Audible会員プラン登録で、12万以上の対象タイトルが聴き放題。

  • 琥珀の夏

  • 著者: 辻村 深月
  • ナレーター: 春日 さくら
  • 再生時間: 18 時間 32 分
  • 4.4 out of 5 stars (58件のカスタマーレビュー)

Audible会員プラン 無料体験

会員は、12万以上の対象作品が聴き放題
アプリならオフライン再生可能
プロの声優や俳優の朗読も楽しめる
Audibleでしか聴けない本やポッドキャストも多数
無料体験終了後は月会費1,500円。いつでも退会できます
『琥珀の夏』のカバーアート

琥珀の夏

著者: 辻村 深月
ナレーター: 春日 さくら
30日間の無料体験を試す

無料体験終了後は月額¥1,500。いつでも退会できます。

¥4,000 で購入

¥4,000 で購入

下4桁がのクレジットカードで支払う
ボタンを押すと、Audibleの利用規約およびAmazonのプライバシー規約同意したものとみなされます。支払方法および返品等についてはこちら

あらすじ・解説

見つかったのは、ミカちゃんなんじゃないか――

『かがみの孤城』『傲慢と善良』の著者が描く、

瑞々しい子どもたちの日々。そして、痛みと成長。

かつて、カルトだと批判を浴びた<ミライの学校>の敷地跡から、

少女の白骨遺体が見つかった。

ニュースを知った弁護士の法子は、無騒ぎを覚える。

埋められていたのは、ミカちゃんではないかーー。

小学生時代に参加した<ミライの学校>の夏合宿で出会ったふたり。

法子が最後に参加した夏、ミカは合宿に姿を見せなかった。

30年前の記憶の扉が開くとき、幼い日の友情と罪があふれ出す。

本タイトルは12時間を超えるため、パートごとに分割してダウンロードすることができます。

©辻村 深月 (P)2024 Audible, Inc.

琥珀の夏に寄せられたリスナーの声

総合評価
  • 4.5 out of 5 stars
  • 星5つ
    37
  • 星4つ
    13
  • 星3つ
    6
  • 星2つ
    1
  • 星1つ
    1
ナレーション
  • 4.5 out of 5 stars
  • 星5つ
    44
  • 星4つ
    8
  • 星3つ
    3
  • 星2つ
    2
  • 星1つ
    1
ストーリー
  • 4.5 out of 5 stars
  • 星5つ
    36
  • 星4つ
    13
  • 星3つ
    7
  • 星2つ
    1
  • 星1つ
    1

カスタマーレビュー:以下のタブを選択することで、他のサイトのレビューをご覧になれます。

並べ替え:
絞り込み:
  • 総合評価
    5 out of 5 stars
  • ナレーション
    5 out of 5 stars
  • ストーリー
    5 out of 5 stars
いのりもりのプロフィール画像
  • いのりもり
  • 2024/06/10

感情の動きがリアルでぞわぞわする

最後までどうなるか分からなくてそわそわしました。1番印象に残っているのは、自分のみたいものだけ、綺麗なところだけをくり抜いて世界を見てるってことに登場人物が気づいたとき。ドキッとした...。

問題が発生しました。数分後にもう一度お試しください。

ありがとうございました。

あなたはこのレビューを報告しました!

  • 総合評価
    3 out of 5 stars
  • ナレーション
    3 out of 5 stars
  • ストーリー
    3 out of 5 stars
enneaのプロフィール画像
  • ennea
  • 2024/05/01

想像していたのと違った

宗教2世の話かと思ったが、テーマがばらけていて追いかけづらい印象だった。
ただ、この作家さんは、一軍女子から冴えない女子への嫌がらせの描写などが本当にうまく、思春期の少女たちの心情ををリアルに感じさせてくれるのが良かった。
ナレーションは上手だけど、ときおり鼻声に感じる部分があり、聞き取りづらい面もあった。

問題が発生しました。数分後にもう一度お試しください。

ありがとうございました。

あなたはこのレビューを報告しました!

  • 総合評価
    4 out of 5 stars
  • ナレーション
    5 out of 5 stars
  • ストーリー
    3 out of 5 stars
かきくけこのプロフィール画像
  • かきくけこ
  • 2024/05/24

面白かったがちょっと意外な動機?

辻村さんの作品の大ファンで初めて聴きましたが、終盤で明らかなる動機がイマイチ?
幼少期の話が長く、あまりいかせていない気もしました。
幼少期に引っ越した子が最後にちょっとだけ出てきて あー、いたなこんな子となった

問題が発生しました。数分後にもう一度お試しください。

ありがとうございました。

あなたはこのレビューを報告しました!

  • 総合評価
    5 out of 5 stars
  • ナレーション
    5 out of 5 stars
  • ストーリー
    5 out of 5 stars
おじさんのプロフィール画像
  • おじさん
  • 2024/05/17

ナレーションが素晴らしい

いつものアニメ作品やラジオで聞いている春日さくらさんの声と一風違った声で、物語が頭の中にすっと入ってきました。非常に聞きやすかったです。

問題が発生しました。数分後にもう一度お試しください。

ありがとうございました。

あなたはこのレビューを報告しました!

  • 総合評価
    3 out of 5 stars
  • ナレーション
    3 out of 5 stars
  • ストーリー
    3 out of 5 stars
匿名ユーザーのプロフィール画像
  • 匿名ユーザー
  • 2024/05/18

暗い物語が、悲壮感漂う朗読で更に暗く…

物語も朗読も、好みの問題だが、私には合わなかった。聞いててとにかく辛かった。

何が言いたいのかよくわからない。通底する大きなうねりみたいなものを感じなかったー… 話が前後したり主観が変わったりしても大きなうねりに乗っていれば物語の海をぐんぐん泳いでいけるけど、この物語は何度も溺れかけた。リタイアしたくなった。

子が親を求める気持ちは何より大事にしてあげて。大人は子どもを保護して。目を離さないで。子育て大変。でもかわいい。理想の教育って究極、親子が普通の関係であること … だ、か、ら、家族って親子って大事だよね…???みたいなこと?

聞くのが辛いのは、ノリコに共感できなかったことも大きい。私も生きベタだけど、ノリコにはモヤモヤしっぱなしだった。子ども間の上下関係みたいなのも、とにかく描写が卑屈で不快。

朗読は、個人的な好みの問題だが、読点の切れ目や文末の余計な一呼吸というか、すっと息を吸ったり吐いたりする音が、とてもとても気になる。余計な息継ぎというか。息つぎが多いから、文も細切れになる。アニメの声当てではないから、地の文も会話の文も、この呼吸で読まれると、辛い。地の文にまで余計な悲壮感や危機感が漂って、とても聴き苦しかった。

問題が発生しました。数分後にもう一度お試しください。

ありがとうございました。

あなたはこのレビューを報告しました!