検索キーワード:著者 "川端 康成"

カテゴリー

すべてのカテゴリー

検索結果:137件
並べ替え:
    • 雪国

    • 著者: 川端 康成
    • ナレーター: 榊原 忠美
    • 再生時間: 4 時間 35 分
    • 完全版
    • 総合評価
      5 out of 5 stars 10
    • ナレーション
      4.5 out of 5 stars 10
    • ストーリー
      4.5 out of 5 stars 10

    ”国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。夜の底が白くなった。” とはじまってゆき、”「この子、気がちがうわ。気がちがうわ。」・・・・” と、終わってゆく。 雪にはじまり、炎におわる、薫りたつような一編。 うつろいゆく愛を描いた、すみずみまで美しくエロティックなこのノーベル文学賞受賞作を、俳優であり、また「『木を植えた人』を聴くプロジェクト」等で知られる朗読家である 榊原忠美が、じっくりとよみあげました。 「伊豆の踊り子」、「奥の細道」に続く、演出家・水城雄とのコラボレーション作品です。時間をかけ満を持してお届けする会心の作品です。 ”・・・踏みこたえて目を上げた途端、さあと音を立てて天の河が島村のなかへ流れ落ちるようであった。” ことのは出版オーディオブック作品一覧はhttp://www.kotonoha.co.jpにて

    • 著者: 川端 康成
    • ナレーター: 榊原 忠美
    • 再生時間: 4 時間 35 分
    • 配信日: 2015/06/12
    • 5 out of 5 stars 10件のカスタマーレビュー

    価格: ¥ 2,700

    • 掌の小説 全122編収録

    • 著者: 川端 康成
    • ナレーター: 松宮 森乃
    • 再生時間: 14 時間 30 分
    • 完全版
    • 総合評価
      4.5 out of 5 stars 8
    • ナレーション
      4.5 out of 5 stars 7
    • ストーリー
      4.5 out of 5 stars 7

    【スキマ時間にも味わう文豪の世界】 品格、叙情、エゴ、真情、変態性、エロス、醜、美・・・巨星「川端康成」のあらゆる要素が凝縮された「掌の小説」。40年余の歳月をかけて滴り落ちた掌編をあつめた、文豪の半生ともいうべき122編です。 【監督】吉田純子【...

    • 5 out of 5 stars
    • 究極のショートショート

    • 投稿者: zfguntvi 日付: 2019/06/10

    価格: ¥ 4,000

    • 伊豆の踊り子

    • 著者: 川端 康成
    • ナレーター: 榊原 忠美
    • 再生時間: 1 時間 9 分
    • 完全版
    • 総合評価
      4.5 out of 5 stars 5
    • ナレーション
      4.5 out of 5 stars 5
    • ストーリー
      4.5 out of 5 stars 5

    ノーベル賞作家川端康成の出世作となった短編小説。1926年1、2月に「文芸時代」に発表され、同年金星堂刊。 湯ヶ島・天城峠を越えて下田に向かう旅を芸人一座と道連れになった、孤独に悩む少年の、淡い恋と人間的成長を旅情豊かに描く。 オーディオブック「奥の細道」ほか、「木を植えた人」を聴くプロジェクト」など舞台活動でも活躍中の榊原忠美氏の落ちついた、朗読をお楽しみください。   「ことのは出版オーディオブック作品一覧はhttp://www.kotonoha.co.jpにて」

    • 5 out of 5 stars
    • 初めての入門に買いました!

    • 投稿者: テニスのおじ様 日付: 2019/01/20

    価格: ¥ 1,000

    • 伊豆の踊子

    • 著者: 川端 康成
    • ナレーター: 小川 道子
    • 再生時間: 1 時間 7 分
    • 完全版
    • 総合評価
      4.5 out of 5 stars 4
    • ナレーション
      4.5 out of 5 stars 4
    • ストーリー
      4.5 out of 5 stars 4

    二十歳の私が、高等学校の制帽をかぶり紺絣の着物に袴をはき学生カバンを肩に、高下駄をはき天城の坂道を登って行った。私の期待通り、その峠の茶屋で旅芸人の一行が休んでいた。私は「下田まで一緒に旅をしたい」と思い切って言った。

    価格: ¥ 1,000

    • 千羽鶴

    • 著者: 川端 康成
    • ナレーター: 松谷 染佳
    • 再生時間: 1 時間 2 分
    • 完全版
    • 総合評価
      4 out of 5 stars 3
    • ナレーション
      3.5 out of 5 stars 2
    • ストーリー
      3.5 out of 5 stars 2

    鎌倉円覚寺の茶会で、今は亡き情人の面影をとどめるその息子、菊治と出会った太田夫人は、お互いに誘惑したとも抵抗したとも覚えはなしに夜を共にする……。志野茶碗がよびおこす感触と幻想を地模様に、一種の背徳の世界を扱いつつ、人間の愛欲の世界と名器の世界、そして死の世界とが微妙に重なりあう美の絶対境を現出した名作

    • 著者: 川端 康成
    • ナレーター: 松谷 染佳
    • 再生時間: 1 時間 2 分
    • 配信日: 2015/09/09
    • 4 out of 5 stars 3件のカスタマーレビュー

    価格: ¥ 1,000

    • 月下美人

    • 掌の小説
    • 著者: 川端 康成
    • ナレーター: 松宮 森乃
    • 再生時間: 8 分
    • 完全版
    • 総合評価
      4 out of 5 stars 2
    • ナレーション
      3.5 out of 5 stars 2
    • ストーリー
      4 out of 5 stars 2

    【数分で味わえる文豪の世界】 品格、叙情、エゴ、真情、変態性、エロス、醜、美・・・巨星「川端康成」のあらゆる要素が凝縮された「掌の小説」。40年余の歳月をかけて滴り落ちた掌編をあつめた、文豪の半生ともいうべき122編のうちの1編です。川端康成の本質と深く関わる濃密な時間を、じっくりとご堪能ください。   監督/吉田純子・編集/三好達也_林岳史

    価格: ¥ 500

    • 有難う

    • 掌の小説
    • 著者: 川端 康成
    • ナレーター: 松宮 森乃
    • 再生時間: 7 分
    • 完全版
    • 総合評価
      0 out of 5 stars 0
    • ナレーション
      0 out of 5 stars 0
    • ストーリー
      0 out of 5 stars 0

    定期乗合自動車に乗って、母親は町へ娘を売りに行くのである――【7分で味わう文豪の世界】 品格、叙情、エゴ、真情、変態性、エロス、醜、美・・・巨星「川端康成」のあらゆる要素が凝縮された「掌の小説」。40年余の歳月をかけて滴り落ちた掌編をあつめた、文豪の半生ともいうべき122編のうちの1編です。川端康成の本質と深く関わる濃密な時間を、じっくりとご堪能ください。   監督/吉田純子・編集/三好達也_林岳史

    価格: ¥ 500

    • みずうみ

    • 著者: 川端 康成
    • ナレーター: 遠藤 たつお
    • 再生時間: 4 時間
    • 完全版
    • 総合評価
      5 out of 5 stars 2
    • ナレーション
      5 out of 5 stars 2
    • ストーリー
      4 out of 5 stars 2

    美しい女を見かけると、その「魔性」に惹かれて後を追ってしまう銀平。職を失ってもその奇行は止まらない。ある少女の美しい目の「黒いみずうみに裸で泳ぎたい」と夢見、「自分が美しい足の若者に生まれ変って、二人で白のバレエを踊りましょう」と呟く・・三島由紀夫により「華麗な暗黒小説」と評された異色作。

    価格: ¥ 2,500

    • 掌の小説
    • 著者: 川端 康成
    • ナレーター: 松宮 森乃
    • 再生時間: 4 分
    • 完全版
    • 総合評価
      0 out of 5 stars 0
    • ナレーション
      0 out of 5 stars 0
    • ストーリー
      0 out of 5 stars 0

    亭主を火事で亡くした女が泣き崩れて居るのを、武士は見た――【5分で味わう文豪の世界】 品格、叙情、エゴ、真情、変態性、エロス、醜、美・・・巨星「川端康成」のあらゆる要素が凝縮された「掌の小説」。40年余の歳月をかけて滴り落ちた掌編をあつめた、文豪の半生ともいうべき122編のうちの1編です。川端康成の本質と深く関わる濃密な時間を、じっくりとご堪能ください。   監督/吉田純子・編集/三好達也_林岳史

    • 掌の小説
    • 著者: 川端 康成
    • ナレーター: 松宮 森乃
    • 再生時間: 4 分
    • 配信日: 2016/10/25
    • レビューはまだありません。

    価格: ¥ 500

    • 眠れる美女

    • 著者: 川端 康成
    • ナレーター: 松宮 森乃
    • 再生時間: 6 時間 58 分
    • 完全版
    • 総合評価
      4 out of 5 stars 3
    • ナレーション
      4.5 out of 5 stars 3
    • ストーリー
      4.5 out of 5 stars 3

    潮のかおる闇に浮かぶ真紅の部屋。そこには美しい娘が眠っている。妖婦の嫣のある娘、小さい娘、可愛らしさが危うい娘、野蛮な匂いのする娘、やさしいやわらかさの娘、娘、娘・・・ その部屋に、娘たちにとって「安心の出来る」身となった老人たちが訪れる。もう行くことはあるまいと思った江口老人もすいよせられるように数を重ねる。——うつくしい娘たちは追憶を誘う。そして・・  表題作『眠れる美女』ほか『片腕』『散りぬるを』収録。 監督/吉田純子・編集/三好達也_武井寿夫

    • 5 out of 5 stars
    • これぞオトナの世界…

    • 投稿者: zfguntvi 日付: 2018/06/27

    価格: ¥ 3,000

    • 雪国(下)-Wisの朗読シリーズ(59)

    • 著者: 川端 康成
    • ナレーター: wis
    • 再生時間: 2 時間 12 分
    • 完全版
    • 総合評価
      5 out of 5 stars 2
    • ナレーション
      5 out of 5 stars 2
    • ストーリー
      5 out of 5 stars 2

    いつか来たときの列車で向いの席にいた声の美しい女性の葉子は、駒子の家の若い病人を看病していたが、その病人も亡くなった。その後毎日、墓に参っていた。葉子は、湯に入るといつも澄んだ声で歌うのだった。駒子の使いでやって来た葉子と話すと、いずれ東京にいくので一緒に連れて行ってほしいという。ある日の早朝、駒子は宿の裏の坂を上ってそっと島村の部屋にやってきた。その夜も泥酔して島村の宿に立ち寄った。「君はいい女だね」という言葉に突然怒りだす。島村は、いつか駒子が通ってくるのを心待つにする気持ちになりながら、他方で自分のわがままに呵責が募るのであった。もうこれからは来られないだろうと思いながら長逗留を続けた晩秋のある日、島村の乗る車に飛び乗ってきた駒子と街を歩く。そこに突然、半鐘が鳴り出した。映画上映が行われている繭倉が火事だという。二人は駆けだした・・・。

    価格: ¥ 2,000

    • 名人

    • 著者: 川端 康成
    • ナレーター: 堀 英二
    • 再生時間: 4 時間 39 分
    • 完全版
    • 総合評価
      0 out of 5 stars 0
    • ナレーション
      0 out of 5 stars 0
    • ストーリー
      0 out of 5 stars 0

    本因坊秀哉名人に若き七段が挑んだ、名人の引退碁を観戦した川端康成は深い感銘を受け、観戦記者の視点での小説を描き上げた。一芸に魂をささげきった人間のすがたは、恐ろしく、美しく、背筋が寒くなるほどである。観戦記としても、小説としても、逸品の本作、どうぞご堪能ください。

    • 著者: 川端 康成
    • ナレーター: 堀 英二
    • 再生時間: 4 時間 39 分
    • 配信日: 2016/04/21
    • レビューはまだありません。

    価格: ¥ 2,500

    • 雪国(上)-Wisの朗読シリーズ(58)

    • 著者: 川端 康成
    • ナレーター: wis
    • 再生時間: 3 時間
    • 完全版
    • 総合評価
      3.5 out of 5 stars 3
    • ナレーション
      3 out of 5 stars 2
    • ストーリー
      5 out of 5 stars 1

    「国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。夜の底が白くなった。」の冒頭部分が有名な川端康成の代表作。雪国の温泉宿を舞台に、東京に妻子のある島村と、土地の芸者である一途な駒子の揺れ動く心の襞を軸に、彼女とも知り合いの美しい葉子への関心と平行しながら描かれる。雪国の雪の白さ、冷たく澄みきった空気の透明感や緊張感、温泉の温かさや湯煙、突き抜けるような青空、若葉の瑞々しい緑、列車の汽笛、そして駒子の肌の感触、女性2人の美しい声や手鞠歌の歌声、火事の紅い炎と熱気・・・五感に訴える哀しくも美しい川端美学の結晶的な作品。 ...

    価格: ¥ 2,500

    • wisの川端康成(1) 「眠れる美女(全)」

    • 著者: 川端 康成
    • ナレーター: wis
    • 再生時間: 4 時間 51 分
    • 完全版
    • 総合評価
      4.5 out of 5 stars 5
    • ナレーション
      4.5 out of 5 stars 5
    • ストーリー
      3.5 out of 5 stars 5

    【解説】 三島由紀夫が「熟れすぎた果実の腐臭に似た芳香を放つデカダンス文学の逸品」と激賞した川端康成の傑作。深紅のビロードのカーテンの部屋に横たわる全裸の美女を眺め、そっと愛撫する老人、江口――ここは海辺の宿の一室。彼がここへ来る理由はただ一つ、不思議な薬で眠らされ、目覚めることのないた女たちと一夜を過ごすためだった。通うたびに、江口は違う美女と眠りを共にした。そして、その度ごとに、過去に付き合った女たちのことを鮮明に思い出すのだった。ここは、老人の楽園…? 何を聞いても秘密だと言って答えない謎の館の女主人。ほつれ出す秘密のからくり。サスペンスの薫りを漂わせ、最後は思いかけない展開で終わりをむかえる。 【朗読 wis】 透明感と落ち着きのある声で親しまれている女性朗読家です。

    価格: ¥ 2,500

    • wisの川端康成(2) 「伊豆の踊子」

    • 著者: 川端 康成
    • ナレーター: wis
    • 再生時間: 1 時間 25 分
    • 完全版
    • 総合評価
      4 out of 5 stars 4
    • ナレーション
      5 out of 5 stars 1
    • ストーリー
      4 out of 5 stars 1

    【解説】 旧制高等学校の学生の「私」は、孤独な生い立ちからくる憂鬱から逃れるために、伊豆への旅に出た。途中、天城峠で旅芸人の一行と出会い、下田まで旅をともにすることになった。その中に、その踊子がいた。初めは17〜8歳くらいかと思ったが、露天の風呂から裸身をさらし全身を乗り出して手を振る無邪気な様子から、まだ14歳だと知る。自分を慕うまだ純真な踊子や素朴な旅芸人の一行と交わるうちに、「私」の心は温かくほぐれていく・・・。 清く、淡い初恋を描き、透明な抒情感に満たされている川端康成の初期の名作。 【朗読】 wis ※透明感と落ち着きのある声で親しまれている女性朗読家です。

    価格: ¥ 1,000

    • 屋上の金魚

    • 掌の小説
    • 著者: 川端 康成
    • ナレーター: 松宮 森乃
    • 再生時間: 7 分
    • 完全版
    • 総合評価
      0 out of 5 stars 0
    • ナレーション
      0 out of 5 stars 0
    • ストーリー
      0 out of 5 stars 0

    千代子は夜になると飾鏡に映して金魚を見守った――【7分で味わう文豪の世界】 品格、叙情、エゴ、真情、変態性、エロス、醜、美・・・巨星「川端康成」のあらゆる要素が凝縮された「掌の小説」。40年余の歳月をかけて滴り落ちた掌編をあつめた、文豪の半生ともいうべき122編のうちの1編です。川端康成の本質と深く関わる濃密な時間を、じっくりとご堪能ください。   監督/吉田純子・編集/三好達也_林岳史

    価格: ¥ 500

    • 朗読執事~伊豆の踊り子~

    • 著者: 川端 康成
    • ナレーター: 近藤 隆
    • 再生時間: 1 時間 15 分
    • 完全版
    • 総合評価
      0 out of 5 stars 0
    • ナレーション
      0 out of 5 stars 0
    • ストーリー
      0 out of 5 stars 0

    人気の声優が名作作品を朗読する話題のiPhoneアプリ「朗読執事」。その朗読が
    ついにオーディオブックになって登場!

    ◆あらすじ◆

    一人、伊豆の旅に出てから四日目。
    天城峠を前に雨に打たれ、茶屋で雨宿りをしていた。

    その茶屋で、追いかけていた旅芸人の一行を見つける。
    踊子と間近に向き合い、どぎまぎする時を過ごす私。

    旅芸人が発った後、茶屋のお婆さんに煽られ、私は踊子一行の旅に同道すべく
    再び追いかけるのであった。

    朗読執事 公式サイト
    http://www.rodokushitsuji.jp/

    価格: ¥ 1,000

    • 波千鳥

    • 著者: 川端 康成
    • ナレーター: 松谷 染佳
    • 再生時間: 51 分
    • 完全版
    • 総合評価
      0 out of 5 stars 0
    • ナレーション
      0 out of 5 stars 0
    • ストーリー
      0 out of 5 stars 0

    菊治あてに自分たちを忘れるよう長い手紙を書いた文子。手紙をうけて結婚したものの、結婚に罪悪感をいだく菊治はーー 川端康成の代表作『千羽鶴』の続編として書き始められたものの、構想ノートが盗難に会い未完に終わった、生々しく、清冽な、うつくしい物語。

    価格: ¥ 800

    • さざん花

    • 掌の小説
    • 著者: 川端 康成
    • ナレーター: 松宮 森乃
    • 再生時間: 15 分
    • 完全版
    • 総合評価
      3.5 out of 5 stars 3
    • ナレーション
      3.5 out of 5 stars 3
    • ストーリー
      4 out of 5 stars 3

    【数分で味わえる文豪の世界】 品格、叙情、エゴ、真情、変態性、エロス、醜、美・・・巨星「川端康成」のあらゆる要素が凝縮された「掌の小説」。40年余の歳月をかけて滴り落ちた掌編をあつめた、文豪の半生ともいうべき122編のうちの1編です。川端康成の本質と深く関わる濃密な時間を、じっくりとご堪能ください。   監督/吉田純子・編集/三好達也_林岳史

    価格: ¥ 500

    • かささぎ

    • 掌の小説
    • 著者: 川端 康成
    • ナレーター: 松宮 森乃
    • 再生時間: 7 分
    • 完全版
    • 総合評価
      0 out of 5 stars 0
    • ナレーション
      0 out of 5 stars 0
    • ストーリー
      0 out of 5 stars 0

    【数分で味わえる文豪の世界】 品格、叙情、エゴ、真情、変態性、エロス、醜、美・・・巨星「川端康成」のあらゆる要素が凝縮された「掌の小説」。40年余の歳月をかけて滴り落ちた掌編をあつめた、文豪の半生ともいうべき122編のうちの1編です。川端康成の本質と深く関わる濃密な時間を、じっくりとご堪能ください。   監督/吉田純子・編集/三好達也_林岳史

    価格: ¥ 500

表示 件 / ページ
  • 1
  • 2
  • ...
  • 7