最初の1冊は無料。今すぐ聴こう。

超催眠シリーズVol.06 『自己催眠の力で落ち着いて喋れる!プレゼン、スピーチ、面接』

著者: 吉田 かずお
ナレーター: 吉田 かずお
再生時間: 26 分
5 out of 5 stars (5件のカスタマーレビュー)
価格: ¥ 2,500
30日間の無料体験後は月額1,500円。いつでも退会できます。

あらすじ・解説

本タイトルで参照する付属資料は以下URLよりダウンロードいただくことができます。

http://download.audible.com/product_related_docs/BK_PANR_001156.pdf
PDF提供元:パンローリング株式会社

※ iOS, Androidをご利用のお客様は、アプリ上で直接ご覧いただくことができません。

当タイトルをaudible.co.jp上で検索していただきますと、「あらすじ・解説」の箇所に、PDFファイルのURLを掲載しておりますのでぜひご利用ください。

※Windows10端末をご利用のお客様は、アプリ上で直接ご覧いただけます。


伝説の催眠術師 吉田かずおの超催眠シリーズVol.06
‐緊張やあがり症を意志の力で克服することは難しいです。プレゼン、スピーチ、面接。ちょっとした会議や打ち合わせ。人前で話をしなければいけない機会は日々たくさんあります。友達や家族となら気軽に話せるのに、いざ「話してください」という場面になると 緊張して、手や体中から汗がしたたり、声はうわずり、早口になり、 せっかく準備したことも思ったとおりに話せず終わってしまう。そんなこと。ありませんか?この医学的には存在しない「あがり症」と呼ばれる状態は 「嫌だな」と思うネガティブな感情があなたの交感神経を優位な状態にし、 アドレナリンが過剰に分泌され、酸素供給のために血圧が上がったり 呼吸が速く・浅くなる現象です。つまり、思考や意志の力だけで体の現象を抑え込むことは非常に難しく、 思えば思うほど交感神経優位な状態に体は傾いていきます。フィジカルな現象を、フラットでリラックスした状態に保つ方法は ただひとつ。あなた自身の心自体をコントロールするしかありません。本音源は、あなたが日常でも、大切な場面でも普通の状態で会話や話ができるよう 催眠の力を用いて潜在意識に「あがり」を克服する暗示項目を導入し、 かつ、スピーチ直前の場面において心を落ち着かせるための自己催眠呼吸法の訓練方法も 体感することができます。心を整え、平常心を保つ方法を、頭で、理屈で考えるのではなく 暗示でコントロールすることで、話すことをより楽しめるようになる催眠音源です。 導入される暗示項目-・自分は大勢の人の前で上手に話すことができると確信する・話せば話すほど落ち着いてきて、より伝えたいことを的確に伝えられるようになる・ゆっくり話すことで心が落ち着いてくる・人に話すこと、伝えることが楽しくて仕方なくなってくる
(C)Pan Rolling

カスタマーレビュー

総合評価

  • 5 out of 5 stars
  • 星5つ
    4
  • 星4つ
    1
  • 星3つ
    0
  • 星2つ
    0
  • 星1つ
    0

ナレーション

  • 4 out of 5 stars
  • 星5つ
    2
  • 星4つ
    1
  • 星3つ
    1
  • 星2つ
    0
  • 星1つ
    0

ストーリー

  • 4.5 out of 5 stars
  • 星5つ
    2
  • 星4つ
    1
  • 星3つ
    0
  • 星2つ
    0
  • 星1つ
    0
レビューはまだありません。