検索キーワード:ナレーター "榊原 忠美"

カテゴリー

すべてのカテゴリー

検索結果:10件
並べ替え:
    • リスナーズパック

    • Welcome Pack Vol. 4
    • 著者: 浅田 次郎, 乃南 アサ, 林 貞年, 、その他
    • ナレーター: 榊原 忠美, 大森 ゆき, 横居 将, 、その他
    • 再生時間: 24 時間
    • 完全版
    • 総合評価
      5 out of 5 stars 1
    • ナレーション
      5 out of 5 stars 1
    • ストーリー
      0 out of 5 stars 0

       こちらは複数の作品のセット商品です。   

    価格: ¥ 10,700

    • 雪国

    • 著者: 川端 康成
    • ナレーター: 榊原 忠美
    • 再生時間: 4 時間 35 分
    • 完全版
    • 総合評価
      4.5 out of 5 stars 7
    • ナレーション
      4.5 out of 5 stars 7
    • ストーリー
      4.5 out of 5 stars 7

    ”国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。夜の底が白くなった。” とはじまってゆき、”「この子、気がちがうわ。気がちがうわ。」・・・・” と、終わってゆく。 雪にはじまり、炎におわる、薫りたつような一編。 うつろいゆく愛を描いた、すみずみまで美しくエロティックなこのノーベル文学賞受賞作を、俳優であり、また「『木を植えた人』を聴くプロジェクト」等で知られる朗読家である 榊原忠美が、じっくりとよみあげました。 「伊豆の踊り子」、「奥の細道」に続く、演出家・水城雄とのコラボレーション作品です。時間をかけ満を持してお届けする会心の作品です。 ”・・・踏みこたえて目を上げた途端、さあと音を立てて天の河が島村のなかへ流れ落ちるようであった。” ことのは出版オーディオブック作品一覧はhttp://www.kotonoha.co.jpにて

    • 著者: 川端 康成
    • ナレーター: 榊原 忠美
    • 再生時間: 4 時間 35 分
    • 配信日: 2015/06/12
    • 4.5 out of 5 stars 7件のカスタマーレビュー

    価格: ¥ 2,700

    • 奥の細道

    • 著者: 松尾 芭蕉
    • ナレーター: 榊原 忠美
    • 再生時間: 1 時間 7 分
    • 完全版
    • 総合評価
      4 out of 5 stars 5
    • ナレーション
      4.5 out of 5 stars 5
    • ストーリー
      4 out of 5 stars 4

    有名な古典を名古屋地方を中心に活動されているトップクラスのナレーター、榊原忠美氏が圧倒する表現力で「おくのほそ道」(奧の細道)を朗読。「夏草や 兵(つはもの)どもが 夢のあと」「閑さや岩にしみ入蝉の声」「五月雨を あつめて早し 最上川」・・・松尾芭蕉の俳句、いくつ覚えていますか? (C)アイ文庫 「ことのは出版オーディオブック作品一覧はhttp://www.kotonoha.co.jpにて」

    価格: ¥ 1,300

    • 鉄道員

    • 著者: 浅田 次郎
    • ナレーター: 榊原 忠美
    • 再生時間: 1 時間 14 分
    • 完全版
    • 総合評価
      4.5 out of 5 stars 68
    • ナレーション
      4.5 out of 5 stars 58
    • ストーリー
      4.5 out of 5 stars 58

    娘を亡くした日も、妻を亡くした日も、男は駅に立ち続けた― ―そのとき、娘さんは、奥さんは、何をおもったろう。さみしかったのではないか。うらんでいたかもしれない。すくなくとも、すごいなあ、立派な人だなあ・・とは思っていなかったに違いない。 家庭をさしおいて、義務を優先した男が、単純に偉いとは思えない。けれども、ひたむきに懸命に生きてきた姿には、敬意を表さずにはおれない。・・こんな風な尊い生き方ができるかどうか。いやまず、そんな風に生きたいと思えるかどうか。 涙をさそいがちな胸にせまる小説を、朗読演出家水城雄と榊原忠美のコンビが渋くよみあげました。文芸「作品」として命を吹き込まれたオーディオブックです。その品質を是非とも味わいください。 「ことのは出版オーディオブック作品一覧はhttp://www.kotonoha.co.jpにて」

    • 4 out of 5 stars
    • 風物詩

    • 投稿者: UD 日付: 2019/01/15
    • 著者: 浅田 次郎
    • ナレーター: 榊原 忠美
    • 再生時間: 1 時間 14 分
    • 配信日: 2015/06/24
    • 4.5 out of 5 stars 68件のカスタマーレビュー

    価格: ¥ 1,500

    • 書を捨てよ、町へ出よう

    • 著者: 寺山 修司
    • ナレーター: カルメン・マキ, 唐沢 龍之介, 榊原 忠美
    • 再生時間: 7 時間 27 分
    • 完全版
    • 総合評価
      0 out of 5 stars 0
    • ナレーション
      0 out of 5 stars 0
    • ストーリー
      0 out of 5 stars 0

    寺山 修司。 多才のひと。詩人、歌人、俳人、エッセイスト、小説家、評論家、映画監督、俳優、作詞家、写真家、劇作家、演出家・・・本業を問われると「僕の職業は寺山修司です」とかえすのが常だった。 このひとは、天才的なアジテーターなのだろうか。それとも、天才的にまっとうなひとなのだろうか。 この作品を演出した水城雄は語る。 ―――― そのころ私はなにをやってたんだろう。たぶんまだ小学生だったろう。大阪万博だってまだ開催されてなかった。そんな私が『書を捨てよ』のオーディオブック化の演出をするにあたって考えたことは、ただひとつ。「どういうふうに作れば寺山が喜ぶだろうか」演出し、収録しながら、あの世にいる寺山が、斜に構え独特のはにかみ笑いを浮かべながら、「それおもしろいんじゃないの」 と平板につぶやいている姿が時々見えたような気がした。寺山との同世代を逃がしてしまった私だが、いまこの仕事に関われたことを心底誇りに思っている。」・・――――

    価格: ¥ 3,300

    • 伊豆の踊り子

    • 著者: 川端 康成
    • ナレーター: 榊原 忠美
    • 再生時間: 1 時間 9 分
    • 完全版
    • 総合評価
      4.5 out of 5 stars 3
    • ナレーション
      4.5 out of 5 stars 3
    • ストーリー
      4.5 out of 5 stars 3

    ノーベル賞作家川端康成の出世作となった短編小説。1926年1、2月に「文芸時代」に発表され、同年金星堂刊。 湯ヶ島・天城峠を越えて下田に向かう旅を芸人一座と道連れになった、孤独に悩む少年の、淡い恋と人間的成長を旅情豊かに描く。 オーディオブック「奥の細道」ほか、「木を植えた人」を聴くプロジェクト」など舞台活動でも活躍中の榊原忠美氏の落ちついた、朗読をお楽しみください。   「ことのは出版オーディオブック作品一覧はhttp://www.kotonoha.co.jpにて」

    • 5 out of 5 stars
    • 初めての入門に買いました!

    • 投稿者: テニスのおじ様 日付: 2019/01/20

    価格: ¥ 1,000

    • サウンドスケッチ第一集

    • 著者: 水城 雄
    • ナレーター: 榊原 忠美, 窪田 涼子, 中村 恵子
    • 再生時間: 58 分
    • 完全版
    • 総合評価
      5 out of 5 stars 1
    • ナレーション
      5 out of 5 stars 1
    • ストーリー
      4 out of 5 stars 1

    「サウンドスケッチ」は、ラジオ局やディレクターからの制約を一切排除し、すべて自分ひとりで、自分の思うがままに作ろうという決意からスタートしました。そしてそこにこめられるのは、私という個人が世界とつながっているラインを見据えた多元的なヴィジョンです。 言葉があり、音楽がある。 音楽はけっしてBGMではなく、言葉もまたけっしてストーリーを伝えるための道具ではない。ここではひとりひとりが身体から音を発し、おたがいに融合しあってひとつの世界観を表現しようとします。声と音に耳をすませ、そして身体もすませてみてください。もっとも、なにが見えるかは、結局のところ、あなたにゆだねられています。(水城雄/みずき・ゆう)1. Him   朗読:榊原忠美/岩山に身を潜めるテロリストと、彼に密着するジャーナリスト。正義と悪を分かつことはできるのか――2. Everyday She Feeds Hens   朗読:窪田涼子/毎朝、鶏たちに餌をやってから学校へ行くのが彼女の「仕事」。毎日の小さな事柄が重なり合いながら彼女をがんじがらめにしているように見える、でも――3. A Desert Boy   朗読:中村恵子/砂漠で観光ラクダの客引きをしている少年。聡明な少年は、砂漠からどこに行くこともないだろう。しかしその世界は決して狭くはない。4. An Old Snow...

    価格: ¥ 1,500

    • 檸檬

    • 著者: 梶井 基次郎
    • ナレーター: 榊原 忠美
    • 再生時間: 23 分
    • 完全版
    • 総合評価
      3.5 out of 5 stars 2
    • ナレーション
      3.5 out of 5 stars 2
    • ストーリー
      3.5 out of 5 stars 2

    えたいの知れない不吉な塊に押しつぶされそうになりながら、熱を帯びた身体をひきずって京都の街中を彷徨う私は、あるみすぼらしい果物屋で外国産のレモンを買う。ほてった身体を癒すかのようなレモンの芳香と重み。やがて私は、書店「丸善」の美術書の棚で……。 夭折の作家、梶井基次郎のあまりに有名な一編を、深い声で聞く者の身体に沁みわたるような朗読で。名文と名朗読の奇跡のカップリングを繰り返しお楽しみください。(C)アイ文庫 「ことのは出版オーディオブック作品一覧はhttp://www.kotonoha.co.jpにて」

    価格: ¥ 500

    • 羅生門

    • 著者: 芥川 龍之介
    • ナレーター: 榊原 忠美
    • 再生時間: 不明
    • 完全版
    • 総合評価
      0 out of 5 stars 0
    • ナレーション
      0 out of 5 stars 0
    • ストーリー
      0 out of 5 stars 0

    朗読者 榊原忠美 略歴・・ 劇団クセックACT所属。1980年、劇団クセックACTの結成に参加。『イェルマ』『ドン・キホーテ』をはじめ、多くの作品に出演。役者として新たな表現方法を求め、ソロ活動もしている。ジャン・ジオノ「木を植えた人」朗読会を全国で公演中。名古屋市在住。   「ことのは出版オーディオブック作品一覧はhttp://www.kotonoha.co.jpにて」

    価格: ¥ 500

    • 「蜘蛛の糸」「鼻」

    • 著者: 芥川 龍之介
    • ナレーター: 窪田 涼子, 相原 麻理衣, 榊原 忠美
    • 再生時間: 39 分
    • 完全版
    • 総合評価
      5 out of 5 stars 1
    • ナレーション
      5 out of 5 stars 1
    • ストーリー
      5 out of 5 stars 1

    「蜘蛛の糸」地獄に落ちたカンダタにお釈迦様から救いの細い蜘蛛の糸が・・・。教科書でおなじみの芥川龍之介の代表作です。「鼻」 「禅智内供の鼻と云えば、池の尾で知らない者はない。長さは五六寸あって上唇の上から顋の下まで下っている。形は元も先も同じように太い。云わば細長い腸詰めのような物が、ぶらりと顔のまん中からぶら下っているのである。……」「鼻」今昔物語から想を採った、奇異な鼻をもてあます僧の煩悩と悟りに至る一部始終。夏目漱石に絶賛され、一躍芥川龍之介を人気作家に押し上げた名編。[注]本朗読において、今日の表現基準に照らして不適切と思われる語句や表現がありますが、発表時の時代的背景と文学性を考え合わせ、底本どおりに読んでおります。ご了承ください。(C)アイ文庫

    価格: ¥ 1,000