最初の1冊は無料。今すぐ聴こう。

民王

著者: 池井戸 潤
ナレーター: 金田 明夫
再生時間: 8 時間 42 分
カテゴリー: 現代文学
4.5 out of 5 stars (65件のカスタマーレビュー)

30日間の無料体験終了後は月額980円。(最初の12か月間の特別価格。詳細はこちら)いつでも退会できます。

OR
カートに追加済み

あらすじ・解説

「お前ら、そんな仕事して恥ずかしいと思わないのか。目をさましやがれ!」 漢字の読めない政治家、酔っぱらい大臣、揚げ足取りのマスコミ、バカ大学生が入り乱れ、巨大な陰謀をめぐる痛快劇の幕が切って落とされた。夢かうつつか、新手のテロか? 総理の父とドラ息子の非常事態。それぞれが見つけた真実のカケラとは!? ドラマ化(遠藤憲一✕菅田将暉W主演)で話題を呼んだ、痛快政治エンタメ。カリヤン役の俳優・金田明夫さんによる朗読版!
©Jun Ikeido (P)2019 Audible, Inc.

カスタマーレビュー

総合評価

  • 4.5 out of 5 stars
  • 星5つ
    41
  • 星4つ
    19
  • 星3つ
    5
  • 星2つ
    0
  • 星1つ
    0

ナレーション

  • 4.5 out of 5 stars
  • 星5つ
    40
  • 星4つ
    12
  • 星3つ
    3
  • 星2つ
    0
  • 星1つ
    0

ストーリー

  • 4.5 out of 5 stars
  • 星5つ
    37
  • 星4つ
    11
  • 星3つ
    7
  • 星2つ
    0
  • 星1つ
    0
並べ替え:
  • 総合評価
    5 out of 5 stars
  • ナレーション
    4 out of 5 stars
  • ストーリー
    5 out of 5 stars
  • suyako
  • 2019/08/08

爽快ギャグ政治小説

予備知識なしに「政治の話?お堅いのかな?」と思いつつ聴き始めたのですが、まさかこんなに笑わされると思わなかったです。面白すぎて、公共の交通機関内で聴くときは要注意レベルです。

池井戸さんの作品にこんなにギャグ要素の多いものがあるなんて新鮮でしたが、ストーリーも面白く、風刺的要素もありつつ、最後はスカッとします。
「国家存亡の危機!」と言いながら危機感無い感じ、好きです。
ドラマの方もぜひ観てみたいです。というか、ドラマ向きな内容かも。

ナレーションは聴き進めるとともに馴染んできました。

3人中3人のお客様がこのレビューが参考になったと答えています。

  • 総合評価
    4 out of 5 stars
  • ナレーション
    5 out of 5 stars
  • ストーリー
    3 out of 5 stars
  • エレン
  • 2019/09/12

金田明夫。

ナレーションいいね。もっとたくさん読んで欲しい。。

2人中2人のお客様がこのレビューが参考になったと答えています。

  • 総合評価
    5 out of 5 stars
  • ナレーション
    5 out of 5 stars
  • ストーリー
    5 out of 5 stars
  • pecosan
  • 2019/08/31

池井戸潤で「俺たち入れ替わってるー!?」を政治の舞台で

池井戸潤にしてはコメディ色が強い本作
ドラマ化もされてますが、Audible版くらいの方が演技が大袈裟過ぎなくてちょうどよいです
入れ替わりはむしろ古典的な感じで、あるあるシチュエーションが心地よいです
ナレーションも馴染んでていい感じですし
あまり難しく考えず、頭空っぽにして楽しめるのがよいですね

1人中1人のお客様がこのレビューが参考になったと答えています。

  • 総合評価
    5 out of 5 stars
  • ナレーション
    5 out of 5 stars
  • ストーリー
    5 out of 5 stars
  • Amazon カスタマー
  • 2019/07/08

感動

笑いあり、涙ありのとても素晴らしい内容でした。
自分自身の仕事に照らし合わせても、何故のこ仕事を始めたのか、最初の思いは何だったのか?原点に帰れた気がします。
ありがとうございます。

4人中3人のお客様がこのレビューが参考になったと答えています。

  • 総合評価
    3 out of 5 stars
  • ナレーション
    3 out of 5 stars
  • ストーリー
    3 out of 5 stars
  • 星長春
  • 2019/10/09

ミンオウではなくタミオウ

アニメ・SFでは「タイムスリップ」とともに定番の設定である「入れ替わり」。ストーリーは面白いが池井戸潤の小説としては少々無理があるか...ミンオウではなくタミオウなんだ。

  • 総合評価
    5 out of 5 stars
  • ナレーション
    5 out of 5 stars
  • ストーリー
    5 out of 5 stars
  • Amazon カスタマー
  • 2019/09/27

さすが面白い

内容も今までにない展開で面白い。池井戸という作家は色々な角度から物語を書くのでワンパターンではない。