Audible会員プラン登録で、12万以上の対象タイトルが聴き放題。

  • 雪国

  • 著者: 川端 康成
  • ナレーター: 榊原 忠美
  • 再生時間: 4 時間 35 分
  • 4.6 out of 5 stars (96件のカスタマーレビュー)

Amazonプライム会員限定

3か月無料

Audible会員プラン 無料体験
期間限定:2024年7月22日(日本時間)に終了
2024年7月22日までAmazonプライム会員限定で3か月無料体験キャンペーン開催中(プライム会員以外の方は30日間無料)。詳細はこちら
会員は12万以上の対象作品が聴き放題、アプリならオフライン再生可能。
Audibleでしか聴けない本やポッドキャストも多数。プロの声優や俳優の朗読も楽しめます。
無料体験終了後は月額¥1,500。いつでも退会できます。
『雪国』のカバーアート

雪国

著者: 川端 康成
ナレーター: 榊原 忠美
無料体験を試す

無料体験終了後は月額1,500円。いつでも退会できます

¥2,700 で購入

¥2,700 で購入

下4桁がのクレジットカードで支払う
ボタンを押すと、Audibleの利用規約およびAmazonのプライバシー規約同意したものとみなされます。支払方法および返品等についてはこちら

あらすじ・解説

”国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。夜の底が白くなった。” とはじまってゆき、”「この子、気がちがうわ。気がちがうわ。」・・・・” と、終わってゆく。 雪にはじまり、炎におわる、薫りたつような一編。 うつろいゆく愛を描いた、すみずみまで美しくエロティックなこのノーベル文学賞受賞作を、俳優であり、また「『木を植えた人』を聴くプロジェクト」等で知られる朗読家である 榊原忠美が、じっくりとよみあげました。 「伊豆の踊り子」、「奥の細道」に続く、演出家・水城雄とのコラボレーション作品です。時間をかけ満を持してお届けする会心の作品です。 ”・・・踏みこたえて目を上げた途端、さあと音を立てて天の河が島村のなかへ流れ落ちるようであった。” ことのは出版オーディオブック作品一覧はhttp://www.kotonoha.co.jpにて
Kotonoha

同じ著者・ナレーターの作品

雪国に寄せられたリスナーの声

総合評価
  • 4.5 out of 5 stars
  • 星5つ
    67
  • 星4つ
    18
  • 星3つ
    9
  • 星2つ
    2
  • 星1つ
    0
ナレーション
  • 4.5 out of 5 stars
  • 星5つ
    57
  • 星4つ
    16
  • 星3つ
    2
  • 星2つ
    5
  • 星1つ
    0
ストーリー
  • 4.5 out of 5 stars
  • 星5つ
    55
  • 星4つ
    14
  • 星3つ
    7
  • 星2つ
    4
  • 星1つ
    0

カスタマーレビュー:以下のタブを選択することで、他のサイトのレビューをご覧になれます。

並べ替え:
絞り込み:
  • 総合評価
    5 out of 5 stars
  • ナレーション
    2 out of 5 stars
  • ストーリー
    5 out of 5 stars
Amazon カスタマーのプロフィール画像
  • Amazon カスタマー
  • 2024/02/02

冬になると読みたくなる本

寒い雪国を舞台に男女のもつれを描く名作。
駒子のツンデレに悶絶しそうになります。
川端康成の透徹した女性の本性までも見つめ射抜く文才に酔いしれます。
ナレーションも良い意味で昭和感があり聴きやすく、一気に最後まで読めました。

問題が発生しました。数分後にもう一度お試しください。

ありがとうございました。

あなたはこのレビューを報告しました!

  • 総合評価
    5 out of 5 stars
  • ナレーション
    5 out of 5 stars
  • ストーリー
    5 out of 5 stars
シミズ実和子のプロフィール画像
  • シミズ実和子
  • 2023/02/19

Just beautiful

I appreciated the book much more now. I had to read it in literature class when I was a middle schooler. I didn’t understand how gorgeous this story was. I am going to get a book and read it again.

問題が発生しました。数分後にもう一度お試しください。

ありがとうございました。

あなたはこのレビューを報告しました!

  • 総合評価
    5 out of 5 stars
  • ナレーション
    5 out of 5 stars
  • ストーリー
    4 out of 5 stars
unknownのプロフィール画像
  • unknown
  • 2023/04/14

ナレーションがすばらしい

原作はもちろん傑作です。そして榊原忠美さんのナレーションがとても聴きやすく、作者特有の繊細な描写も句読点の絶妙な間で物語への没入感を更に深めました。何度でも聴きたくなります。

問題が発生しました。数分後にもう一度お試しください。

ありがとうございました。

あなたはこのレビューを報告しました!

  • 総合評価
    5 out of 5 stars
  • ナレーション
    5 out of 5 stars
  • ストーリー
    5 out of 5 stars
Hikarieのプロフィール画像
  • Hikarie
  • 2024/01/14

日本語が美しい

昔、たぶん10代の頃にこの作品を読んだ時は、良さが分からなくてまったく記憶に残りませんでした。いま40代になってオーディブルで聞いて、こんなに美しい日本語があったのかとはっとさせられました。
そして、島村と駒子の惹かれあっている様子と哀しさが繊細な描写から良く伝わってきて何とも言えない気持ちになります。オーディブルで聞けて良かったです。

問題が発生しました。数分後にもう一度お試しください。

ありがとうございました。

あなたはこのレビューを報告しました!

  • 総合評価
    5 out of 5 stars
  • ナレーション
    5 out of 5 stars
  • ストーリー
    5 out of 5 stars
紫式部のプロフィール画像
  • 紫式部
  • 2023/12/25

うつくしい

時代を感じる内容ではあるが、それも含めて素晴らしい作品。

これからも何度も聴き、読むと思う。

問題が発生しました。数分後にもう一度お試しください。

ありがとうございました。

あなたはこのレビューを報告しました!

  • 総合評価
    2 out of 5 stars
  • ナレーション
    5 out of 5 stars
  • ストーリー
    2 out of 5 stars
KHのプロフィール画像
  • KH
  • 2024/06/17

バカで男好きのする悲しい女

女にいちばん大切なのはエロス。男に都合の良いバカなら最高。男の理想の女を描いた物語。
時代が時代とはいえ、駒子のような男にとっていい女を書いた作者は罪深い。男はバカで可愛い女が好きとする小説が名作とされているのはいかがなものか。

問題が発生しました。数分後にもう一度お試しください。

ありがとうございました。

あなたはこのレビューを報告しました!