最初の1冊は無料。今すぐ聴こう。

充たされざる者

ナレーター: 北斗 誓一
再生時間: 28 時間 22 分
カテゴリー: 現代文学
3 out of 5 stars (10件のカスタマーレビュー)

30日間の無料体験後は月額1,500円。いつでも退会できます。

OR
カートに追加済み

あらすじ・解説

世界的ピアニストのライダーは、あるヨーロッパの町に降り立った。「木曜の夕べ」という催しで演奏する予定のようだが、日程や演目さえ定かでない。ライダーはそれとなく詳細を探るが、奇妙な相談をもちかける市民たちが次々と邪魔に入り……。実験的手法で悪夢のような不条理を紡ぐ、ブッカー賞作家の異色作。
©THE UNCONSOLED by Kazuo Ishiguro Copyright © 1995 by Kazuo Ishiguro Japanese audiobook rights arranged with Rogers, Coleridge and White Ltd. through The English Agency (Japan) Ltd. (P)2019 Audible, Inc.
カスタマーレビュー
総合評価
  • 3 out of 5 stars
  • 星5つ
    4
  • 星4つ
    1
  • 星3つ
    0
  • 星2つ
    3
  • 星1つ
    2
ナレーション
  • 4 out of 5 stars
  • 星5つ
    4
  • 星4つ
    1
  • 星3つ
    4
  • 星2つ
    1
  • 星1つ
    0
ストーリー
  • 3 out of 5 stars
  • 星5つ
    4
  • 星4つ
    0
  • 星3つ
    2
  • 星2つ
    1
  • 星1つ
    3

カスタマーレビュー:以下のタブを選択することで、他のサイトのレビューをご覧になれます。

並べ替え:
絞り込み:
  • 総合評価
    1 out of 5 stars
  • ナレーション
    3 out of 5 stars
  • ストーリー
    3 out of 5 stars
  • pecosan
  • 2019/05/05

人を選ぶ話で自分には無理だった

Audible版は28時間22分、間違いなく大作であるが
今までのカズオ・イシグロを期待すると全く裏切られるファンタジー感のある内容
あまりに実験的な内容に出版当時も評価は二分されたようだ

物語の全ては夢のヴェールに包まれたように語られ
登場人物の会話のほとんど全て酷く冗長で内容は無く本筋からは外れ続ける
自分にはイライラが募るのみだったし、イライラを乗り越えた後にラストでスッキリするような話では無い

評価が分かれる内容なのは確かなので
夢の中を歩くような体験を楽しめる人には薦められるが
サスペンス的な、あるいはシックスセンス的なオチを期待する人にはお薦め出来ない

  • 総合評価
    5 out of 5 stars
  • ナレーション
    5 out of 5 stars
  • ストーリー
    5 out of 5 stars
  • 活人漁場
  • 2019/05/03

2001年夢中の旅

 分厚い原作におそれをなしaudibleにしてみました。
 主に寝入りばなと通勤の行き帰りの車で聴いてますが、何と言っても長いんでストーリーを追うのは途中で放棄し、場面場面を頭のなか空っぽ状態で受け入れ、楽しむことにしました。
 その結果、購入して一月以上経ちますが未だに繰り返し聴き続けています。そろそろこの世界から脱出しないといけません。
 ナレーションは膨大な登場人物を聴きやすくまとめており、オーバーな感情表現を抑えたことで長時間聴き続けても疲れない仕上がりになっているように思います。

  • 総合評価
    2 out of 5 stars
  • ナレーション
    3 out of 5 stars
  • ストーリー
    1 out of 5 stars
  • いかりや
  • 2019/04/27

気分がめいる

だらだらだらだらと 支離滅裂 で 脈絡のない どうしようもない混沌とした 話の連続だ 読むに 絶えない 聞くに忍びない 時間の無駄だ どうでもいい話だ
なぜなぜなぜと 質問できるなら 質問攻めに合わせたい

  • 総合評価
    2 out of 5 stars
  • ナレーション
    3 out of 5 stars
  • ストーリー
    1 out of 5 stars
  • 偉大なるkami
  • 2020/05/12

期待はずれで、がっかりです。

カズオ・イシグロは5作目で、今までとても面白く聞かせて頂きました。
カスタマーレビューの評価が良くなかったのですが、前作までがとても良かったので購入して聞いてみました。がっかりしました。
そのうちに面白くなるだろうと思い、ずっと聞いていましたが17章で止めました。
いくら、読み進めても作品にひきこまれません。今までのカズオ・イシグロにはありえない事です。
回想を綴っているのですが、ただ細かい描写を述べるだけで何を言いたいのかさっぱり分かりません。ただ、だらだらと述べているだけです。
今回、作者は何を意図としたのでしょう。
時間の無駄でしたが、カズオ・イシグロにもこうゆう作品があるのだと思いました。