Audible会員プラン登録で、12万以上の対象タイトルが聴き放題。

Audible会員プラン 30日間無料体験

会員は、12万以上の対象作品が聴き放題
オフライン再生可能
プロの声優や俳優の朗読で楽しめる
Audibleでしか聴けない本やポッドキャストも多数
無料体験終了後は月会費1,500円。いつでも退会できます。
¥ 3,600 で購入

¥ 3,600 で購入

下4桁がのクレジットカードで支払う
ボタンを押すと、Audibleの利用規約およびAmazonのプライバシー規約同意したものとみなされます。支払方法および返品等についてはこちら

あらすじ・解説

1、CDショップに入りびたり、 2、苗字が町や市の名前であり、 3、受け答えが微妙にずれていて、 4、素手で他人に触ろうとしない。 ――そんな人物が身近に現れたら、それは死神かもしれません。
1週間の調査ののち、その人間の死に〈可〉の判断をくだせば、翌8日目には死が実行される。クールでどこか奇妙な死神・千葉が出会う6つの人生。
日本推理作家協会賞(短編部門)を受賞した表題作ほか、「死神と藤田」「吹雪に死神」「恋愛で死神」「恋路を死神」「死神対老女」を収録。
©伊坂 幸太郎 (P)2019 Audible, Inc.

同じ著者・ナレーターの作品

死神の精度に寄せられたリスナーの声

総合評価
  • 4.5 out of 5 stars
  • 星5つ
    116
  • 星4つ
    40
  • 星3つ
    16
  • 星2つ
    4
  • 星1つ
    0
ナレーション
  • 4.5 out of 5 stars
  • 星5つ
    79
  • 星4つ
    46
  • 星3つ
    19
  • 星2つ
    6
  • 星1つ
    1
ストーリー
  • 4.5 out of 5 stars
  • 星5つ
    106
  • 星4つ
    33
  • 星3つ
    7
  • 星2つ
    5
  • 星1つ
    1

カスタマーレビュー:以下のタブを選択することで、他のサイトのレビューをご覧になれます。

並べ替え:
絞り込み:
  • 総合評価
    5 out of 5 stars
  • ナレーション
    5 out of 5 stars
  • ストーリー
    5 out of 5 stars
  • snoopyio
  • 2019/05/22

最後の3分にやられました。

最後3分までは淡々とちょっと不思議なストーリーを淡々と聴いていましたが、最後の3分で号泣してしまいました。
物語交錯のない短編集かと思っていましたら、、、素晴らしい締め方だと思います。

  • 総合評価
    5 out of 5 stars
  • ナレーション
    5 out of 5 stars
  • ストーリー
    5 out of 5 stars
  • おっさん
  • 2019/03/20

どこか人間味臭い死神

書籍の評判が良かったため、購入しました。
どこか人間味がある死神が人の命運を握る、、、と、書くとホラーっぽく見えるがそんなことはない人間模様を描いた作品

主人公の死神は年もとらず音楽を愛する、ちょっと知りたがりの変わった死神

その死神が見定めた人の瞬間の人生を淡々と描くお話です

  • 総合評価
    3 out of 5 stars
  • ナレーション
    2 out of 5 stars
  • ストーリー
    4 out of 5 stars
  • jun
  • 2021/12/02

辛口ですが

ストーリーは淡々としていて、大きく話が盛り上がることも無いけれど、面白かった。
死神と人間の感覚の違いや時折噛み合わない会話が可笑しくもあり、先の読み難い展開も好き。
残念なのは、ナレーション。
声の感じが物語の死神の世界観にマッチしていて、死神のセリフや説明の箇所は良かったが、人間のパートの読み方が下手過ぎる。
ヤクザや喧嘩の場面もそれなりにあるが、全く迫力が無いし、怒りを覚えたという説明に付随したセリフに全く怒りを感じない。
棒読みとまでは言わないが酷い。
もっと良い読み手も沢山いるのにこの人選は…。
新人だとしても、メジャー作家の作品に充てるべきでは無い。
誰か偉い人のコネでねじ込まれたんでしょうか。
作品は面白かったので、続編も聴きたいものの同じ人なので聴くのを躊躇うレベルです。

  • 総合評価
    5 out of 5 stars
  • ナレーション
    4 out of 5 stars
  • ストーリー
    5 out of 5 stars
  • Amazon カスタマー
  • 2021/03/05

伊坂幸太郎の良さが良いナレーターのおかげで際立っていました。

最初は、自分の想像と違うセリフの読み方だったが、途中からスッと入ってくるようになった。
心地よい声と、次が気になる内容で、とても良かった。
「千葉」と名乗る死神の周りの人間ドラマが、感情描写は少なく淡々と書かれるからこそ、揺さぶられるものがありました。

  • 総合評価
    2 out of 5 stars
  • ナレーション
    1 out of 5 stars
  • ストーリー
    4 out of 5 stars
  • 妄想釣行
  • 2022/08/09

ナレーションが人選ミス

作品がもったいないです。
このナレーションの人、他にあう作品があると思う。

  • 総合評価
    5 out of 5 stars
  • ナレーション
    4 out of 5 stars
  • ストーリー
    5 out of 5 stars
  • omlythe
  • 2022/08/01

グラスホッパーとはべつの良さがある

“死神の”仕事。人命を左右する裁量の“精度”。=「死神の精度」

グラスホッパーやマリアビートルのような派手さはない。しかし、伊坂さんらしいギミック(死神界の掟など)とそこに絡んでくる人々の生き様のかけ合わせが心地よい。読者それぞれの味わいかたのできる作品。
こんこんと流れる文章と時たまのぞかせる哲学めいたフレーズ。そこに命のやり取りにコミカルさをのぞかせる。
絶妙な世界観。ストーリー星5つ。

【余談】
設定が似た作品に「優しい死神の飼い方(著:知念実希人)」がある。万人受けは「優しい死神の飼い方」。
しかし、「死神の精度」のほうが死神の世界観が秀逸。死神の個性や哲学めいたセリフが心に残った。
前者はきれいにまとまっていたが、物足りなさを感じたのは「哲学」の有無かもしれない。

  • 総合評価
    5 out of 5 stars
  • ナレーション
    5 out of 5 stars
  • ストーリー
    5 out of 5 stars
  • Αmazon Customer
  • 2022/07/15

短編集だけど、構成が見事!

また、改めて死神の浮力を熟読したい。
オーディブルで聴いたが、伊坂幸太郎さんの著書は本で読みたい?

  • 総合評価
    5 out of 5 stars
  • ナレーション
    5 out of 5 stars
  • ストーリー
    5 out of 5 stars
  • amazonカスタマーベラス
  • 2022/06/22

結局、良かった

第一話はあまり興味を惹かれなかったけど、聞いているうちにどんどん引き込まれ、最後まで聞いて本当に良かったと思えた。流石だね。

  • 総合評価
    5 out of 5 stars
  • ナレーション
    3 out of 5 stars
  • ストーリー
    5 out of 5 stars
  • マーベリック
  • 2022/04/11

★★★★★

伊坂幸太郎作品らしい残り少なくなったパズルのピースが最後に心地よく嵌っていく感じがとても良い!

  • 総合評価
    4 out of 5 stars
  • ナレーション
    4 out of 5 stars
  • ストーリー
    5 out of 5 stars
  • 匿名
  • 2021/02/17

面白かった

伊坂幸太郎面白いね。凄く想像しやすく、普通にありそうな会話。ビラ配りとか私がしていた普通の会話があったり、照れ臭いストーリーがあったり面白かった。