を高めているのもロシアではなくドイツだ。かつての悪夢が再び甦るのか?

第1章 ドイツがヨーロッパ大陸を牛耳る

第2章 ロシアを見くびってはいけない

第3章 ウクライナと戦争の誘惑

第4章 ユーロを打ち砕くことができる唯一の国、フランス

第5章 オランドよ、さらば!――銀行に支配されるフランス国家

第6章 ドイツとは何か?

第7章 富裕層に仕える国家

第8章 ユーロが陥落する日

©エマニュエル・トッド/Emmanuel Todd (P)2021 Bungeishunju Ltd.

「ドイツ帝国」が世界を破滅させる 日本人への警告に寄せられたリスナーの声

総合評価
  • 4 out of 5 stars
  • 星5つ
    7
  • 星4つ
    6
  • 星3つ
    2
  • 星2つ
    1
  • 星1つ
    0
ナレーション
  • 4.5 out of 5 stars
  • 星5つ
    7
  • 星4つ
    2
  • 星3つ
    1
  • 星2つ
    0
  • 星1つ
    0
ストーリー
  • 4 out of 5 stars
  • 星5つ
    4
  • 星4つ
    5
  • 星3つ
    0
  • 星2つ
    1
  • 星1つ
    0

カスタマーレビュー:以下のタブを選択することで、他のサイトのレビューをご覧になれます。

並べ替え:
絞り込み:
  • 総合評価
    2 out of 5 stars
  • ナレーション
    5 out of 5 stars
  • ストーリー
    2 out of 5 stars
  • Amazon カスタマー
  • 2022/05/15

皮肉9割 具体例1割のファンブック

期待していただけにとても残念な内容。
具体例はとても少なく、またデータに触れる解説も僅か。

知っているでしょう?だから解説はしません。

そんな声が始終聞こえてくる程に説明 具体例が無い。
表現は辛辣で
皮肉を言いたいがためだけに例えが多用される。
それが分かる快感を共有したい意図なのか。身内だけで開かれたライブに紛れ込んだ気持ちだ。

そもそも人をこき下ろす時に最低限論拠かデータぐらい示すのが人の道では無いだろうか。
この著者とは関わりたくないと心から思う。編集さんはそこに留意はしなかったのか。

人類学者として 稀に金言があり
特に中盤の千年戦争を始めようとしている・のくだり等は良かったものの
兎に角割合が低すぎる。

この本は著者のファンブックなのだろう。本が伝える為のものなのならば
これは本では無くカタログだ。

このような人間像を

例え著者が知識人 実力を備えた実業家であったとしても

もてはやす流れには心から賛同しかねる。
一つの知見を得るために
9つの皮肉を載せたこの本が好まれる事は嘆かわしい。

  • 総合評価
    5 out of 5 stars
  • ナレーション
    5 out of 5 stars
  • ストーリー
    5 out of 5 stars
  • potato kids
  • 2022/05/03

ドイツ帝国

日本と気質が似ているドイツ人、世界大戦後にそれぞれ違った方向性に向かい、今現在の国家を国民レベルで書き下ろしている内容で良かったです。
ナレーションも聴きやすかったです。

  • 総合評価
    5 out of 5 stars
  • ナレーション
    5 out of 5 stars
  • ストーリー
    5 out of 5 stars
  • さいなお
  • 2022/04/06

面白かった!!!

原著を読む機会と能力がないので、訳者とAUDIBLEに感謝します。日本メディアからは得難い新鮮なビジョンです。『対欧米』のための『親ロ親印親中』は腑に落ちます。一見、弱腰に見える日本外交の秀逸さがよく分かりました。