価格: ¥ 3,500

会員特典 会員特典
  • 会員プラン初回登録時は30日間無料。以降は月額1,500円。
  • 無料体験後は、毎月1つ付与される「コイン」でお好きなタイトルを購入。
  • 購入したタイトルは退会後もあなたのもの。
  • 会員ならどのタイトルでも30%OFFで購入可。
  • 気に入らなかったら、他のタイトルと交換OK。
  • 追加料金なしで楽しめるコンテンツも。
OR
カートに追加済み

あらすじ・解説

     〔ブッカー賞受賞〕短い旅に出た執事が美しい田園風景のなか古き時代を回想する。長年仕えた卿への敬慕、執事の鑑だった亡父、女中頭への淡い想い、二つの大戦の間に邸内で催された外交会議の数々。遠い思い出は輝きながら胸のなかで生きる。失われゆく伝統的英国を描く英国最高の文学賞受賞作。解説/丸谷才一    

©THE REMAINS OF THE DAY by Kazuo Ishiguro Copyright ⓒ 1989 by Kazuo Ishiguro Japanese audiobook rights arranged with Rogers, Coleridge and White Ltd. through The English Agency (Japan) Ltd. (P)2018 Audible, Inc.

カスタマーレビュー

総合評価

  • 4.5 out of 5 stars
  • 星5つ
    28
  • 星4つ
    12
  • 星3つ
    4
  • 星2つ
    1
  • 星1つ
    2

ナレーション

  • 4.5 out of 5 stars
  • 星5つ
    25
  • 星4つ
    7
  • 星3つ
    7
  • 星2つ
    0
  • 星1つ
    2

ストーリー

  • 4.5 out of 5 stars
  • 星5つ
    26
  • 星4つ
    12
  • 星3つ
    2
  • 星2つ
    0
  • 星1つ
    1
並べ替え:
  • 総合評価
    5 out of 5 stars
  • ナレーション
    5 out of 5 stars
  • ストーリー
    4 out of 5 stars
  • 磯貝浩一郎
  • 2018/09/16

小さなストーリーが丁重に紡ぎあげる世界は、愛おしく、美しい

古き良き時代の英国、という現代に生きる我々には共感しにくい設定にもかかわらず、一人称で語られる物語はとても入り込みやすく、小さなストーリーが丁重に紡ぎあげる世界は、愛おしく、美しい。

4人中4人のお客様がこのレビューが参考になったと答えています。

  • 総合評価
    5 out of 5 stars
  • ナレーション
    5 out of 5 stars
  • ストーリー
    4 out of 5 stars
  • あきーらS
  • 2018/09/20

平易な訳文とほどよい追憶ペースが心地よい

英国上流階級の暮らしの真っ只中で働いてきた執事が田舎町を旅しながら自分の仕えた主人の有為転変を脳裏に浮かべている様子を描写している。二度の世界大戦を経たイギリスに関してはほとんど予備知識がなかったが、作者の描きたいことが何度も何度も形を変えて伝わってきたように思う。

2人中2人のお客様がこのレビューが参考になったと答えています。

  • 総合評価
    5 out of 5 stars
  • ナレーション
    5 out of 5 stars
  • ストーリー
    5 out of 5 stars
  • タマ
  • 2018/09/20

穏やかにじんわり楽しめた

カズオイシグロは映画も観ておらず初めて。前知識もなく聴いてみたが、気取りや難しさもなく、それでいて丁寧で優れた作品に感じた。寝る前に聴くことが多いので、温かい気分にもなれて良かった。

1人中1人のお客様がこのレビューが参考になったと答えています。

  • 総合評価
    1 out of 5 stars
  • ギズモ
  • 2018/10/05

んんん

3章後半、何を話しても構わんよ…の後、何…の音声だけがナレーションにはまりこんでいてビックリしました。音飛びはチョイチョイありますが、コレはいやだ。

  • 総合評価
    5 out of 5 stars
  • ナレーション
    5 out of 5 stars
  • ストーリー
    5 out of 5 stars
  • Amazon Customer
  • 2018/09/28

仕事一辺倒で生きてきた執事の回想録

仕事一辺倒で生きてきた執事が休暇をきっかけにこれまでの人生を回想していく。最後が良かった。