最初の1冊は無料。今すぐ聴こう。

30日間の無料体験後は月額1,500円。いつでも退会できます。

OR
カートに追加済み

あらすじ・解説

中堅ゼネコンの若手、富島平太が異動した先は、“談合課”と揶揄される、大口公共事業の受注部署だった。恋人の萌との関係もぎくしゃくし、悩みはつきない平太。技術力を武器に、真正面から地下鉄工事の入札に挑もうとする平太らの前に、「談合」の壁が立ちはだかる。組織に殉じるか、正義を信じるか。吉川英治文学新人賞に輝いた白熱の人間ドラマ!
©Jun Ikeido (P)2019 Audible, Inc.

鉄の骨に寄せられたリスナーの声

総合評価
  • 4.5 out of 5 stars
  • 星5つ
    174
  • 星4つ
    57
  • 星3つ
    10
  • 星2つ
    0
  • 星1つ
    0
ナレーション
  • 4.5 out of 5 stars
  • 星5つ
    154
  • 星4つ
    46
  • 星3つ
    7
  • 星2つ
    1
  • 星1つ
    2
ストーリー
  • 4.5 out of 5 stars
  • 星5つ
    150
  • 星4つ
    44
  • 星3つ
    13
  • 星2つ
    2
  • 星1つ
    0

カスタマーレビュー:以下のタブを選択することで、他のサイトのレビューをご覧になれます。

並べ替え:
絞り込み:
  • 総合評価
    4 out of 5 stars
  • ナレーション
    4 out of 5 stars
  • ストーリー
    3 out of 5 stars
  • いかりや
  • 2019/08/05

なんかなぁ

会社の役員や部長が別会社で初対面の年若い主人公に対して大変不躾な態度で接するあたりが不自然だ

  • 総合評価
    5 out of 5 stars
  • ナレーション
    5 out of 5 stars
  • ストーリー
    5 out of 5 stars
  • ricoh01
  • 2020/08/05

談合と言う生き方

よく言われる、談合は法律違反だと本当にそうなのか問うている作品だと思います。昔建設業に携わる事があり、多かれ少かれそう言う入札に係わった事があり。昔を思い出しました。あの時は皆必死だったと思いました。昔の事です。

  • 総合評価
    4 out of 5 stars
  • ナレーション
    4 out of 5 stars
  • ストーリー
    4 out of 5 stars
  • who
  • 2019/09/21

富島平太がいい

富島平太がいいキャラでストーリー展開がスムースだった。

  • 総合評価
    3 out of 5 stars
  • ナレーション
    1 out of 5 stars
  • ストーリー
    5 out of 5 stars
  • Kindleのお客様
  • 2019/09/17

音声に難あり

声が細すぎるせいか、かなり音量を上げないと聞き取れなかった。

  • 総合評価
    5 out of 5 stars
  • ナレーション
    5 out of 5 stars
  • ストーリー
    5 out of 5 stars
  • げん
  • 2019/08/31

おもしろかった

ドラマでは見たことがあったが、本で読むのは初めてでした。
本の方が面白いです。ひきこまれますよ

  • 総合評価
    5 out of 5 stars
  • ナレーション
    5 out of 5 stars
  • ストーリー
    5 out of 5 stars
  • HIROIIJ
  • 2019/08/29

さすが池井戸潤さん!

どうしてこの方の作品は、一見とっつきづらく、注目されないような題材をこうも面白くしてしまうのだろうか!
タイトルから想像もつかない、読んで(聴いて)みないと分からない、素晴らしさ。
ナレーターの前田弘喜さんの登場人物のセリフの演じ分けも素晴らしい。ニュアンスが伝わり、脳内で補完すると、まざまざと全く声色が違って、誰のセリフか瞭然に。オーディブルならではの娯楽。是非お楽しみください!

  • 総合評価
    5 out of 5 stars
  • ナレーション
    5 out of 5 stars
  • ストーリー
    5 out of 5 stars
  • minerva2050
  • 2019/05/08

傑作、一気聞き、痛快

原作発表当時、いろんな書評で絶賛された名作。
実際の談合事件をモデルに痛快なエンターテイメント小説に仕上げた池井戸さんに脱帽。
かなりの長編、でも聞き始めると止まらない、ナレーターさんの力技に降参でした。

  • 総合評価
    4 out of 5 stars
  • ナレーション
    4 out of 5 stars
  • ストーリー
    4 out of 5 stars
  • ミシル
  • 2021/04/16

一冊目

audible最初の一冊に選んだ本。何冊か視聴して決めました。内容も期待通りの安定した面白さ。ナレーションも良かった。

  • 総合評価
    5 out of 5 stars
  • ナレーション
    5 out of 5 stars
  • ストーリー
    5 out of 5 stars
  • t29mato
  • 2021/03/09

池井戸潤さんの作品はやはりハズレないという感想

ネタバレになってしまうので、何がどう面白かったと具体的に書くのは控えますが、常に次どうなるんだ?この伏線はどこで回収される?など、いろいろなことを想像させてくれるのが良かったところ。
ナレーションは非常に作品にマッチしており、聞いてて居心地が良かったです。女性の声が男性のナレーションというところだけ、頭の中のイメージとズレが生じて、ちょっとヤキモキしましたが、だからといって、女性の声だけ女性ナレーションというのも違和感感じるかもしれないので、今回のナレーター1人の構成がベストだったのではと思います。

  • 総合評価
    5 out of 5 stars
  • ナレーション
    5 out of 5 stars
  • ストーリー
    5 out of 5 stars
  • シゲ
  • 2021/02/27

公共工事の入札とゼネコンの苦悩と競争

とても面白く、勉強にもなりました。
競争の中で会社を存続させることはとても厳しいのですね。