最初の1冊は無料。今すぐ聴こう。

飲茶の「最強!」のニーチェ

著者: 飲茶
ナレーター: 清里 孝也, あべわき
再生時間: 4 時間 7 分
4.5 out of 5 stars (44件のカスタマーレビュー)
価格: ¥ 2,500
30日間の無料体験後は月額1,500円。いつでも退会できます。

あらすじ・解説

     <内容紹介>
不条理な世界でも人生を肯定して楽しみながら生きるとは?
 

    仕事では失敗続き。彼氏との仲もうまくいかない。
自分の人生、本当にこれでよかったのか?
そんな悩みを抱える「アキホ」は「飲茶先生」に助けを求めますが……
 

    「ニーチェを学ぶと常識が打ち砕かれて絶望する」!?
「だからこそ前向きな生き方が身につく」!?
 

    「神は死んだ」「奴隷道徳」「力への意志」「永劫回帰」――
インパクトの強い哲学用語で知られるニーチェ。
 

    しかし、それらはただ語感がカッコいいだけではなく、現代人の生き方指南や人生論に直結する内容でもあるのです。
 

    明日役立つ人生哲学、ニーチェ入門書の決定版!
 

    <目次>
はじめに
 

    Ⅰ.哲学ってなに?【ニーチェの哲学で生き方が前向きになる?】
 

    Ⅱ.人生に意味はないってホント?【背後世界、ニヒリズム、末人】
 

    Ⅲ.道徳なんて弱者のたわごと?【ルサンチマン、奴隷道徳】
 

    Ⅳ.死にも未来にも意味はない?【超人、永劫回帰】
 

    Ⅴ.それでも哲学を学べば生き方が変わる【大いなる正午、力への意志】
 

    <飲茶(やむちゃ)>
北国生まれ。東北大学大学院修了。気は難しくて筆不精、一冊書き終えたあとは、毎回、担当編集たちに「オレはもう二度と書きませんから」と引退宣言をする、かまってちゃんの空前絶後の哲学作家。最近は、ソクラテスちゃんやニーチェちゃんが出てきて「きゃっきゃっウフフ」する萌え哲学漫画『てつがくフレンズ』(PHP研究所)の原作を書いたり、人前で話せないと何度も言ってるのに騙されて何百人の前でトークイベントやらされたり、精力的に活動中。
 

    著書に、『哲学的な何か、あと科学とか』(二見書房)、『史上最強の哲学入門』(河出文庫)など。
 

    ※本商品は『飲茶の「最強!」のニーチェ』[水王舎刊 飲茶 著 ISBN:978-4-8647-0091-7 256頁 1,300円(税別)]をオーディオ化したものです。    

©Yamucha 2017

カスタマーレビュー

総合評価

  • 4.5 out of 5 stars
  • 星5つ
    28
  • 星4つ
    11
  • 星3つ
    3
  • 星2つ
    0
  • 星1つ
    2

ナレーション

  • 4.5 out of 5 stars
  • 星5つ
    25
  • 星4つ
    8
  • 星3つ
    1
  • 星2つ
    1
  • 星1つ
    2

ストーリー

  • 4.5 out of 5 stars
  • 星5つ
    21
  • 星4つ
    10
  • 星3つ
    4
  • 星2つ
    0
  • 星1つ
    2
並べ替え:
  • 総合評価
    5 out of 5 stars
  • ナレーション
    5 out of 5 stars
  • ストーリー
    5 out of 5 stars
  • ヤサカカメラ堂
  • 2019/03/11

芸術的わかりやすさ

飲茶さんの著書は、どれもわかりやすい。
ニーチェという、哲学ではメジャーな題材でも、切り口の新しさや、わかりやすい例えですんなり入って、他書よりも理解が深まりました。

そして、気付いたのは、飲茶さんは、他の著者が踏み込まない部分も踏み込んでいるということ。それが分かりやすさの秘訣かもと思いました。
解説者である飲茶先生が説明した後、女性キャラが何度か質問や疑問を投げかけ、本当の腹落ちまでさらに質問していく。
他書であればスルーする説明も、読書目線に立ってさらに踏み込んでいく。ほんの数%の文量の差でしかないけど、読書(リスナー)への理解度は雲泥の差である。
そこができるのが、ニーチェも唱えた「力への意志と芸術」を著者なりに表現した結果ではないでしょうか。

後半の飲茶とニーチェの出会いとその後の行動は、とても説得力があって、よくぞ書いてくれた!と思いました。

あと、ニーチェとブッダの思想は似ているなと思ったのが今回の新たな発見でした。より哲学に興味を持ちました。うん、おもしろい!

2人中2人のお客様がこのレビューが参考になったと答えています。

  • 総合評価
    4 out of 5 stars
  • ナレーション
    1 out of 5 stars
  • ストーリー
    5 out of 5 stars
  • Tsuruday
  • 2019/04/16

ナレーションがあってない

とても内容が良かっただけに、ナレーションが合わず辛かったです。好みもあると思うのですが、聞き辛さが、気になるとダメですね

  • 総合評価
    5 out of 5 stars
  • ナレーション
    5 out of 5 stars
  • ストーリー
    5 out of 5 stars
  • アロエぎつね
  • 2019/04/07

「今」この瞬間を肯定し、自分だけの理想(芸術)を追求する

何度も何度も聞き直したい作品です。
対話方式の採用や、わかりやすい例えが素晴らしく、一回でも深く理解できました。

内容としては、
背後世界(愛・仕事・道徳など)は他者が作り上げた理想(現実には無いもの)である。
それに振り回されたり自虐したりすることは、人間として本来進むべき道と違う。
人間は、自分の中の理想(芸術)を追い求め、今この瞬間を強く肯定して生きていき、死ぬ間際には「またこの人生を何度でも繰り返したい」と思えるように生きよ・・
というものですが、実際の対話を聞かないと理解できないと思います。

この哲学は今の時代にも即しているように思います。
好きなことで生きていく・・

ニーチェ最強!

  • 総合評価
    5 out of 5 stars
  • ナレーション
    5 out of 5 stars
  • ストーリー
    5 out of 5 stars
  • ヒュンケル†
  • 2019/02/28

人生が変わるかも

とても良い内容でした。哲学と聞くと難しいイメージが強かったのですが、飲茶先生はとてもわかりやすく説明してくれて、人生や価値観に対する考え方が変わりました。とても感銘を受けたので2回聴きました。長さも適度なので、何度でも聴きたいと思います。愛読書ならぬ愛聴書となりそうです。飲茶先生ありがとうございます。

  • 総合評価
    5 out of 5 stars
  • ナレーション
    5 out of 5 stars
  • ストーリー
    5 out of 5 stars
  • Amazon カスタマー
  • 2019/02/20

ニーチェいいね

ニーチェの時代が始まった。これからの時代の生き方ツールになるかもね。

  • 総合評価
    4 out of 5 stars
  • ナレーション
    4 out of 5 stars
  • ストーリー
    4 out of 5 stars
  • minerva2050
  • 2019/02/19

なるほど、こうきたかニーチェ

でもやっぱり「永劫回帰」は説明できないみたい、むにゃむにゃ。星ひとつ取るね。

  • 総合評価
    5 out of 5 stars
  • ナレーション
    3 out of 5 stars
  • ストーリー
    5 out of 5 stars
  • Amazon カスタマー
  • 2019/02/16

すごくわかりやすかったです

ところどころ女子高生のしょーもないミニコント?
や大げさなリアクションで時間をロスしなければもっと良かったです

  • 総合評価
    4 out of 5 stars
  • ナレーション
    4 out of 5 stars
  • ストーリー
    4 out of 5 stars
  • Amazon Customer
  • 2019/01/23

ニーチェの本を読みたくなる!

二人の掛け合いがとても聴きやすく、内容もわかりやすい!

  • 総合評価
    5 out of 5 stars
  • ナレーション
    5 out of 5 stars
  • ストーリー
    5 out of 5 stars
  • 黒いポポイ
  • 2018/12/03

この本を聴き終えて

世界が変わりました。
価値観をちゃぶ台返しされます。